FC2ブログ

1/350航空母艦『CV-6 エンタープライズ』完成 その2(右舷側)

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、メリットインターナショナルの1/350航空母艦『CV-6 エンタープライズ』が完成しました。

今回は前回の右舷側( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1681.html )に引き続き、左舷側の完成写真をご紹介します。

bnakaisama708_201904051310409c1.jpg
メリットインターナショナル1/350航空母艦「CV-6 エンタープライズ」、右舷からの全景。ヨークタウン級独特の大きな煙突と一体化した艦橋構造物が目立つカットです。

bnakaisama709_201904051310417df.jpg
飛行甲板のディテールアップには、インフィニモデルの木製甲板を使用しました。アレスティングワイヤー下部の鉄甲板や伸縮接手、甲板外周部、夜間着艦用ライトカバーなどはエッチングによる仕上げです。

bnakaisama710_201904051310422f9.jpg
艦首飛行甲板の見上げアングル。左右の機銃座に繋がるキャットウォークには、独特のパターンの手すりが表現されています。

bnakaisama711_20190405131044c51.jpg
複雑な形状をしている格納庫側面の外壁の中でも、艦首側のシャッター付近はフルエッチングとなりました。ちなみに実艦では、この巨大なシャッターの内部には横向きにカタパルトが装備され、艦載機を飛行甲板上に揚げずにそのまま射出することも可能でした。
bnakaisama712_20190405131046ac4.jpg
エリコン20mm機銃と5インチ砲は、インフィニモデルのエッチングと真鍮挽物砲身を使用しました。機銃スポンソンもフルエッチングによる仕上げで、ブルワークや手すりはブルーグレー、床面はデッキブルーに塗り分けています。

bnakaisama713_2019040513104779c.jpg
艦橋の右舷側は左舷側と比較するといくらかシンプルな印象ですが、基部の右側にはかなりのスペースがあり、艦橋防衛用の単装機銃が大量に並べられています。

bnakaisama714_2019040513104994e.jpg
少し見上げアングルで見た様子。艦橋ウイングや通路、各種スポンソンの裏側にはエッチングによる補強材を取り付け、モンキーラッタルも汎用パーツで表現しました。

bnakaisama715_20190405131050327.jpg
マストやヤード、アンテナ類には真鍮挽物パーツを使用しており、精度と強度を両立しているほか、テーパーなども正確に再現されています。

bnakaisama716_201904051310521f4.jpg
見下ろしアングルで見ると、複雑な構成となっている後部のラッタルやレーダーなどが目立ちます。艦橋右前方のクレーンはキットでは省略されていたのですが、インフィニモデルのパーツで補填し、後部クレーンもフルエッチングとなりました。また、艦橋前後のボフォース40mm四連装機関砲は、マスターモデルのパーツで再現しました。

bnakaisama717_20190405131053310.jpg
飛行甲板中央部から後ろにかけては、SBDドーントレスが最大で4列並び、非常に見ごたえがあります。

bnakaisama718_2019040513105532d.jpg
飛行甲板後端部は左右非対称でとなっており、右舷側にはループアンテナが備わります。船底のスクリューは、インフィニモデルのスーパーディテールセットに付属の真鍮パーツを使用し、ミュージアムモデルのような美しい金属光沢を表現することができました。

以上で1/350航空母艦『CV-6 エンタープライズ』の完成写真の紹介を終わりますが、更に大きい写真で見たいという方は、こちらのアドレスに倍程度のサイズの写真を掲載しておりますのでぜひクリックしてご覧ください
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama58hd.htm

今回の1/350航空母艦『CV-6 エンタープライズ』は、インフィニモデルのパーツセットの豪華さも手伝って、当工房の空母作品の中でも特筆すべき作品となりました。非常に充実した内容にて製作をご依頼いただきましたお客様に、この場を借りて心より感謝を申し上げます。

長い製作記をご覧いただき、まことにありがとうございました。

(来週は一旦、プライベートでの製作品のご紹介となり、その後は1/700航空母艦「大鳳」の製作記をご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版モデリングガイド新刊に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月頃発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年3月27日、飛行機模型完成品続々入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■『静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』参加のご案内
┣ 日時:2019年5月11日(土)~12日(日)
┣ 場所:ツインメッセ静岡
┣ 参加サークル:「奈良模型愛好会(南館K154)」「チームKen-1&鳶色の会(西館263)」の2ブースに出展
┗ 公式サイト: https://www.hobby-shizuoka.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エンタープライズ製作の全ての記事と写真を拝見しました。
詳細な構造が理解できて大いに参考になりました。
終わってしまうのがさびしいです。
次の大鳳も期待しています。

No title

こんばんわ。
何時もながら、さすがにプロの技!見事な出来栄えですね。
細部を見ておりましても私の作った1/200ホーネット(同形艦ですよね)以上のディティールですね。
「ここまで出来るんだ」と、とても参考になるんですが、私も老眼が進み、細かな作業が長時間できません。おまけに手も震えます(笑)
細部のディティールアップはもちろんですが、このカラーリングも素晴らしいですね。当時のアメリカ空母のイメージが彷彿されます。

Re: No title

>>>けんちっくさん
御覧いただきありがとうございます<(_ _)> 見えなくなる部分が多いのが少々もったいないのですが、実艦の設計そのままにパーツ化されていたので、私も製作しながらいろいろと勉強になりました(笑) 今後の製作予定は「大鳳」「雲龍」という順番になっておりますので、また後期型の日本空母の製作をご覧いただけましたらと思います。今年の静岡では特選空母作品をまたじっくり拝見できそうですので、楽しみです(笑)

Re: No title

>>>シロプリさん
ご覧いただきありがとうございます<(_ _)> 姉妹艦のホーネットを1/200でお作りになったシロプリさんでしたら、私が気付かない部分にも発見が多いのではないかと思います。今回はディテールアップパーツのセットの充実ぶりに助けられた感じではありますが、あのボリュームのパーツを全て組み込むだけでも結構たいへんでした(笑) シロプリさんのアリゾナこそ、老眼や手の震えなど全く感じさせない仕上がりでいつも感心しつつ、拝見させていただいてます。エンタープライズと同じくブルー系の塗色ですので、完成後の姿も楽しみです。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR