FC2ブログ

ヘリコプター搭載護衛艦『DDH-184 かが』見学 その2

昨日に引き続き、本日もヘリコプター搭載護衛艦『DDH-184 かが』の見学レポートをご紹介します。

18052201.jpg
乗艦待ちの行列は、艦尾側から艦首側に並び、途中で折り返して再び艦尾側に向かい、更にもう一度折り返す段階で荷物検査を受けて乗艦という流れとなったため、待ち時間の間には二度にわたって艦首から艦尾まで(至近距離から)くまなく観察することができました。

18052202.jpg
艦尾側右舷の外式エレベーターも、最後の列では超至近距離でメカニズムの魅力を存分に堪能できました。

18052203.jpg
エレベーターを格納庫のレベルまで降ろすと、高さ的には岸壁ぎりぎりとなります。通常の船とは違って、舷側より外側に張り出している部分が多いので、艦の運用も汎用護衛艦などとはT異なるノウハウが求められそうです。

18052204.jpg
乗艦は、艦橋真下の右舷側のハッチからとなりました。ここまで来るのに、直射日光の降り注ぐ中で2時間半も並びましたが、乗艦の感激は、そんな苦労をどこかに吹き飛ばしてしまいました。(『加賀』の垂れ幕がまぶしいですね!)

18052205.jpg
これは、ハンガー内の艦首側を見た様子です。艦首側のエレベーターは(『ひゅうが型護衛艦』と同じく)中央部に備わっており、その付近の内壁は黒塗装が施されていました。(その先は、甲板作業車の駐車スペースとなっています)

18052206.jpg
一方、こちらは艦尾側の様子。左奥の開口部が右舷後部の外式エレベーターハッチで、(艦首側とは異なり)内壁は白く塗装されています。なお、ハンガー内部は中央部で仕切られ、乗艦したばかりの訪問客は右舷側を通って後部エレベーターに導かれる一方、左舷側は前部エレベーターで飛行甲板上から降りてきた訪問客を出口と売店に導くように設定されていました。

18052207.jpg
ちなみに、この写真は『月刊MODEL Art2017年2月号』の作例として過去に製作した、ピットロード1/700護衛艦『DDH-183 いずも』です。この作例では、プラ板によるハンガー内壁のスクラッチを行っていたのですが、艦首側の駐車スペースの平面形や内部空間の割合&色の配分、側面通路の状況などが、ほぼイメージに合っていたことが確認できてホッとしました。(←この作例の製作時は、まだ『いずも型護衛艦』のハンガー内部は見ておらず、『ひゅうが』見学時のイメージを参考に製作していました)

18052208.jpg
艦内から見た外式エレベーター。開口部は非常に大きく、さまざまな機種の搬入&搬出に利用できそうです。

18052209.jpg
なお、エレベーターはハンガー床面と完全にツラ位置になるまでは降ろしておらず、若干の段差が生じていました。(岸壁との衝突を避けるためでしょうか?)

18052210.jpg
エレベーターの上昇速度は速く、特に動き出す瞬間にはそれなりの加速度を感じました。前回のレポートでご紹介したピン状のブレーキを間近に見つつ、いよいよ飛行甲板に向かいます。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、
┃                 1/700航空母艦『大鳳』、戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。8月15日発売!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2018年9月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。7月26日発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年5月16日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート、全86種入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。
私も10時過ぎにようやく艦内に入れました。
駅から歩いてくると灰色の壁がそそり立っていて、
船体とすぐに気付けないほど、大きかったですね。
大阪で就役からこれほど早い時期に見学できると思っていなかったので、
楽しめました。

Re: No title

>>>たかやまさん
こちらこそ、ご無沙汰しております。朝早くから並んでいた皆さまも随分待たれたそうですね。私は午前中はコスモスクエアに行ってたため、いったんは大阪港駅を通り過ぎていたのですが、電車の中からでも艦首やマストが建物からはみ出して見えたのですぐにわかりました(笑) おっしゃるように、そうそうの大阪での公開はうれしい限りですね!早速、ピットロードの『かが』を注文しようと思います(笑)

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR