1/700航空母艦『瑞鶴』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、フジミの1/700航空母艦『瑞鶴』フルハルモデルが完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

btsukishimasama01.jpg
フジミ1/700航空母艦『瑞鶴』フルハルモデル、右舷前方からの全景。お客様より塗色やディテールアップ内容などを綿密にご相談いただき、そのイメージに忠実な仕上げとしました。

btsukishimasama02.jpg
フジミ1/700航空母艦『瑞鶴』フルハルモデル、左舷後方から少し低いアングルで見た様子。ディスプレイケースも付属し、飾り脚にはアドラーズネスト製の真鍮挽き物パーツを使用して高級感を演出しました。

btsukishimasama03.jpg
少し見下ろしたアングルでのカット。ディテールアップにはフジミの純正エッチングパーツを使用した他、甲板周りや各装備品にそれぞれ適したパーツを多数盛り込み、1/350スケールのディテールアップ作品と遜色のない仕上げを目指しました。

btsukishimasama04.jpg
また、精密パーツを多数導入したことでディテールのバランスが崩れないように、舷側外板継ぎ目や飛行甲板上の繋止眼環(パッドアイ)追加などの自作系のディテールアップも多数盛り込んで密度の高い高い作品としております。

btsukishimasama05.jpg
フジミ1/700航空母艦『瑞鶴』フルハルモデル、右舷船首付近を側面から見た様子。外板継ぎ目は塗膜の段差を利用して再現したもので、主錨とフェアリーダー、菊花紋章などはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用。また、舷灯はフライホーク製、救命浮標はKAモデル製、モンキーラッタルはレインボーモデル製、ボラードはアドラーズネスト製、ケーブルホルダーとホースパイプはgenuine model製の各外品パーツを使用しています。

btsukishimasama06.jpg
艦橋付近のクローズアップ。作戦行動中のイメージということで、窓枠上下にはGenune modelのレジンパーツを使用してマントレットを表現しました。9mカッターはナノドレッドのもので、クライプバンドやロープ類も再現。メインマストには瑞鶴を示す艦名符字と軍艦旗を掲げました。

btsukishimasama07.jpg
また、防空指揮所には12cmの双眼望遠鏡(Genune model)と伝声管(ファイブスターモデル)も配置しています。対空兵装はシールドなしの25mm三連装機銃と射撃指揮装置、12.7cm連装高角砲にナノドレッドシリーズのパーツを使用しています。

btsukishimasama08.jpg
艦載機は零戦52型×5機とし、ベースキットにはライオンロアの製品を使用。風防をレインボーモデルのエッチングに換えたほか、プロペラとスピナーをアドラーズネストのパーツに交換するなどのカスタマイズを加えました。また、垂直尾翼の機体番号はホビーエレメンツのデカールにて再現し、味方識別用の黄帯は塗装にて再現しています。(左手前に写っているシールド付き高角砲と機銃はピットロードの新艦船装備セットのパーツに交換しました)

btsukishimasama09.jpg
右舷後部の様子。閉鎖された舷窓はフジミのキットでは再現されていないので、プラ丸棒を差し込み、僅かな厚みを残して不要部分を削り取る方法で再現しました。内火艇と運貨艇はピットロードーの新艦船装備セットのパーツに交換し、応急舵はレインボーモデルのエッチングパーツを取り付けました。

btsukishimasama10.jpg
左舷前部のクローズアップ。飛行甲板上の飛行機繋止眼環はドリルによる開口で再現し、鉄板部分の継ぎ目は筋彫りのモールドを追加しました。また、飛行甲板外周の排水溝は海魂のエッチングパーツをL字型に折り曲げてから貼り付けたものです。(高角砲スポンソンの射界制限枠と空中線支柱は0.3mm径の真鍮線にて自作しました)

btsukishimasama11.jpg
左舷中央部の機銃群と甲板作業員ポケットの様子。25mm三連装機銃だけでなく、射撃指揮装置もファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。

btsukishimasama12.jpg
飛行甲板上のエレベーターや着艦制動策のパーツは、フジミ純正のディテールアップエッチングパーツのセットには含まれていないので、同社の木製甲板シールに付属のパーツを使用しました。

btsukishimasama13.jpg
左舷後部を低いアングルから見た様子。28連装噴進砲はファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、舵柄信号標はレインボーモデルのパーツで再現しました。(着艦標示に取り付けられている緑と赤の灯火は、プラ片にて自作したものです)



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版 月刊『MODEL Art』2017年2月号に1/700護衛艦『DDH-183 いずも』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何時も乍ら写真だけを見ていると、とても1/700には見えません!
素晴らしいディティールアップですね。
私もいつかはと思いつつ頑張っていますが、一つ解ったことがあります。
それは、まず船も構造が解らないとこのような精密なディティールアップはできないと言う事です。
ここになぜ、これが有るか。これは何のために有るかなどです。
極めるには、やっぱり多彩な知識が必要ですね。

Re: No title

>>>シロプリさん
光栄な御言葉ありがとうございます<(_ _)> この瑞鶴は完全に1/350作品をそのまま1/700にサイズダウンするというコンセプトで製作しましたので、写真を見てもっと大きな作品をイメージしてもらえたのでしたら嬉しいです(笑)
船を含めた機械物は、たしかに実物の構造を知っているかどうかで完成度が大きく左右されそうですね。私もまだまだ知らない事が多いので、知識を吸収しつつ(想像力を膨らませて)在りし日の艦隊の再現を目指して努力を重ねて行きたいです。

船体マスキングについて

完成度の高さに脱帽です!
自分もサイズは1 350なのですが同じ瑞鶴を購入しました。
しかし今まで作ってきた艦プラと全然塗装が違くて(そこに惹かれて挑戦しようと買ったのですが)船体や甲板のマスキングの仕方や組み立ててからの塗装か塗装してから組んで行くかなどの手順が恥ずかしながら分かりません。
あの様に素晴らしい完成品にするにはどの様にして行けば良いかアドバイスと方法をお手数ですが教えて下さい。

Re: 船体マスキングについて

>>>林さま
ご覧頂きありがとうございます<(_ _)> 1/350の瑞鶴製作は大きな挑戦でしょうね!かなり難易度のたかいキットと聞いているのですが、ぜひ完成にむけて頑張ってください。
ちなみに甲板の迷彩塗装のマスキングですが、実は私の工房から近いうちに1/350空母『瑞鶴』専用の甲板塗装マスキングシートを発売予定でして、発売になりましたらメールでお知らせいたします。 また、専用のシートを使用しないでマスキングする場合の手順は、昨年5月発売の『艦船模型スペシャルNo60』の空母『千代田』の作例記事の中で詳しく解説していますので、よろしければご参照ください。(モデルアート通販サイトでバックナンバー購入可能です→ http://www.modelart-shop.jp/?pid=101955335 )情報がお役にたちましたら幸いです。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR