1/200戦艦『ビスマルク』製作記 その41

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』を製作中です。

本日は船体と甲板の接着と、これまで製作してきた兵装や各種構造物の仮置きの様子をご紹介します。

bsugasama355.jpg
船体に甲板を取り付ける前に、まずは甲板とシェルター甲板の接着を行いました。一枚物の甲板パーツは強度がないため、あとから構造物を圧着すると”しなり”が発生してうまくいかないので、先にこれらを一体化して剛性を持たせておきました。(甲板中央の穴を繋ぐ太いランナーも、抜いてしまうと強度が落ちるという理由で敢えて残しています)

bsugasama356.jpg
接着はエポキシ接着剤を使用し、内部フレームと甲板裏側を頑丈に固定しました。トランペッターモデルのキットは、甲板パーツの合いが非常に良好ではあるのですが、艦首と艦尾は若干浮いてしまうので、接着剤が固着するまでテープでしばっておきました。(メディウムとMr.カラーのボトルの大きさから、改めて船体の巨大さが伝わりますね)

bsugasama357.jpg
続いて、あらかじめ製作しておいた上部構造物や武装などの仮置きを行います。ですがその前に、(船体の塗装変更の関係から)150mm(SK C/28 l55 C/34)副砲塔の天蓋に、デッキグレーの塗り分けを行いました。

bsugasama358.jpg
そして一年半ぶりに主砲塔が登場し、ようやく砲座の上に置かれました。

bsugasama359.jpg
艦橋本体は、前部マストと両舷ウイング以外はほぼ完成していますが、シェルター甲板周りの高角砲や単装機銃、ホーサーリールや救命浮き輪などは未取り付けです。

bsugasama360.jpg
また、砲座の周りに一体化された通風塔や足場なども、今後の作業の中で追加していく予定です。(手すりやラッタルなどが加われば、艦上は更にイキイキしてくることでしょう)

bsugasama361.jpg
後部艦橋周りには多種多様な対空火器が密集していて、非常に見応えがあります。

bsugasama362.jpg
デッキ上の小物類は、主に艦首と艦尾に集中しているので、今後の作業においては(やり残しが生じないように)艦首から艦尾方向に向かって順番に進めて行く方法で仕上げていきたいと思います。

bsugasama363.jpg
各構造物と武装を仮置きした『ビスマルク』の全景。全長1m25cmもある大型模型となると、製作箇所によってムラがでやすいと言いますか? 全体を見た時にまとまりを欠いてしまう危険性が高いのですが、今回の製作は(2016年1月の開始以来、何度も中断を挟んでいる割には)非常にバランス良くまとまってくれたと思います。

bsugasama364.jpg
なお、この『ビスマルク』は今月中の完成を目指していたのですが、(先週の急な御仕事でまた少し予定に支障をきたしてしまったため)仕上げにはもう4~5日程度を必要としそうです。

私の今後のスケジュールとしましては、(今週末締切の模型誌作例がある関係で)再び短い中断を挟み、来週から『ビスマルク』の方を再開します。

作品も製作記事も、最後まできっちりと集中して仕上げて参りますので、引き続き1/200戦艦『ビスマルク』の工程をお楽しみくださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月31日、艦船模型界製品×6隻&飛行機模型完成品×1機 計7作品新入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg
up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果速報: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>>>秘コメントさん
有難うございます<(_ _)> この二日間、艦スペ次号の原稿の校正×3と別紙の作例本体の締切が重なってかなりの修羅場になっているのですが、モデフェスが終わると一旦落ち着くので、なんとか乗り切りたいと思います。ちなみにビスマルクは来年、自分用にも新規製作を予定していますので、完成したら是非とも売り込みたいですね(笑) 3Dの知識は私も身につけたい気持ちはあるのですが、なかなか学習する機会がないもので、今後いろいろと探ってみたいですね。貴重な情報、感謝いたします。


プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR