FC2ブログ

1/700航空母艦『隼鷹』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作をしていた、1/700航空母艦『隼鷹』が完成しました。

takeisama01.jpg
キットは、ウォーターラインシリーズ第一期屈指の名キットとの呼び声の高い、タミヤ製です。現在でこそ、若干古いイメージは否めませんが、腕自慢のモデラーさんが大掛かりな造り変えを行う対象にも良く挙がるキットで、私の知人のモデラーさんにも、二人ほど、この隼鷹を大改造した方がおられます。

takeisama02.jpg
今回の製作ご依頼では、お客様より搭載機数および機種のご指定を頂いたほか、ご予算については他艦との合計の価格のご提示を頂きましたので、細かい仕様はフジミの艦上機を組み立て搭載した上で、ご予算に合わせたディティールアップとなりました。

takeisama03.jpg
ディティールアップは汎用パーツの組み合わせによるものです。手すりと飛行機救助網と起倒式マストがオーシャンスピリット製、21号電探がファインモールド製、13号電探と人員救助網がハセガワ製、25mm機銃と12.7cm連装高角砲がファインモールド製ナノドレッドシリーズによるものです。

takeisama04.jpg
外舷塗装は、お客様のご指示で側面のみ迷彩、飛行甲板は木甲板色としました。

takeisama05.jpg
細部のクローズアップ。定番工作ですが、三角板で再現されているスポンソン支柱は切り取って丸棒に作り替えました。

takeisama06.jpg
搭載機は、零戦52型が8機、彗星艦爆が8機、天山艦攻が8機の合計24機です。

hhekouki.jpg
今後、製作ご依頼をいただいている雲龍および信濃、大鳳などの搭載機も、同じくフジミ製のものを製作済みです。後期型の艦上機を合計102機、デカールだけでも1機あたり6枚として、合計612枚、翼の黄色い帯の塗り分けが2箇所で合計204箇所、ゲート跡(ランナーからの切り取り跡)の処理が1機辺り平均13箇所で、合計1326箇所、接着が5箇所で合計510箇所という戦いでした。

 

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR