FC2ブログ

フロッグフット1/700 ⑤計画 第5388号艦『鷹野』製作記 その6

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フロッグフット社製の1/700計画艦『鷹野』のレジンキットを製作中です。

本日は、艦橋構造物の製作をご紹介します。

toriisama42.jpg
左側の画像が、キットに付属している艦橋パーツの全てです。右は仮組みした様子。キット説明書には窓枠の存在もしっかりと記されているのですが、パーツには窓枠の存在を思わせるモールドはないので、今回はエッチングに取り替える工作を行いました。

toriisama43.jpg
フロッグフットの鷹野の艦橋は、プラモデルのような箱組ではなく、レジンの無垢とあって、ニッパーやナイフなどで正確に削り落とすのは難しいため、再びフライス盤に登場いただくことになりました。画像左のように、窓枠の絵をパーツに書き込み、この絵が完全に消えるまでΦ6のエンドミルで削り込みます。窓枠の高さはおよそ1.2mmの換算で削り込みました。

toriisama44.jpg
削り落とした厚みの部分に海魂の窓枠エッチングパーツを接着し、その他のパーツを組み立て、手すりなどのエッチングを取り付けた様子。防空指揮所の双眼望遠鏡や測距儀、探照灯などはキットには付属していないので、各々、ナノドレッドやピットロードNEパーツ、自作パーツなどを用いて補填しています。

toriisama45.jpg
艦橋を飛行甲板に接着し、ウイングのブルワークをプラ板自作にて追加した様子。前部マストも真鍮線とプラ板による自作です。前甲板に装備される小型マストは、船倉を追加した関係でキットの指定位置に装備できなかったので、高角砲座の直後に移設しました。

toriisama46.jpg
後部から見た様子。蛇管通路の最前部に取り付けられている、L字型の真鍮線は、油管を再現したものです。その他、旗竿も真鍮線を使用して自作し、海魂のエッチング手すりを取り付けました。

toriisama47.jpg
本日の作業を終えた様子。少し前までは少々得体の知れない雰囲気がありましたが、艦橋と前部マストが付くと、完全に特務艦の雰囲気が出てきました。鷹野の正式な種別は給油艦ですが、巨大な飛行機搭載施設を見ると、どちらかというと水上機母艦のようなイメージがありますね。

toriisama48.jpg
船体で残す作業は、短艇およびダビットの取り付けと高角砲の搭載のみとなりました。塗装前とあって、まだまだレジンや金属などの素材感が混在している状況ですが、塗装後にどのような一体感を見せてくれるか、とても楽しみです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR