FC2ブログ

フジミ1/700 航空母艦『大鳳(甲板黒塗装)』 完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいていた、フジミの1/700航空母艦『大鳳』が完成しました。

takeisama30.jpg
手前が大鳳、奥に見えるのが同時進行で同時に完成した、航空母艦『信濃』です。現在発売中の『艦船模型スペシャルNo51』と同じ組み合わせですが、ご依頼自体は昨年から2隻まとめていただいておりましたので、このタイミングでこの2隻の製作となったのは、全くの偶然です。

takeisama31.jpg
艦船模型スペシャルでは、木甲板仕様の大鳳を製作しましたが、今回はお客様のご要望により、鉄甲板をイメージしたものとしました(ラテックス甲板キット使用)。なお、甲板の塗装は、レイテ沖での大和型戦艦のイメージで、黒く塗装してほしいというご要望をいただきましたので、ミッドナイトブルーで全体を塗装させていただきました。

takeisama32.jpg
キットはフジミ製を使用し、ディティールアップも同じく、フジミ製のエッチングパーツをメインに使用しました。25mm機銃は、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのリニューアルパーツを使用しています。

takeisama33.jpg
低いアングルで見た大鳳。近代的かつ、洗練された姿からは、新鋭空母としての期待感が伝わってきます。

takeisama34.jpg
飛行甲板前部。遮風柵は、工期短縮の関係で無可動だったという説もありますが、お客様のご要望で立てた状態としました。フジミのエッチングは、この部分のディティールが優れているので、大変模型映えがする部分です。

takeisama36.jpg
羅針艦橋のハンモックは、実戦経験をしていない信濃と、実戦経験のある大鳳を差別化するために、お客様にご要望をいただいた部分です。マスト上のZ旗も、同じお客様のご要望により、追加しました。

takeisama35.jpg
艦橋と一体化した煙突は、若干煤けた表現としています。黒甲板は、木甲板とはまた違った精悍さがありますね。

takeisama37.jpg
搭載機はお客様のご希望により、零戦52型8機、彗星艦爆8機、天山艦攻8機の、合計24機としました。搭載機はお客様にお持ち込みをいただいたもので、全てフジミ製としています。

takeisama38.jpg
せっかくなので、木甲板とのツーショットも撮影してみました。「甲板の仕上げが違うと、ここまで印象が変わるのか?」と、思い知らされるような一枚です。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おや大鳳!
ラテックス甲板だと引き締まって見えて大戦時の空母らしからぬかといって現代の空母とも違う洗練された印象なんですね…。
流行りの「艦これ」でも最近実装されて話題になったので知名度が急上昇中でもあります(笑)

コメント返信ありがとうございます!
プラモデルは中学のころからガンプラをスプレー塗装したりせいぜいパーツを少し延長したりするくらいで制作していました。
艦船模型は「艦これ」の影響で去年始めたようなニワカで筆塗りの素組みしかしたことないような非常に稚拙な腕ですがプロの方の作品を見ると「おーかっこいい!自分と同じキットでこんなに違うのか!」「細かい!こんなところまで手を入れるのか…」「これ本当に1/700なの!?」と感動します。
他にも船の科学館のジオラマ等はかれこれ10年以上前に家族で訪れた時の記憶がよみがえるようで非常に感慨深かったです。そのころは人も結構いて二式大艇の大きさや大和の主砲の射程に関する記述でビックリした覚えがあります。
4年ほど前に高校の授業の一環として訪れたときは二式大艇のあった場所もただの丘になってしまい羊蹄丸も居なくなって屋外にあった…と思う大和の模型も移動されたのか(?)寂しい気持ちになりました。
改装でまた活気ある博物館になってくれたらなと思います。

Re: No title

>>>okazakiさん
コメント返信遅れてすみません(本日のブログ更新は予約投稿の自動更新だったもので) またコメントいただいてありがとうございます<(_ _)> 艦これの影響は大きいようで、今後、ますますの艦船模型の認知拡大へのきっかけになってほしいと思います。ちなみに、私ももともとプラモはガンプラから入っているので同じですね(笑) 船の科学館のジオラマもご覧いただきありがとうございます。私にとっても思い入れのある場所でしたので、想いのこもった作品になりました。ちなみに、屋外にあった1/20大和は、職員の方から聞いた話では、2005年か2006年の台風で破損したため、廃棄になったいうことで、寂しい思いをしたものです。 まだ今後の運営については詳しいことはわかりませんが、ぜひ活気のある博物館になってほしいものですね! では、これからもまたブログ覗いてください。よろしくお願いします。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR