FC2ブログ

1/700航空母艦『雲龍』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、アオシマの1/700航空母艦『雲龍』が完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

bkondosama01.jpg
1/700航空母艦『雲龍』、右舷前方からの全景。1/700の『雲龍』は、ピットロードとアオシマ、更にフジミの3社から発売されていますが、この作品はアオシマキットをベースに製作しました。

bkondosama02.jpg
1/700航空母艦『雲龍』、右舷艦首付近のクローズアップ。ディテールアップには主にアオシマ純正のエッチングパーツとファインモールドのナノドレッドシリーズのパーツ、更にはピットロードの新艦船装備セットなどの精密プラ成形パーツを導入しました。

bkondosama03.jpg
1/700航空母艦『雲龍』、艦橋周りの様子。ナノドレッドシリーズのパーツは、シールドなしの12.7cm連装高角砲と25mm三連装機銃&単装機銃、28連装噴進砲、探照灯、主錨&副錨、菊花紋章、9mカッターなどを使用しております。

bkondosama04.jpg
また、防空指揮所のディテールが少し寂しかったので、フジミの双眼望遠鏡を追加するなどしてディテールバランスの向上を図りました。艦橋側面の水平マストや高角砲射界制限枠、そして艦首旗竿などは0.3mm径の真鍮線にて自作したものを取り付けています。

bkondosama05.jpg
起倒式のマストは、アオシマ純正のエッチングパーツには含まれていなかったので、フジミの瑞鶴用を導入して補填しました。また、右舷中央部から後部にかけて装備されている、シールド付き高角砲と機銃は、ピットロード新艦船装備セットのNE06のパーツに切り替えたものです。

bkondosama06.jpg
1/700航空母艦『雲龍』、右舷後方からの見下ろしアングル。艦載機はキットに付属のものは全て製作しておりますが、ここでは『零戦52型』、艦上爆撃機『彗星』、艦上攻撃機『天山』、艦上攻撃機『流星改』の4機種のみを配置しました。

bkondosama07.jpg
一方、こちらは艦載機を配置していない状態です。白線を含めた甲板標示は全て塗装で表現し、迷彩塗装の外舷21号および22号色は、GSIクレオス Mr.カラー 特色セットのCS642『日本海軍・日本船舶迷彩色セット』のものを使用しました。

bkondosama08.jpg
1/700航空母艦『雲龍』、左舷艦首から艦橋付近にかけてのクローズアップ。飛行甲板表面には0.3mm径のドリル穴を等間隔に開け、航空機の繋止眼環を再現しました。また、船体舷側にも(ディテールの間延びを目的で)塗膜段差による、外板継ぎ目モールドの追加を行っています。

bkondosama09.jpg
左舷中央部の様子。9mカッターのダビットにはクライプバンドとリギングを追加し、マスト間の空中線は0.1号のメタルリギングで再現しました。

bkondosama10.jpg
艦尾左舷側の様子。『天山』と『流星改』は、アオシマ独自設計のランナーに主翼を折り畳んだものが3機ずつ付属しており、動きのある情景を演出することができました。

bkondosama11.jpg
左舷後方からの全景。史実では一機の艦載機も発艦させることができなかった『雲龍』ですが、整った攻撃隊を組織して作戦に参加することがあれば、このような姿が見られたかもしれません。

bkondosama12.jpg
迷彩塗装には、モデルファクトリーハイギヤードの『1/700航空母艦「雲龍」(A社)用 甲板塗装マスキングシート http://www.cherry-anchor.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000233 』を使用しました。迷彩パターンは概ね、アオシマの塗装図に従った仕上げとなります。

bkondosama13.jpg
飛行甲板後部の様子。飛行甲板表面に開けた繋止眼環の総数は、2500カ所以上に及びました。

bkondosama14.jpg
艦載機は『零戦52型』、『烈風』、『彗星』、『天山』、『流星改』、『彩雲』、『桜花』の計6機種です。主翼前端の黄帯は塗装で再現し、桜花以外の全機にエッチングのプロペラを取り付けました。

次の製作品は1/350戦艦『武蔵』となりますが、次回はワンクッションとして、一旦、別の模型ネタをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

完成しましたね。

それにしても早い!
このスピードで正確な作業をされることに驚きです。

やはり雲龍型は最高にかっこいいです。
いつまでも見ていたくなるシルエットです。

Re: No title

>>>けんちっくさん
ありがとうございます<(_ _)> 雲龍型マスターのけんちっくさんにそうおっしゃって頂けて、とても嬉しいです(笑)
仰るように、『雲龍型』のシルエットは本当に非の打ちどころがないほどのベストバランスですね! 
これだけの空母が活躍できなかったことは悔やまれますが、1/700で3社からも発売される人気の高さがせめてもの救いという気がします。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR