FC2ブログ

フジミ1/24「トヨタ SV-3 コンセプトカー」完成

昨日の製作記に引き続き、本日はフジミ1/24「トヨタ SV-3」の完成写真をご紹介します。

bsv301.jpg
フジミ1/24「トヨタ SV-3」、右側前方からの全景。実車は1983年の東京モーターショーに出展されてたコンセプトカーで、翌1984年に内外装に少変更を加えたのち、「トヨタ MR2(AW11)」として市販化されました。

キットはフジミから発売されていたもので、もうかれこれ35年ほど前に絶版になったものですが、今年の「関西オートモデラーの集い」参加をきっかけに、ようやく完成の日の目を見ることが出来ました。

bsv302.jpg
フジミ1/24「トヨタ SV-3」、左側後部からの全景。市販後のMR2と異なる点は、リアスポイラーの形状とTバールーフの装備(←MR2ではマイナーチェンジ後に採用)、更にはデジタルメーターの採用などが挙げられますが、インテリアのオーディオパネルやインカムなどの操作系に加え、メーターフード形状やコンソールボックスなどに意匠の異なる点があり、興味深いです。

bsv303.jpg
ボディ塗装はトヨタ特有のアイボリーがかったホワイトを再現したかったので、実車用のタッチアップカラーをクアトロポルテのマルチシンナーで希釈して使用しました。 SV-3のツートンカラーは、MR2でも採用された実車が「スパークルウェーブトーニング(カラーコード2Z9)」のみなので、ウエストラインより上には041ホワイト(ソフト99)、下には157グレーM(ホルツ MINIMIX)を使用しています。(クリアーコートはガイアノーツのEXクリアーです)

bsv304.jpg
前後からのビュー。前後のバンパーおよびコンビランプ&リアガーニッシュの形状は、前期型のMR2と同じです。モールの差し色にもなっているイエローのラインにはデカールを使用することもできたのですが、敢えて塗装で塗り分けました。また、キット付属のデカールは経年で黄ばみが出ていたので天日干しで漂白し、リキッドデカールでバラけ対策を行いつつ貼り付けました。

bsv305k.jpg
「トヨタ SV-3」を両サイドから見た様子。Tバールーフは、MR2でもマイナーチェンジ後に採用されていますが、開口部の大きさや形状が若干異なっている点が面白いです。リアスポイラーは若干、小ぶりのものが取り付けられていますが、サイズ、形状ともになかなかセンスの良いデザインに仕上げられていると思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

190427ninki0kuruma.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』の技術紹介記事に参加予定。10月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年9月18日、艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



フジミ1/24「トヨタ SV-3 コンセプトカー」製作

今月から来月初旬にかけては、艦船模型スペシャル次号の作例締切に追われているため、主に展示会とプライベート作品のレポートを続けております。

今回と次回は、今年の夏の開催された「関西オートモデラーの集い」に向けて製作していた、フジミ1/24「トヨタ SV-3」をご紹介します。

19092601.jpg
これが、フジミから35年ほど前に発売されていた1/24「トヨタ SV-3」の箱絵です。見た目はほとんど初代MR2(AW11)そのままと言った具合ですが、モーターショー出展用に製作されたショーモデルということで、市販化後の姿とは異なる点がいくつかあります。

19092602.jpg
この機会ですので、(現行キットに近い)AW11後期型のボディと形状を比較してみることにしました。(ここで比較しているボディはTバールーフ仕様ですが、現行キットはノーマルルーフに改修されています)

19092603.jpg
ドア周りを見ると、右サイドのインテークダクトの形状が異なる点に気付かされますが、SV-3のこのダクト形状はMR2の前期型にも引き継がれており、デザイン変更はマイナーチェンジ後に行われました。また、ドア下のサイドスカートは、「SV-3」には若干小型のものが取り付けられていますが、実はこの「ミニサイドスカート」も、Gグレード以下の純正オプション品のひとつとして設定されていました。(G-Limitedは大型サイドスカートが標準)

19092604.jpg
フロントバンパーとリップスポイラー、そしてリアのコンビランプのデザインは、SV-3の形状がそのまま前期型に引き継がれています。一方、後期型ではフロントバンパーが若干延長され、リアガーニッシュ全体のデザインが変更になりました。

19092605.jpg
エンジンフードは、「SV-3」と同形状のものが、前期型のMR2と、後期型のNA仕様に受け継がれ、後期型のスーパーチャージャー仕様のみ、左側の(インタークーラー用)パワーバルジが付いたものに変更になりました。(リアスポイラーは前後期共通で、最終後期型のみハイマウントストップランプ有り) なお、「SV-3」のリアスポイラーは、MR2より若干小ぶりなものが取り付けられており、上品なエクステリアに仕上げられています。

19092606.jpg
Tバールーフは、「MR2」の前期型にはなく、マイナーチェンジ後にようやく設定されましたが、「SV-3」では最初から装備されていました。ですが、こうして見比べると、開口部の大きさや形状が幾らか異なる点に気付かされます。

以上、(恐らくは実車オーナーにしかわからない)「SV-3」と「MR2」の外観上の違いでした。

19092607.jpg
ボディ塗装は黒サフで一旦、下地を隠蔽し、続いてグレーを重ねて発色を上げてから行いました。

19092608.jpg
ボディカラーは、実車が「スパークルウェーブトーニング」のみなので、ウエストラインより上は041ホワイト(ソフト99)、下は157グレーM(ホルツ MINIMIX)で塗り分けています。

19092609.jpg
デカールは35年が経過して黄ばみが激しかったため、天日干しで漂白し、マイクロスケールのリキッドデカールフィルムで修復しつつ、タミヤのデカール糊で貼りました。

19092610.jpg
これほどまでに古いデカールを使用するのは初めてだったので、上手くいくか不安もありましたが、慎重に作業した甲斐あって、新品キットと遜色ない仕上がりが実現できました。

次回は、完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

190427ninki0kuruma.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』の技術紹介記事に参加予定。10月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年9月18日、艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

『関西コミティア』参加のお知らせ (極星堂メンバーとして参加)

今月29日に開催される創作イベント『関西コミティア』に、妻主催のサークル『極星堂 https://www.aksd.net/ 』の一員として参加いたします。

以下、開催概要です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●関西コミティア56
┣ 開催日:2019年9月29日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:OMM(大阪マーチャンダイズマート)ビル 2階
┣ 最寄り駅:地下鉄谷町線・京阪電車『天満橋』駅
┣ 出展スペースNo:D-34【極星堂】
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
19092501k.jpg
これが、「極星堂」の今回のサークルカットです。 新刊も予定していたのですが、直前にパソコンが故障するという不測の事態( https://www.aksd.net/news-detail.php?id=141 )が発生したことから、残念ながら落としてしまう事態になりました。

今回は予告のみとなりますが、次回は太平洋戦線が舞台の作品となりますので、ご期待ください。

19052401.jpg
既巻につきましては、『コミックマーケット95』および、『関西コミティア54』にて、たいへんご好評をいただきました『アフリカの星 ―砂漠の撃墜王―』の前後編の頒布を予定しております。(画像は後編の表紙絵です)

『アフリカの星 ―砂漠の撃墜王―』前編の紹介記事はコチラ
↓↓↓
http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1619.html

『アフリカの星 ―砂漠の撃墜王―』後編の紹介記事はコチラ
↓↓↓
http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1714.html

19052405.jpg
なお、当日の『極星堂』ブースにおきましては、毎回好評をいただいている、モデルファクトリーハイギヤード特製、レジン封入飛行機キーホルダーの頒布も予定しております。

19052407.jpg
この商品は基本的にはナスカン接続のキーホルダーとしておりますが、金具を外せばイヤホンジャックアクセサリーとしても使用できるように設計しておりますので、イヤホンジャック付きのスマートフォンをお持ちの方にもオススメです。

ラインナップは、「CHERRY&ANCHOR」の掲載ページをご覧くださいませ。
↓↓↓
http://www.cherry-anchor.com/shopbrand/ct17/

『関西コミティア56』にお越しの皆さまは、ぜひとも『D-34【極星堂】』ブースにお立ち寄りください。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』の技術紹介記事に参加予定。10月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年9月18日、艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

「奈良模型愛好会 2019年秋の展示会」(第12回展示会)無事終了!

今月22~23日にかけて開催された、「奈良模型愛好会 2019年秋の展示会」(第12回展示会)が無事に終了しました。

19092400.jpg
当日の会場の様子。「サンタウンプラザ すずらん館」での開催もすっかり定着してきているようで、今回はこれまでのリピーターのお客さまが多く来られたことに加え、「次回も楽しみしています」というお声もたくさん頂戴いたしました。

19092401.jpg
開催期間中は、老若男女問わず、あらゆる層のお客さまにおいでいただきました。今回、私は(月末締切の作例製作に追われていることから)全ての時間に会場に詰めていることはできなかったのですが、それでも作例記事や当ブログをご覧のお客さまからたくさんのお声がけをいただき、大きな励みになりました。

19092402.jpg
まだ春展のレポートじたいが終わっていないので、今回の秋展のご紹介はかなり先になると思われますが、当日の卓の様子を少しだけご紹介します。まずは、当会の得意分野でもある、飛行機モデルの作品群。

19092403.jpg
続いて、非常に多くの新作が揃った、AFVモデルとジオラマ作品の卓です。

19092404k.jpg
艦船では、私の艦スぺ春号の1/350戦艦「大和」が、奈良模型愛好会展示会では初出展となりました。

19092405k.jpg
また、同一スケールの宇宙戦艦ヤマトとのコラボや、1/700の作品群も充実したものとなりました。

19092406k.jpg
もちろん、カーモデルやキャラクターモデルのような、カラフルなモデルも幅広いお客さまに人気でした。

次回の「奈良模型愛好会展示会」は、2020年の春展になる予定ですので、詳細が決まり次第ご案内いたします。

当日は遠方からのお客さまも含め、多くの模型ファンの皆さまにご交流をいただきまして、まことにありがとうございました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』の技術紹介記事に参加予定。10月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年9月18日、艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

「奈良模型愛好会 2019年秋の展示会」(第12回展示会)のご案内

「奈良模型愛好会 春展」のレポートの途中ですが、本日は今週末の日曜日から翌月曜日(祝)に開催予定の、「奈良模型愛好会 2019年秋の展示会」をご案内いたします。

開催概要は、以下の通りとなります。


●奈良模型愛好会2019秋展
┣日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp


なお、今回は展示会のテーマは「温故知新」ということで、私の作品からは1/350の戦艦「大和」を2作出展し、「ニューキットと旧キットの同時展示による比較」という珍しい試みを行う予定です。 

完成時期も旧キット版が2006年完成であるのに対し、リニューアルキット版は2018年ということで、干支一回りぶんの期間にキットやパーツの精度(と作風)がどれほど変化したのか? ご覧いただけましたら幸いです。(← Xネブラさんの1/350「宇宙戦艦ヤマト」も含めて、同一スケール3種の比較展示になります)

私の出展作品は、以下の通りです。

●艦船模型


19092001.jpg
1/350戦艦『大和』(タミヤ リニューアルキットベース)
【艦船模型スペシャルNo71作例】

19092002l.jpg
1/350戦艦『大和』(タミヤ 旧キットベース)

19092003.jpg
1/700護衛艦「DDH-184 かが」(ハセガワ)
【イカロス出版 いずも型護衛艦モデリングガイド作例】(新作)

19092004.jpg
1/700戦艦「ビスマルク」(フライホーク)
【月刊モデルアート 2019年4月号作例】

19092005.jpg
1/700東海汽船『橘丸』(シールズモデルズ)(新作)

19092006.jpg
1/700大阪商船『に志き丸』(シールズモデルズ)

19092007.jpg
1/700関西汽船『くれない丸』(シールズモデルズ)

19092008.jpg
1/700日本郵船「讃岐丸」(フジミの陸軍特設輸送船からの改造)(新作)

19092009.jpg
1/700岡崎汽船「日豊丸」(フェアリー企画の特設給水船からの改造)

●カーモデル


19092010.jpg
1/24「ザウバーメルセデスC9」(タミヤ)(新作)

19092011.jpg
1/24「三菱パジェロ パリ~ル・カップ92 篠塚建次郎」(タミヤ+シュンコ)

19092012.jpg
1/24「トヨタ SV-3」(フジミ)(新作)

この春以降に完成した、新作は計5点(旧作も含めて合計12点)を出展いたします。

各ジャンルで会員が腕によりをかけて製作した作品群が多数出展されますので、近隣の模型ファンに皆さまはぜひお誘いあわせの上、ご来場くださいませ。

会員一同、皆さまとのご交流のときを楽しみにしてお待ちしております。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』の技術紹介記事に参加予定。10月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年9月18日、艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

奈良模型愛好会 春展2019レポート その7

奈良模型愛好会春展のレポートは、7回目を迎えました。

今回はキャラクターモデル紹介の2回目で、全てkokushi0625さんのご作品になります。

19091901.jpg
まずは、『鉄血のオルフェンズ』に登場する、1/144HG『グレイズ』です。この機体は通常はグリーン塗装となるところを、オリジナル仕様のレッドに塗装変更されていることで、軽快かつ華やかな仕上げがなされていました。(このご作品は、以前には電飾が点灯した状態で出展されたこともありました)

19091902.jpg
続いてもガンダムメカのレジンキットで、1/144『高機動型ガルバルディβ』です。ガルバルディは、Zガンダムに登場した機体ですが、この高機動型は、月刊模型誌「電撃ホビーマガジン」で連載された『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場したもので、キットは168点にも及ぶレジンキャストパーツで構成された『んどぱら屋』の製品です。

19091903.jpg
こちらも『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場した機体で、1/144『ガンダム TR-1 ハイゼンスレイ・ラー機』です。TR-1【ヘイズル】の最終発展型ということで、かなり入り組んだ造形が印象的でした。(キットは上記のガルバルディと同様に、「んどぱらや」のレジンキットを使用されています)

19091904.jpg
『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』(以下、AOZ)の登場機体は更に続き、こちらは『RX-124 ガンダム TR-6 ヘイズルⅡ』です。AOZは、模型と小説によるフォトストーリー作品および漫画作品ということで、この春展では(TVシリーズでは馴染みのない)珍しい完成品を多く見せていただけました。

19091905.jpg
こちらは、バンダイHG 1/144『アドヴァンスドジンクス』です。00MSV戦記に登場する機体で、ランス状の武器を持っているなど、中世の騎士のようなデザインコンセプトがなされています。このキットは、メーカーのサンプル写真等ではホワイトとネイビー系の二色で塗装されていますが、このご作品ではネイビーの代わりに少々紫がかった塗装が施されていました

19091906.jpg
バンダイHG1/144『GN-0000GNHW/7SG ダブルオーガンダムセブンソード/G』です。ダブルオーガンダムのバリエーションで、こちらも00MSV戦記の登場機体です。身体は華奢ですが、武装は充実しているので上半身が特にマッシブな印象を受けます。

次回は、「奈良模型愛好会 秋展2019(第12回展示会)」についてご案内します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年9月18日、艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

奈良模型愛好会 春展2019レポート その6

奈良模型愛好会の春展のレポートは6回目です。

今回からは、この春展で最も大勢を占めたキャラクターモデルをご紹介します。

19091801.jpg
まずは、いつもレアモノキットの完成品で我々を楽しませてくれる、グリマーマンさんが製作された 「タツノコランド」です。45年ほどのテレビアニメ「新造人間キャシャーン」の敵メカで、古いキットだそうですが、パーツの合いは良好だったとのころです。キャタピラと腕にも手を入れ、一見、古いキットであることを感じさせない仕上げがなされていました。

19091802.jpg
こちらは、とみたけさんが製作されたスターウォーズメカで、1/48「X-wing RED1」 です。Xウイングといえば、レベルやmpcといった海外メーカーをはじめ、バンダイやファインモールドからも製品化されている人気機種ですが、このご作品はファインモールドのキットを組み上げたものです。シャープなモールドに特撮イメージの汚し塗装は、まさに映画の雰囲気抜群でした。

19091803.jpg
こちらは、JOKERさんが製作された、『RX78-2 ガンダム Ver.Ka』です。メカニックデザイナー「カトキハジメ」氏がプロデュースしたデザイナーバージョンモデルで、骨太で上半身にボリュームのある造形が特長です。スリムになりすぎてはいないので、私のような初期デザインが好みのファンには非常に魅力的に思えます。

19091804.jpg
続いてこちらは、とみたけさんが製作された、バンダイMG1/100「MSN-06S シナンジュ・スタイン」です。こちらもカトキハジメ氏プロデュースのキットで、モノトーンなカラーリングと、コーションマークの省略などの効果もあって、機体のシルエットや造形美が強調された仕上げとなっていました。

19091805.jpg
こちらは、JOKERさんが製作されたご作品で、HGBDガンダムビルドダイバーズ『モビルドールサラ』です。完全色分け済みキットで、頭部と肩関節は差し替え可能。専用ディスプレイベースに加えて瞳のシールも付属しており、表情なども簡単に演出できるように工夫されています。

19091806.jpg
続いては、kokushi0625さん製作による、(ガンダムSEED DESTINYに登場するキャラクター)ルナマリア・ホークです。キットはキャラホビ限定(Be-B)のレジンキットで、目は手描きで再現されています。昨年の秋展では、まだヘルメットの塗装が済んでいませんでしたが、今回は無事に完成状態で披露されていました。

次回も引き続き、奈良模型愛好会のレポートをご紹介します。

(今週末開催の、「奈良模型愛好会秋展 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1776.html 」もよろしくお願いいたします)


■□業務連絡□■
1/700戦艦「武蔵」および空母「加賀」ご依頼の茨城県のお客さま、スケジュール確認のメールをお送りしておりますので、ご確認をお願いいたします。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年9月18日、艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

奈良模型愛好会 春展2019レポート その5

「奈良模型愛好会 春展2019」のレポートは5回目です。

今回も次回に引き続き、カーモデルのレポートをご紹介します。

19091601.jpg
今回のレポートも、最初を飾るのはJOKERさんのご作品で、アオシマの1/24トヨタ「AE86 カローラ・レビン」です。塗装は、実車の発売当時、非常に先進的で人気のあった赤黒ツートン(ハイフラッシュツートーン 2M9)となっており、程よく落ちた車高と、バーディクラブのP-1レーシングホイールが足元を引き締めていました。

19091602.jpg
こちらは私が昨年、製作した1/24「AE86 スプリンタートレノ【藤原拓海】」です。上記のレビンと同じアオシマキットで、兄弟車でもあることから、面白い展示が実現できました。AE86は私にとってもかなり思い入れの深い車種でもありますので、近いうちにフジミ版のAE86レビン【秋山渉】も完成させて、AE86同士のメーカー違いでの展示も実現したいと思っております。

19091603.jpg
こちらも私の作品ですが、実はかなり昔に製作したもので、およそ10年前の2009年8月に完成したタミヤ1/24「三菱パジェロ 92パリ~ル・カップ」です。デカールは、キットに付属しているニコンカラーの211号車をそのまま使用しており、同ラリー優勝者の「ユベール・オリオール/フィリップ・モネ組」としました。なお、作品は完成からかなりの時間を経過していることから、経年による破損も多く、展示会直前に思い切ってレストアを施しました。

190911604.jpg
こちらも同じパジェロですが、今年に完成したばかりの「篠塚建次郎/アンリ・マーニュ組」のシチズンパジェロ213号車で、デカールにはシュンコモデルの製品を使用しました。 タミヤのプロトタイプパジェロは、絶版になってからかなり時間が経っており、再販も行われていないのですが、プロポーション、ディテールともに素晴らしいキットですので、来年には「ブルーノ・サビー/パスカル・メモン」組のロスマンズパジェロも加えて、みっつのカラーバリエーションを揃えようと画策しています。

19091605.jpg
続いてこちらは、とみたけさんのご作品で、ハセガワベースの1/24「ランチアストラトス HF」です。79年当時、ストラトスのワークス活動は既に終了していたのですが、ジョリークラブからエントリーしたこのマシンがサンレモに出走し、「トニー・ファッシーナ/マウロ・マンニーニ」のドライブにより見事優勝を飾りました。マーキングはボンネットのスリットにかかった部分がいかにも難しそうですが、デカールを普通に貼って乾いた状態で、デザインナイフで切り込みを入れ、軟化剤を塗ることで綺麗に処理できたそうです。

19091606.jpg
こちらも同じく、とみたけさんのご作品で、1/24「ゼクセル・スカイライン GT-R」です。ゼクセルスカイラインと言えば、グループAのR32が有名ですが、これはJGTC仕様のR33で、外品デカールによって仕上げられています。(96年仕様で「鈴木亜久里/福山英朗」組のマシンです) R32やR34の人気を思えば、世間の扱いがあまり良くないR33ですが、改めて見るとGTルックが似合うカッコいい車と実感させられました。(新車当時、実車に乗せてもらう機会が多かったのですが、世間で言われているより、ずっと良い車でした)

■□業務連絡□■
1/700戦艦「武蔵」および空母「加賀」ご依頼の茨城県のお客さま、スケジュール確認のメールをお送りしておりますので、ご確認をお願いいたします。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

奈良模型愛好会 春展2019レポート その4

「奈良模型愛好会 春展2019」のレポートは4回目です。

今回と次回は、カーモデルのレポートをご紹介します。

19091301.jpg
今年の春展のテーマは「白」ということで、今回は白いボディカラーのハイパフォーマンスカーが集まりました。

19091302.jpg
今回ご紹介するご作品は、全てJOKERさんによるもので、まずは『メルセデスベンツ SLRマクラーレン』です。内部的なハイパフォーマンスが外観にも現れた威圧感のあるボディシェイプを、ホワイトカラーのシンプルさが引き立たせていました。ガルウイングドアを開けた状態での展示もメカニズムを楽しめて面白いですね。


19091303.jpg
続いては、内部のメカ表現が素晴らしい、タミヤの1/24『ラ・フェラーリ』です。実車は、「エンツォ・フェラーリ」の実質的な後継モデルで、F1で培われた運動エネルギー回生システム (KERS) の技術を採り入れたことで話題になりました。フェラーリのスペチアーレといえば、カーモデルの世界でもやはり赤く塗られることが多いのですが、このご作品は珍しく、ブルーツール・ド・フランスメタリック(522)のイメージで塗装されていました。

19091304.jpg
そしてこちらは、現在でもフェラーリを代表する一台といえる、『エンツォ・フェラーリ』です。1/24のエンツォといえば、有名どころではタミヤとフジミから発売されているのですが、フジミがプロポーションモデルであるのに対し、このタミヤ製キットではフルオープンにすることが可能です。赤塗装は色のムラが出やすいため、複雑なパネル構成のキットでは発色を一定に保つのが難しいのですが、そのような苦労は微塵も感じさせないくらい、自然な仕上げがなされていました。

19091305.jpg
ここまで、ガルウイングドアを解放した作品が続いていますが、こちらはガルウイングの元祖ともいえる、『ランボルギーニ カウンタック』です。白いボディにタン色の内装という組み合わせの効果もあるのか? 尖ったボディシェイプを感じさせない上品な佇まいを見せていました。1/24のカウンタックのキットはタミヤ、フジミ、アオシマに加えて、イタレリ、イマイ、ニットーなどの各社から発売されましたが、仕上がりという面でも、組みやすさという面でも、現在では最も後発のこのアオシマキットが決定版として人気を誇っています。

19091306.jpg
引き続き、ガルウイングドアを開けた状態で展示されていたのは、ランボルギーニ『ディアブロGTR』です。かつてサーキットで名をはせた『レイトンハウス』を思わせるパステルブルーに塗装され、華やかなイメージで仕上げられていました。なお、固定式のヘッドライトとGTウイングは、本来はかなりコンペティティブな方向性に振った装備品と言えるのですが、こういうポップなカラーリングも美しくマッチしてしまうあたり、ディアブロのデザインセンスの高さを再認識させられました。(キットは、アオシマのものです)


連休明けも引き続き、カーモデルのレポートをご紹介します。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

奈良模型愛好会 春展2019レポート その3

「奈良模型愛好会 春展2019」のレポートは3回目です。

今回は前回に引き続き、飛行機モデルのレポートをご紹介します。

19091201.jpg
この1/32スケールの「スターファイター」は、インパルスさんが製作されたもので、映画「ライトスタッフ」でお馴染みのチャック・イェーガーが成層圏に挑戦した「NF-104A」です。 モデルアート社から発売されたレジンパーツを使用して組み上げた作品ですが、キットは(メーカー指定の)ハセガワ製ではなく、タミヤイタレリ製をチョイスされています。

19091202.jpg
こちらは、今回の展示会でもひときわ存在感を放っていた大型モデルで、ブルース会長が製作された、1/32「B-25H ミッチェル ガンシップ 」です。キットはHKモデルのもので、精密感は高い一方で、重心が後ろに寄りすぎていたため、塗料の箱で胴体後部を支えての展示になりました。HKモデルは1/32の大型機を多数リリースしており、最近ではB-17やアブロランカスターのような重爆が注目を集めています。

19091203.jpg
こちらもブルース会長のご作品で、1/48の「F-15Jイーグル 航空自衛隊」です。キットは1/48イーグルの定番ともいえるハセガワキットを使用し、別売デカールを使用して戦競塗装機「白龍」の仕様で製作されました。また、機体上面にはリベット表現を追加するなど、間延びを防ぐ処置も行われて密度のある完成度に仕上げられています。

【当作品は、webショップ『CHERRY&ANCHOR』にて販売中です。商品ページはコチラ 】
http://www.cherry-anchor.com/shopdetail/000000000349/


19091204.jpg
こちらは、kokushi_0625さんのご作品で、ハセガワの1/48『F-35A ライトニングⅡ』です。マーキングは、航空自衛隊に導入された初号機の仕様で、コントラストの効いた色選択がたいへん実感的です。kokushi_0625さんにとっては初挑戦の飛行機モデルだそうですが、ディテールアップエッチングパーツも使用し、細部に至るまで丁寧な仕上げがなされていました。

19091205.jpg
続いては、おのちゃんさんのご作品で、1/72「F-111E”NASA”」です。「F-111」は、通称「アードバーク」とも呼ばれる冷戦期の戦闘爆撃機ですが、このご作品はアメリカ空軍航空宇宙局で実験に使用された、合同研究試験機を再現しています。キットはかなり古いもののようですが、デカールの仕上がりなどは非常に良好でした。

19091206.jpg
こちらもおのちゃんさんのご作品で、ハセガワの1/48「Ju87B-2 スツーカ」の初期型のキットです。今回の展示会のテーマは「白」だったのですが、おのちゃんさんはテーマに合わせた白い機体を2機、製作してくださいました。なお、このスツーカの塗装は通常の迷彩塗装を一旦施した上から白を塗り重ねるという塗装方法を採られており、うっすらと透ける色ムラが実用機らしいリアリティを見せていました。

次回は、カーモデルのレポートをご紹介します。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR