FC2ブログ

第6回『やまつくオフ会』参加記 後編

13yamatuku24.jpg
本日のブログ記事は、10月11日掲載の「第6回やまつくオフ」参加記の続きです。

13yamatuku25.jpg
この日の夕食は、恵那峡グランドホテルのレストランです。トコトンおじさん(http://blog.livedoor.jp/gundamseedd/)の予約で、広い部屋に6人分のテーブルと椅子が用意されていました。なんだか御前会議のような様相です(笑) 

13yamatuku26.jpg

夕食会の余興に、各々、景品を持ち寄ってのあみだくじ大会とじゃんけん大会も催されました。写真は私がゲットした景品です。左から、セレナさん(http://mokeiseisaku.cocolog-nifty.com/blog/)提供の資料本&1/350短艇セット、真ん中は大和魂(http://blog.livedoor.jp/yamatodamasii1208)さん提供の、インディアナポリスモータースポピードウェイで(知人の方が)直接買われたミニチュアカー。(本当は屋根裏部屋の男さんがゲットされたのですが、インディフリークの私が恨めしそうに見ていたところ、快く譲って頂きました) その右は、優太郎さん(http://honma.at.webry.info/)ご提供の「晋ちゃんの野望 ねじれ解消餅」。(実際にねじれた餅が入っているので、ねじれを解消して食べるのが正しい食べ方だそうです) 一番右は、帽子の会社経営の屋根裏部屋の男さん(http://blog.livedoor.jp/yanesan/?p=3)が、業務時間外に作られた、特製の大和帽です。(昨年に引き続き、屋根さん作成の帽子をゲットさせていただきました)

景品には罰ゲームの一品もあったのですが、実際に引き当てた方には意外と好評でした。(罰ゲームになりませんでした) 『富山ブラック』というドリンクなのですが、気になる方はぜひお探しください。

13yamatuku27.jpg
翌朝の恵那峡の様子。空気が澄み切って気持ちのいい陽気です。

13yamatuku28.jpg
ちなみに、宿泊したホテルを外から見るとこんな感じ。矢印は、宿泊した部屋です。

13yamatuku29.jpg
翌日は恵那峡遊覧船のジェットボートに乗船。船着場はホテルからすぐなので、チェックアウト後にしばらく車を置かせてもらい、車両を2台にしぼって船着場に移動しました。

13yamatuku30.jpg
これが、恵那峡名物ジェット船です。別にジェットエンジンを積んでいるわけではなく、いわゆるウォータージェット推進です。水上バスにはよく使われているメカニズムですが、ここのジェット船は特に勢いがあるようです。

13yamatuku31.jpg
全開加速時には、このようなダイナミックな航行波を描きます。若干ウィリーするような感じで、対向船とすれ違った際には、ちょっとした絶叫マシンなみの大きなピッチングを体感できます。また、冬場は若干氷が張ってもジェットのパワーで砕氷しながら進むこともできるそうです。

13yamatuku32.jpg
船内は一般的な水上バスと同じスタイルで、屋根まで回り込んだ天井からは、はるか上空に見える橋の裏側の様子なども楽しむことができます。

13yamatuku33.jpg
航路で見られる景色は、峡谷の奇岩の類です。これは、「品」の字に見える「品の字岩」、自然が作り出した神秘ですね。

13yamatuku34.jpg
エンジンは、一度走らすごとにこのように冷却されています。恵那峡にお越しの際には、ぜひご利用ください。

以降、完結編に続きます


趣味と旅行記のサイト、HIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!もぜひご覧ください。
↓↓↓
HIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

じぇじぇじぇ~・・・ナベちゃんは・・こんなにゲットしてたのか~。
二年連続で~帽子もゲットだったのか~凄いな。
 来年は~とことんさんに‥報復の罰ゲーム用意して行くぞ~(笑い)
忙しい中で大変だけど~また・・逢いましょうね。

Re: No title

>>>大和魂さん
いろいろ頂いておきながら、私は行きしなに購入した赤福ひと箱で申し訳なかったです。(謝)
貴重な大和帽を2着ゲットは本当に嬉しい限りです。(笑)次回の宴会も楽しみですね~! またお会いする機会を楽しみにしております。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR