第一回 春wander参加記 後編

昨日アップの、AW@wander参加記の後編です。

本日は、参加者の皆様の愛車の小ネタ集です。

14wanda24.jpg
こちらは主催のmikomanさんのAW11。グリーンの穴あきボンネットに固定ライト、唐変木のエーヤロバンパーが見事な一体感を演出しています。

14wanda25.jpg
リアビューも個性的です。X1/9風のルーフダクトと、リアスポイラーとトランクフードの間に見事に収まったコア。そして、前期型テールの中間部を面一にしてくれるガーニッシュが印象的です。 なにかと「MR-2」と記載されがちな「MR2」ですが、このガーニッシュに記された文字は「MR-2」。トヨタは博物館ですら、このような間違いを過去には犯したことがありましたが、ある方の指摘ですぐに表示が改められたということです。

14wanda26.jpg
こちらはbeat-fuckerさんのAW11。フロントのリップスポイラーはルーキー製で、その下のプレートは金属製だそうです。とても頑丈に作られているため、見た目の印象ほどに気を使わずに走行できるそうです。

14wanda27.jpg
beat-fuckerさんのAW11の車内。オーナーが右手で操作しているのは、油圧サイドブレーキレバーです。ラリーカーのようなサイドコントロールを実現するために、ブレーキの配管も工夫されています。ちなみに、ステアリングはMOMOのモデル26を、私のモデル11と同じく3点支持で使用されています。個人的に、第二期F-1ブームに熱狂した世代には、3点支持の小径ステアリングが好きな人が多いんじゃないか?と思います(笑)

14wanda28.jpg
オーナーが降りて、ステアリングを外した状態で車内を見ると、改めてそのスパルタンさに驚かされます。アルミのフロアプレートにオルガンペダル、キルスイッチにクイックリリースボスなど、同じくレーシングカーファンの私にもたまらない装備の数々が実際に作動するように取り付けられている様子は、いつまで見ていても飽きません。

14wanda29.jpg
こちらは戦友のムラシマムラさんのAW11。初めて会ったときは、まだお互いの車はノーマルの面影を保っていました。この車は軽量化を追求し、快適装備は全て取り外されています。

14wanda30.jpg
ウレタンシートで継ぎ足されたオーバーフェンダーと、深リムホイール、そして引っ張りタイヤ。私のAW11とはかなりモディファイの方向性が違うので、知らない人がみたら友人同士には見えないことでしょう(笑) 

14wanda31.jpg
室内は、金属板で自作したダッシュボードに、各種追加メーターが備わります。普段は見えることはできませんが、実際には純正のメーターがまだ内部には残されており、機能しているとのことです。

14wanda32.jpg
こちらは広島のshouさんのAW11。穴あきボンネットと面一ボンネットピン、バンパーダクトが付属している点が、外観的に私のAW11と異なる部分です。塗装もまだまだ良好なコンディションを保っていて、羨ましいです(笑)

14wanda33.jpg
テールレンズは試作車風(本人談)です。マフラーは、SW20用の左右出しオーバルタイプをご自分で加工して取り付けられたそうです。音量、音質も紳士的かつスポーティーで、さすがはマフラー加工の経験豊富なshouさんというべき仕上がりでした。

14wanda34.jpg
ガルウイングドアに、レッドを基調とした内装。メーターパネルもデジパネ化されていて、古き良きスーパーカーの要素をたくさん採り入れたモディファイを数多くかつ自然にこなされています。オーナーの個性を反映したモディファイがたくさん見られるのも、オフ会の大きな楽しみですね。

14wanda35.jpg
こちらは、やまいだれさんのAW11。ドアサイドに描かれたイラストは、カッティングシートを貼り付けたものです。一見、痛車っぽい要素もありますが、やまいだれさんはどちらかというと、バリバリの走り派で、youtubeなどでも、ジムカーナ練習での熱い走りを見ることができます。

14wanda36.jpg
エンジンフード上面には、自作のブラケットでタイヤを4本積載可能です。しかし、高速走行には適さないようで、行きしなはフロントアップに苦労しつつのドライブだったそうです。(ブラケットのステーをリアのアッパーマウントに固定している効果で、剛性アップという副産物も生まれたそうです)

14wanda37.jpg
やまいだれさんのAW11の内装。運転席サイドのみ、自作のパネルで仕上げられ、フード上面は春を意識してデニムの布で仕上げられていました。ちなみにこのAW、非常に貴重な純正エアコンレス車で、スイッチパネルにはエアコンの操作レバーが装備されていませんでした。

14wanda38.jpg
内装つながりで、こちらは今回の参加車両の中で内装の程度が最も良かった、えーだぶさんのAW11です。AT車の参加も、今回はこれ一台だけだったでしょうか? MTと比較して、使われ方の違いもあって、車体のコンディションの良いものが多いかもしれませんね。

14wanda39.jpg
ホイールも今となっては貴重な後期型純正アルミホイールです。私も一時期所有していたのですが、不動車に取り付けて譲ってしまったので、今はありません。当時はあまり好きではなかったのですが、今見ると、ノーマルルックに良く似合う、おしゃれなデザインだなと実感します。

14wanda40.jpg
アカギさんのスーパーエディション2には、17インチのホイールが装備されていました。センターキャップには、初代MR2のシンボルマークであるペガサスが描かれており、純正オプションをイメージした高級感のある仕上げがなされていました。

14wanda41.jpg
そして、外装はこのコンディション。写真でみても美しいですが、実車の美しさは思わず息を呑むほどです。 30年近くも前の車が、今でもこのコンディションを保っているなんて、本当に奇跡的という他はありません。

14wanda47.jpg
こちらはTT EarthlightさんのAW11の内装。今回は1DINのオーディオパネルを追加装備できるステーを自作されていました。エアコンの操作パネルの上に乗っかっているのが、そのステーです。AW11のオーディオスペースはかなり低い場所にあり、ナビなどの取り付けが不便ですので、この位置のパネル装着は操作性向上に大きな効果がありそうです。

14wanda42.jpg
ホワイト/ベージュメタリックのスーパーエディションは、マフラーにHKSリーガルを装備。前後で異なるデザインのホイールを装備されていました。 年式的に剥がれていることの多いストライプやデカールも残されており、純正MOMO製ステアリングやシフトノブなど、限定車ならではの装備も美しいコンディションを保っていました。

14wanda43.jpg
ブルーマイカのAW11には白いホイールがよく似合います。こちらはマサさんのAW11ですが、軽快でスピード感あふれるデザインが、AW11のスタイリッシュなデザインによくマッチしていますね。

14wanda44.jpg
うどん県の住民さんのAW11も白いホイールを装備されています。このホイールは、ブリヂストンのスーパーRAPといいます。一見、鉄チンのように見えるあたりが逆に硬派なイメージで結構好きです。最近は、AWにこのホイールを履かせている人も少なくなったので、あこがれのホイールを久しぶりに見ることが出来て、とても良い収穫になりました。

14wanda45.jpg
タッティさんのAW11は、ワタナベのホイールを履かせていますが、それ以上に目立つのは、やはりこのオーバーフェンダーです。Cクラスのジムカーナ車両みたいでカッコイイですね!

14wanda46.jpg
私のAW11は、実車よりも1/24の方が注目を集めていました。今年もなんとかもう一台、AW11プラモの新作を作れないものかな?と思ってますので、またオフ会があれば持参しようと思います。

14wanda48.jpg
この写真は、beat-fuckerさんが持ってきてくださったパンです。

14wanda49.jpg
タクワンが入っているとのことで、どんな味が想像もつきませんでしたが、実際に食べてみると、サラダサンドのような食感で、けっこういけました(笑) ありがとうございます。

14wanda50.jpg
ムラシマムラさんは、昨年の春らぶり~に引き続き、BBQセットを持参してカフェを開業されていました。(昨年の妻のリクエストに応えて紅茶をご用意いただいてありがとうございます) ムラシマムラさんのコミュ力を、私も見習いたいと思います。 

14wanda51.jpg
ムラシマムラカフェに集う人々。昼食は行きしなのコンビニで購入したカップ麺とスナック菓子です。カフェでは車の話題はもちろん、お互いの仕事の話、shouさんの職場にN●Kが取材にきたときの話や、「1億円拾ったらどうする?」というような他愛のない話にまで膨らみ、大いに盛り上がりました(笑)

14wanda52.jpg
午後3時を迎えた時点で、mikonaさんのお話があり、オフ会は一旦お開きとなりました。なかなか帰ろうとする面々がいない中、私もしばらく談笑の和に加わっていたのですが、この日は帰りに温泉に寄って帰ることになっていたので、午後4時頃には会場をあとにしました。

14wanda53.jpg
兄弟車とも、しばしのお別れです。

14wanda54.jpg
温泉は、三木防災公園のすぐ近くにある「グリーンピア三木」の入浴施設を利用しました。この写真は、当日園内で撮影した桜です。おそらく、今年の桜の見納めになることでしょう。

14wanda55.jpg
ホテルの入浴施設を日帰りで利用し、1時間半ほど温泉に浸かりました。先日のモクモクファームに引き続き、今年2回目の温泉です。

14wanda56.jpg
どうでもいいことですが、この入浴施設はマッサージマニアが運営しているのか?と思うほど、マッサージ設備が充実しています。 写真は椅子型マッサージ機ですが、他にも複数の足裏マッサージ機が置かれていた他、専門マッサージ師によるマッサージを受けらる施設や、ベッド型マッサージ機の体験会まで行われていました

14wanda57.jpg
帰りは下道をとおり、大阪市内をウロウロしつつ、ゆっくり帰りました。帰宅したのは、よる11時頃となり、往復約220キロ程の道のりを無事に走破することができました。 

次に参加する大きなオフ会は、秋のMR2ミーティングでしょうかね? 今年は私もオフ会を開催しようと思っているので、また趣味の合う仲間同士の集まりを楽しむことができればと思います。

それまで、またAW11を大切にして参りますので、これからもよろしくお願いします。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR