FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト メカコレ『デスラー戦闘空母』 

11月11日のブログ記事に掲載した、宇宙戦艦ヤマトのメカコレ製作記事の続きです。

その後、三段空母の方は無事に完成し、『デスラー戦闘空母』の方も製作を完了したので、ご紹介します。

sentou01.jpg
メカコレの『デスラー戦闘空母』は、宇宙戦艦ヤマトの初回テレビシリーズに登場した艦とはデザインが異なるため、気になる箇所を作り替えました。具体的には、左舷側にモールドされたアングルドデッキを切り取り、右舷側にプラ板で自作したものを追加した点です。

また、キットは武装を展開させた状態であることから、飛行甲板に無数の取り付け穴が開いているため、プラ板やパテなどで埋めました。(キットはデスラー砲装備型であることから、飛行甲板の継ぎ目の位置も一部異なったので、もともとあるスジ彫りを埋め、新たに彫り直しました) 

sentou02.jpg
塗装前の下地状態。私の作品としては珍しく、軽くシャドウを吹きました。写真で見るとメリハリが強いですが、実際はかなり抑え目です。三段空母も同じような手順で塗装しました。

sentou03.jpg
完成した三段空母とのフォーショット。第1、第2、第3空母と並ぶ様子は壮観な眺めです。塗装ですが、第1空母はMrカラーの『暗緑色三菱系+ミディアムブルー』、第2空母はガンダムカラーの『ガンダムパープル+(Mrカラーの)ミディアムブルー』、第3空母はフィニッシャーズの『ファンデーションブルー+(Mrカラーの)軍艦色2』で行いました。戦闘空母の白線の数は、シーンによって1本だったり2本になったり3本になったりと安定しなかったので、最終的に、三段空母と並べてバランスが良く見える1本ラインを採用しました。(塗装はフィニッシャーズの『ブライトレッド』です)

これらの4隻の空母は、劇中でガミラス本星を出航する場面のジオラマとして仕上げる予定ですが、ドメル艦隊旗艦の『ドメラーズ2』のみ、サイズのあうキットが見つからないので、この船に関してはスクラッチを予定しています。

この作品も、また進展があればブログでご紹介しますので、ご興味のございます方はご覧くださいませ。

なお、艦船模型製作代行のご依頼では、現在、1/700戦艦『ニュージャージー』、空母『雲龍』、技MIX戦艦『大和』を製作中です。 これらも完成次第、ブログでご紹介しますので、ぜひご覧ください。


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(当工房はスケールモデル専門になります。版権の必要な商品に関しましては、お取り扱いがございませんのでご了承ください)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR