FC2ブログ

1/350航空母艦『赤城』製作記 その9

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』をフルディティールアップにて製作中です。

本日は1/350『赤城』の搭載艇の製作の様子を御紹介します。

muraokasama076.jpg
搭載艇の船体と甲板パーツを全て切り出した様子。赤城の搭載艇数は9mカッターが6艘、12m内火ランチが4艘、12m内火艇が2艘、11m内火艇が1艘、13m特型運貨船が2艘、6m通船が1艘の合計16艘もあり、飛行甲板が高いところにあることから結構目立つので、使用できるパーツをフルに使用してディティールアップを行いました。

muraokasama077k.jpg
ハセガワ『赤城』に付属の搭載艇は、同社から別売りされている『艦載艇セットA』をメインに、11m内火艇と13m運貨船を追加したもので、艇体の底面には固定用の架台(ボートクラッチ)が一体成型されています。

muraokasama078.jpg
今回はこの架台をエッチングに交換すべく、モールドの削り取りを行いました。キールの部分を傷つけずに架台のみを削り取るのには結構神経を使います。

muraokasama079.jpg
架台の多くは2枚張り合わせて厚みを出すタイプのハセガワ製エッチングパーツを使用したのですが、13m運貨船の架台はこの写真のような車輪付きの台車が用意されているので、それを使用しました。

muraokasama080k.jpg
下地状態の架台と舵、スクリューなどを接着した艇体底部の様子。プラ成形の一体モールドと比較して飛躍的にシャープな仕上がりになりました。内火艇はマストや手すり、旗竿などが追加されたことで非常に実感的です。

muraokasama081.jpg
あとは全体的に塗り分けを済ませ、ハセガワの指定どおりに『ディティールアップパーツC』のエッチングを組み込みます。写真は11m内火ランチと9mカッターの様子。 これらの短艇は色合わせによっては大きく実感を損なう事があるので、なるべく実物に正確な塗り分けを心がけるようにしました。

muraokasama082.jpg
左から11m内火艇、12m内火艇(2艘)、13m運貨船です。13m運貨船は一見地味ですが、舵輪や上陸用桟橋、プーリーやケーブル類もエッチングに換えたことで非常に実感的な仕上がりです。

muraokasama083.jpg
6m通船も含め、『赤城』搭載の艦載艇を全て並べてみました。(なかなかの迫力ですね) 

明日は、飛行甲板表面の塗り分けの様子を御紹介します。 

いつもと比べて少々長めの記事になる予定ですが、飛行甲板の塗装工程にご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR