FC2ブログ

1/700航空母艦『大鳳』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、フジミの1/700航空母艦『大鳳』が完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

(今回の完成写真は、全17枚の拡大版でお届けします!)

bkurodasama001.jpg
1/700日本海軍航空母艦『大鳳』、右舷前方からの見下ろしアングル。1/700の『大鳳』は、タミヤとフジミから発売されていますが、今回の製作ではフジミキットをベースに製作させていただきました。

bkurodasama002.jpg
右舷艦首から艦橋構造物にかけてのクローズアップ。『大鳳』はエンクローズドバウであるため、舷側のディテールは間延びしがちです。そこで今回は、外板継ぎ目のモールドを塗膜の段差で表現し、汎用エッチングで舷外電路を追加。更にプラ角棒で汚水捨管を自作しました。

bkurodasama003.jpg
艦橋のクローズアップ。ディテールアップにはアーティストホビーのスーパーディテールセットを使用し、飛行甲板も大判のエッチング甲板に切り替えました。羅針艦橋の外壁や防空指揮所、見張りスポンソンや蒸気捨管ステーなどは全てエッチングに切り替え、精密な双眼鏡や伝声管に負けないシャープさを実現しています。

bkurodasama004.jpg
艦橋付近をやや後方から見下ろした様子。煙突は内部の仕切りを再現し、側面にはジャッキステーを沿わせました。右舷と左舷を指向している探照灯はファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、反射鏡をシルバーで塗装するとともにレンズ部分を塗り残すことで、ガラスレンズのイメージを表現しています。

bkurodasama005.jpg
右舷の起倒式マスト付近。艦載機は零戦52型、彗星、天山を各6機ずつの18機を搭載し、倒した状態のマストには、メタルリギングにて空中線を追加しました。

bkurodasama006.jpg
右舷艦尾付近。飛行機救助網&人員救助網は、ともに弛みを表現し、短艇甲板後部には汎用エッチングにて応急舵を装備させました。9mカッターはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツによるもので、クライプバンドやリギング、救命浮標などを追加して密度あるディテール感を演出しています。

bkurodasama007.jpg
飛行甲板後端部の見上げアングル。裏側のトラス状の補強材はアーティストホビーのスーパーディテールセットに付属のエッチングによるもので、舵柄信号標はレインボーモデルのパーツを使用しました。(チラリと覗く、ピットロード製内火艇のキャンパスフレームも良いワンポイントになっています)

bkurodasama008.jpg
フジミ1/700航空母艦『大鳳』、右舷後部からの全景。飛行甲板は木甲板の設定で製作し、白線などの表示類は全て塗装にて再現しました。

bkurodasama009.jpg
一方、こちらは左舷前方からの全景。『大鳳』の飛行甲板は(強度甲板として設計されていることから)伸縮接手はなく、エレベーターも2基のみということで、比較的洗練された雰囲気があります。

bkurodasama010.jpg
同じく、左舷の後方からの全景。巨大な艦橋と長大な船体が印象的なアングルですが、こうして見ると飛行甲板幅は意外と狭いことに気付かされます。

bkurodasama011.jpg
フジミ1/700航空母艦『大鳳』、左舷艦首から中央部付近のクローズアップ。艦首開口部のフェアリーダーはナノドレッドパーツに切り替え、ボラードもアドラーズネストの真鍮挽物パーツに切り替えました。なお、考証では、『大鳳』の遮風柵は未稼働状態で出撃したという説がありますが、今回は(お客さまとご相談のうえ)模型映えを優先して立てた状態に設定しております。

bkurodasama012.jpg
艦中央部と艦橋左舷側の様子。羅針艦橋周りには防弾ロープを張り巡らせ、作戦行動時の緊張感を演出しました。長10cm高角砲は砲身を真鍮挽物パーツに切り替え、スポンソンには真鍮線で自作した高角砲射界制限枠を取り付けました。

bkurodasama013.jpg
艦載機はグレートウォールホビー(ライオンロア)の後期型の艦載機セットを1セット使用しました。このセットは、脚やプロペラがディフォルトでエッチング仕様となっており、そのままでも充分に精密な仕上がりとなるのですが、今回は更に風防をレインボーモデルのエッチングに切り替え、アンテナ線を追加したほか、ホビーエレメンツのデカールで機体番号の再現も行いました。

bkurodasama014.jpg
また、武装もほぼ全て手を入れており、25mm機銃および機銃射撃式装置にはファインモールド製のナノドレッドパーツを使用しました。

bkurodasama015.jpg
飛行甲板後端部の左舷側の見上げアングル。この角度だと、舵柄信号標や自作した外板継ぎ目、モンキーラッタルなどのディテール感も良くわかります。

bkurodasama016.jpg
重装甲空母『大鳳』ならではの頼もしさが伝わる、左舷後方からの見下ろしアングル。当時の日本海軍の『大鳳』にかける期待の大きさが伝わってきます。

bkurodasama017.jpg
作品は自作のオーク材の台座に固定し、オーダーメイドアクリルケースをセットしました。精密完成品に相応しい、高級感のある仕上げです。

以上で、1/700航空母艦『大鳳』の完成写真の紹介を終わりますが、更に大きい写真で見たいという方は、こちらのアドレスに倍程度のサイズの写真を掲載しておりますのでぜひクリックしてご覧ください
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/kurodasama01.htm

今回の『大鳳』は、当工房がこれまで手掛けてきた1/700航空母艦作品の中でも、特に手の込んだ一作になりました。

豪華なディテールアップ内容で製作をご依頼いただきましたお客さまに、心より御礼申し上げます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR