FC2ブログ

フロッグフット1/700 ⑤計画 第5388号艦『鷹野』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、フロッグフット社製レジンキット1/700 第5388号艦『鷹野』が完成しました。

『鷹野』は、航空機の運用が可能な給油艦『速吸』の設計を発展させたもので、14機もの艦攻を運用可能な給油艦として8隻が計画されたものの、戦局の悪化により、実際に完成することはありませんでした。

キットは前述のフロッグフット製で、マストなどの製作に自作を必要とし、細かな装備品はピットロードの艦船装備セットを使用して仕上げるガレージキットです。

キットには船体パーツの他に、艦橋構造物や煙突、飛行甲板、格納庫甲板、各甲板の支柱などのパーツが入っていましたが、甲板や支柱は使用が困難な仕上がりでしたので、プラ板や汎用エッチングなどでスクラッチして仕上げました。

また、汎用エッチングや精密プラパーツなどのディティールアップパーツをふんだんに取り入れるとともに、船体や自作の甲板などにも適時ディティールアップを施しています。

以下、完成写真です。

toriisama61.jpg
フロッグフット1/700 第5388号艦『鷹野』 左舷前方よりの全景

toriisama62.jpg
フロッグフット1/700 第5388号艦『鷹野』 右舷後部よりの全景

toriisama63.jpg
『鷹野』の艦容は左右非対称となっています。右舷側から見ると、長門型戦艦を思わせる屈曲煙突が目立ちます。

toriisama64.jpg
『鷹野』の艦橋付近。船首の船倉はキットには設定はありませんでしたが、お客様のご希望により追加しました。また、デリックの門型架構も、お客様のご指示によって追加した部分です。

toriisama65.jpg
飛行甲板上に主翼を広げた状態で配置された、『流星改』艦上攻撃機。飛行機本体にはフジミのパーツを使用し、滑走台はハセガワの一式二号射出機のエッチングに付属しているものを使用しました。プロペラおよび脚(格納庫甲板上の機体のみ)は、ファインモールドのエッチングパーツを使用しています。

toriisama66.jpg
お客様のご指示で、船尾楼には25mm三連装機銃および単装機銃、爆雷投射機と爆雷装填台を追加しました。機銃はファインモールド、爆雷投射機はピットロード、装填台はハセガワの各パーツを使用しています。

toriisama67.jpg
探照灯および錨もファインモールド製、窓枠および水密扉、舷外電路はハセガワ、22号電探はピットロード、12.7cm連装高角砲は海魂のレジン&真鍮挽物のパーツを組み立てて使用しています。

toriisama68.jpg
船体中央部の機銃およびスポンソンも、お客様のご指示による追加です。左舷から格納庫甲板を見ると、手前に給油ホースを通す蛇管通路が見えます。

toriisama69.jpg
その奥には、主翼を折りたたんだ流星改が確認できます。また、写真にはほとんど写っていませんが、飛行甲板裏側のトラスも、汎用のエッチングを使って作りこみました。煙突にも汎用のジャッキステーやファンネルキャップを追加した他、後部の支え櫓も汎用エッチングの組み合わせで製作しています。クレーンはレインボーモデルの巡洋艦用を使用し、13号電探はハセガワのエッチングを使用しました。いろいろなメーカーのパーツの美味しいところを詰め込んだ、豪華な作品です。

toriisama71.jpg
その他、お客様のご希望で、ドラム缶や弾薬箱、角材などを雑然と配置しました。救命浮標や舷灯なども、いいアクセントになったと思います。 鷹野は、サイズ的には氷川丸とほとんど同じ大きさですが、この大きさで14機の艦攻を運用可能にする複雑なメカニズムは、見ていて飽きません。 このような魅力的な船があることを今回初めて知ることができ、製作の機会を与えてくださった(また、完成まで小生を信じて長らくお待ちいただいた)お客様に、この場を使い、心より感謝を申し上げます。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR