FC2ブログ

第6回『やまつくオフ会』参加記 中編

「第6回やまつくオフ」参加記の続きです。

ここで、今回のオフ会参加者をご紹介します。

今年の幹事の「トコトンおじさん」(石川県)、「大和魂さん」(茨城県)、「屋根裏部屋の男」さん(兵庫県)、「まっつん」さん(三重県)、「優太郎」さん(東京都)、そして、今回から正式メンバーに入れていただいた私、「HIGH-GEARed」こと渡辺の6名と、ご夫婦で部分参加の「セレナさん」です。

参加者全員がブログまたはホームページ持ちというのもなかなか珍しい集まりですね。ちなみにメンバーの皆様の肩書きは社長、所長が複数名と、人気キャラクターの演出者(?)という、社会的地位の高い方ばかりで、全員が既婚者、そして私以外は全員が子持ち(でしたよね?)という重厚な集まりですので、私のような弱小自営業者が仲間入りさせていただくのはなんとも恐縮なメンバー構成ですが、皆さんとても気さくに接してくださるので嬉しい限りです。

13yamatuku07.jpg
昼食のあとは、トコトンおじさんが予約していてくれた「恵那峡グランドホテル」にチェックイン。客室の窓からはこのような雄大な峡谷の景色が一望できました。

13yamatuku08.jpg
メンバーは上記したように社会的地位の高い皆さんですが、ここでは模型好きのおじさん同士、くつろいだ雰囲気が漂います。写真は巨大な戦車のラジコンで遊ぶ大和魂さん。

13yamatuku09.jpg
屋根裏部屋の男さんは、手作りのアップルパイを持ってこられていましたので、皆さんで美味しくいただきました。

13yamatuku10.jpg
ここからは、作品紹介です。まずはトコトンおじさんの作られたプトレマイオスのジオラマ。私は宇宙世紀もの以外はあまり知らないのですが、巨大な母艦と海岸のジラオマのコラボレーションが見事な大型作品です。ちなみにこの作品、本当は電飾が施され、ビームサーベル等を点灯できるように作ってあったそうですが、輸送中の故障で点灯の様子を見ることはできませんでした。

13yamatuku11.jpg
海岸には自作のテントとスーツケースが配置されています。こういう小物があると、原作を知らなくてもスケール感が楽しめるので面白いです。海岸に打ち寄せる波も動きがあっていいですね。

13yamatuku12.jpg
次は優太郎さんが作られたキングジョーとウルトラセブンのジオラマ。優太郎さんはこの作品をつくるために、わざわざ撮影が行われた現地を訪れたそうです。ウルトラ警備隊の車両(ポインター)などもフルスクラッチでキングジョーには電飾と効果音のギミックが仕込まれています。祐太郎さんは、他にも1/700日本海軍重巡を洋上ジオラマにした作品も持ち込まれていました。

13yamatuku18.jpg
まっつんさんの作られた、キリシマをはじめとする国連宇宙軍 連合宇宙艦隊。ヤマト2199の冒頭に登場する艦隊の規模がよくわかります。同じ船を複数作るのは精神的に堪えそうですが、キットは組みやすく、ほとんどストレスもなく組めたそうです。

13yamatuku16.jpg
まっつんさんは、製作中の1/350艦船模型も持ってこられていました。アオシマの那智がベースですが、お仕事でご多忙の中、一年越しのディティールアップを続けた結果、細部の作り込みが素晴らしいことはもちろんですが、少しのアラも見えない大変美しい仕上がりになっています。

13yamatuku17.jpg
具体的には自作の伝声管やジャッキステー、高角砲シールド内部の自作、艦橋の遮風装置の自作などが行われています。飛行機運搬軌条なども作り直され、模型でありながら実艦の息吹を実感できるような精密工作の数々から、完成を見るのがとても楽しみです。

13yamatuku22.jpg
ここまで、戦艦大和以外の作品をご紹介しましたが、もちろん、このオフ会が開催されるきっかけとなった、デアゴスティーニの1/250戦艦大和も持ち込まれていました。こちらはセレナさんが製作されたご作品です。

13yamatuku23.jpg
実は私、恥ずかしながらデアゴスティーニの戦艦大和の完成品は初めて見たのですが、木製船体と金属パーツから構成された重量感はさすがです。セレナさんは目のご病気をお持ちというお話でしたが、よくここまで丁寧に作られたと、心から感服しました。

13yamatuku14.jpg
そして、こちらは大和魂さんの製作された1/250戦艦大和。デアゴスティーニ製が原型となっているようですが、、見れば見るほど原型がなく、ほぼフルスクラッチとなっています。私も展示会や博物館で、これまで無数の精密な模型と出会ってきましたが、作者に詳しいことを聞ける状況で見せていただく模型としては、これまでの人生で最高のものかもしれません。

13yamatuku15.jpg
技術、知識はもちろんですが、それ以上に大和や模型に対する愛情なしに、この出来は考えられません。大和魂さんは、今回のオフ会に私が参加すると聞いて、わざわざ遠路はるばる持って来てくださったそうです。大和魂さんと私では親子ほど歳も離れてますが、大和を愛するもの同士、この素晴らしい作品を前に心の通った交流ができることが、とても嬉しかったです。

13yamatuku20.jpg
そして、こちらはその素晴らしい大和模型を作られた大和魂さんが最も驚いておられた1/200戦艦大和の艦橋です。作られたのは、私の1/200戦艦大和製作記にも多数のコメントをくださった、屋根裏部屋の男さんです。私も今年の春から初夏にかけて、ニチモの1/200戦艦大和を製作しているだけに、どれだけ手がかかっているかもよくわかります。基部の形状、兵員待機所、15m測距儀の観測室の形状はプラ板で作り直されており、遮風装置、各種トラス類などはすべてプラ板で自作されています。 屋根裏部屋の男さんの製作されている1/200大和は完成すれば、全体がまんべんなくこのレベルのディティールに仕上がるようですので、これから毎年進展具合を見るのがとても楽しみです。

13yamatuku19.jpg
そして、こちらも屋根裏部屋の男さんのご作品。陸戦型ガンダムのジオラマ。うっそうとした緑と水場、そして自作の小屋と、狭いベースの中に様々なストーリーが内包されています。私にはこういうドラマチックなジオラマを作るセンスがないので、いつかこんなジラオマを作れるようになりたいな、と思いながら拝見させていただきました。

13yamatuku13.jpg
ジオラマといえば、こういうネタ作品もありました(屋根裏部屋の男さんの作品ではありません) 少々デリケートな内容ですので多くは語れませんが、「空き缶はゴミ箱へ」と言わんばかりに転がった空き缶と、有権者のいない歩道に向けての演説、面白半分に写メを取る人物と、全体的にシュールな空気の漂う作品です(笑)

13yamatuku21.jpg
ちなみに私の作品は1/700のチマチマしたものを数点持ち込みました。全体的に型にはまったものばかりで、皆さまの創意工夫にあふれた作品の迫力にはとてもかないませんが、大型作品が多い中でミクロな世界観を楽しんでいただけたらいいなと思います(笑)


その後の夕食と、翌日のジェットボート乗船記はオフ会参加記 後編に続きます・・・


趣味と旅行記のサイト、HIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!もぜひご覧ください。
↓↓↓
HIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!
スポンサーサイト



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやはや・・念願かなって・・ナベちゃんにこんなに褒めていただいて・・お尻がムズガユイですぞ~。
 大和バカの私には・・談義は楽しかったですよ・・・遅くまで付き合ってもらい・・また・・イビキで寝不足だったでしょけど~ゴメンなさい・・ナッシ~です(笑い)
大戦ものしか知りえませんが・・多分??実の息子が居ても(うちは娘ダケ)親の趣味の知識までは引き継がないしね~・・。
ほんとに・・・息子世代のなべちゃんや弟世代のメンバーとでこうして趣味の話できるのは素晴しいですよね。
 また・・来年もお会いしましょう~。
事業主としての本文は同じですよ~私も・・いろんな話を聞けて・・・・また一つ勉強になりました。
ありがとうございました。

Re: No title

>>>大和魂さん
いやいや、なにをおっしゃいますやら!(笑) 仕事で模型をやっていると忘れがちなことを、いつも、やまつくのメンバーの皆様には教えていただいておりまして、感謝を申し上げるのはこちらの方です!

来年のやまつくオフも楽しみですね~。来るなと言われても行く気満々なんで、こちらこそよろしくお願いいたします(笑)

恐縮です

丁寧な作品のご紹介ありがとうございます。
来年は船体も持ち込めるようがんばります(^m^)>

Re: No title

>>>大和魂さん
レスが遅れまして申し訳ございません(謝)

本当に、噂の大和を間近に見られて大感激でした。どうしても私の場合、キットの組立がメインですので、大掛かりな自作技のお話を直に聞かせていただける機会が少なくて、これからもいろいろと教えて頂きたいと思います。

来年の機会も楽しみにしておりますので、どうぞお元気にお過ごしください。私もその時に備えて、何か面白い作品を作っておこうと思います(笑)

Re: 恐縮です

>>>屋根裏部屋の男さん
文章力がないので、なかなかあの大和艦橋の魅力を伝えることができなくて申し訳ないのですが(^_^;)、ブログに載せることで多くの皆様に素晴らしいご作品を知っていただけましたらと思います(笑) 来年は船体と!おっしゃったからには、ぜひ実現していただきましょう(笑) 楽しみにしております(^O^)
 
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR