FC2ブログ

『やまつくオフ会 2018』 山本五十六記念館訪問記 その11(と、製作ご依頼品遅延のお詫び)

模型のイベント参加という点では、今月開催の『奈良模型愛好会第11回展示会』が終わり、続く『モデラーズフェスティバル2018』も無事終了してようやく一息つけるというところですが、業務の方は先週末までの艦スぺ次号の原稿作成に続き、今週は昨日から月刊モデルアート次号の原稿作成にかかっておりました。

先程、その原稿もやっと一区切りがついたので、1/350航空母艦『赤城』の製作も再開したいところなのですが、まだ外注作品の梱包&出荷、webショップの入荷処理、更には(お待ちいただいている)お見積もりの処理などがまだまだ残っておりまして、明日いっぱいはまだ事務作業に追われそうです。

また、11月に入った時点で今度は艦スぺの次々号の作例製作をはじめなくては間に合わないので、なかなか一般のお客さまのご依頼品の方が進みません。

多くのお客様に製作順をお待ちいただきまして恐れ入りますが、1/350『赤城 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-33.html 』については、なんとか年内の完成を目指して参りますので、よろしくお願いいたします。

さて、そうした状況でなかなか製作記もアップできていないのですが、今週は先週に引き続いて『やまつくオフ会 2018』の作品レポートをご紹介します。

18103001.jpg
まずは、とことんおじさんのご作品で、人気番組『○コちゃんに叱ら○る!』の世界観を再現したジオラマ作品。メインキャストの○コちゃんはもちろん、フルスクラッチです。南国ムード漂うベースにバナナの組み合わせが良いですね。

18103002.jpg
こちらは、本間優太郎さんの作品と思われる掩体壕と零戦です。主脚が折れてしまっているのがなんとも悲しげなうえ、残念ながら未完成でしたので、次回にはぜひ、完成状態を見せていただければと思います。(ちなみに優太郎さんご本人はお仕事の都合で欠席でしたが、この日、テレビ電話で会場の皆さまとご交流いただく時間がありました)

そして最後は私の作品のご紹介です。普段、自分の作品のレビューをすることはほとんどないので、この機会に各作品の解説や、製作の思い出などを簡単に振り返りたいと思います。

18103003.jpg
まずはピットロードの1/700戦艦『大和』(最終時)です。「やまつくオフ会」は、そもそも大和の模型製作がきっかけで招集されたオフ会ですので、新考証を多く採り入れたこの作品には注目が集まっていました。私が製作したこの大和は、『月刊モデルアート 2018年4月号』と『艦船模型スペシャルNo68』の作例用に、最終段階のテストショットを提供いただいて製作したものです。ニューキット紹介の観点から、ディテールアップは一切行わずに、キットパーツのみの素組みにて仕上げました。(編集部からは塗料のみ、タミヤの瓶入りラッカーの指定がありました)

18103004.jpg
続いては、フジミの1/700航空母艦『大鳳』で、『艦船模型スペシャルNo68』の作例として製作したものです。実は、フジミの『大鳳』は、2014年発売の『艦船模型スペシャルNo51』でも作例を担当しており、木甲板仕様&マリアナ沖海戦時という設定で二回目の製作となりました。ディテールアップにはアーティストホビーのスーパーディテールセットをメインに使用し、艦載機のキャノピーなどもすべてエッチングとしています。艦載機にはライオンロアのキットを使用し、味方識別用の黄帯は塗装で再現しました。

18103005.jpg
こちらは『月刊モデルアート 2018年9月号』作例の1/700『DDV-192 いぶき』です。この作例は30ページに渡る特集記事のメインに据えていただき、表紙にも採用していただきました。ディテールアップにハセガワの『かが』用エッチングパーツを流用していますが、最も手がかかっているのは甲板塗装で、(「MS440G」と「TH-604」などの実艦用耐熱塗装の考察を行いつつ)5色もの塗色を使い分けました。なお、この作品は「タミヤモデラーズギャラリー2018」にも出展いただきました。

18103006.jpg
この1/700航空母艦『アークロイヤル』は、『艦船模型スペシャルNo67』の掲載作例です。アオシマのキットとアオシマの純正エッチングパーツに加え、フライホークのイギリス艦用パーツと艦載機なども提供頂いての製作となりました。ちなみに、この号では『鳶色の会 https://tobiiro.jimdo.com/ 』の山口隆司さんによるトランぺッターモデルの1/350版を同時掲載することになっていたことも関係して、このアオシマ版も塗色などに共通性を持たせたのですが、遮風柵の設定や艦載機の編成などには若干変化を持たせたものとなりました。

18103008.jpg
こちらは、今回持参した唯一の1/350作品で、『艦船模型スペシャルNo63』掲載作例として製作した、ハセガワ1/350航空母艦『隼鷹』です。製作においては純正のエッチングパーツを全て使用したことに加えて、ジャッキステーのエッチング切り替え、ベテランモデルの高角砲や各種光学機器の追加、更には25mm機銃の真鍮砲身化などを行いました。ちなみにこの作例は年末の締切ということで納期が非常に厳しく、製作期間は20日ほどしか取れませんでした。そんな極限状態ではありましたが、全30ページの記事に221枚の工程キャプションを収めることが出来、私の模型誌ライター人生の中でも記念碑的な作例になりました。

18103007.jpg
この1/700日本郵船『信濃丸』はプライベート作品で、昨年秋に完成したものです。今年は業務が忙しく、趣味で完成させた船の模型がまだ一隻もないので、プライベートの船舶模型では最新のものになります。キットはフォーサイトのレジンで、マストは真鍮線と他キットのパーツを組み合わせて自作し、デッキの支柱は自作しました。商船のキットはまだまだストックがたくさんあるので、次はピットロードの『能登丸』か、ルースキャノンの『RMSカルパチア』、HPモデルの『SSブレーメン』あたりを作りたいと思っています。

18103009.jpg
こちらは1930年代の横浜新港埠頭を再現した『Port of Yokohama1930s』です。自身が30代を終えるにあたり、「これまで培ってきた技術がどこまで通用するのか試してみたい!」というコンセプトで(極秘裏に)製作していたもので、2017年開催の『第28回ピットロードコンテスト』において、光栄にも金賞をいただきました。私としても、コンテストに挑戦するからにはもちろん最高の結果を目指してはいたのですが、(コンテストへの参加自体が10年ぶりであったことも手伝って)実際に結果発表を見たときは非常に驚き、なんだか受験生だった若いころを思い出してしまいました(笑)

18103010.jpg
こちらは『さんふらわあ8』との組み合わせで再現した1/700『別府国際観光港』です。「建物と船」という組み合わせは私の最も得意とするところでして、2011年から毎年一作のペースで製作を続けていたのですが、遂に今年は(業務多忙にて)一作も完成させることができませんでした。ですが、構想自体はまだまだたくさんありますので、これに懲りず、今後もこういう作品の発表を続けていければと思います。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、
┃          1/700航空母艦『蒼龍』×2隻(フジミ&アオシマ)作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo70』に、1/700作例&戦史紹介記事掲載予定。11月15日発売!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年1月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定!11月末頃発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350艦船模型作例記事掲載予定。来年2月15日発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年10月1日、艦船模型用マスキングシート各種再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

スポンサーサイト



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR