FC2ブログ

1/350航空母艦『赤城』製作記 その11

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』をフルディティールアップにて製作中です。

本日からは1/350『赤城』の飛行甲板裏側のトラス組みについて、3回に分けてご紹介します。

muraokasama101.jpg
航空母艦『赤城』の飛行甲板の裏側には複雑に組まれた補強材があることが良く知られていますが、ハセガワからはこれらのトラスの構造美を精密に再現するための専用パーツ『航空母艦 赤城ディティールアップパーツ スーパー』が発売されていますので、今回はこのパーツを使用した作業の様子を御紹介します。

muraokasama102.jpg
ハセガワ1/350『日本海軍航空母艦 赤城ディティールアップパーツ スーパー』には、複雑なトラス構造を再現するために3枚のエッチングパーツが含まれています。写真のエッチング板は、飛行甲板前部から中部にかけての縦方向の桁と後部の横桁用のパーツになります。

muraokasama103.jpg
この写真のパーツは飛行甲板後部の横桁と支柱がメインで、艦橋後部の高角砲デッキの支柱も含まれています。

muraokasama104.jpg
最後にご紹介するのは飛行甲板前部の横桁と外周側面部のパーツ群です。このセットのパーツ数だけでも相当なものですが、実質的には後部のクレーンを再現するためにディティールアップパーツ『ベーシックB』を追加で使用しなくてはいけないため、この写真で見る以上に膨大な作業量を求められました。

muraokasama105.jpg
作業を進めて行く様子を前甲板でご紹介します。これはまだ何も取り付けていない状態で、オキサイドレッドの下地塗装を終えた段階です。飛行甲板は一旦、船体と仮組した上で格納庫側面のラインを裏面にケガいておくと、エッチングと船体の干渉を予防する目印になるのでオススメです。

muraokasama106.jpg
ちなみにキットのプラパーツを取り付けると、このようなディティールになります。この状態でも側面や上から見る分には充分なディティール感がありますが、エッチングパーツを使用することで下から見上げた時の精密感をより高めることが可能です。

muraokasama107.jpg
トラス材のエッチングの組み方にはいろいろな方法があると思うのですが、私の場合は中心線に近いところをまず『十字』に組みこみ、続いて外側に向かって追加していく順番で進めております。

muraokasama108.jpg
無数のエッチングを『井の字』に組んでいくのはなかなかの根気を求められる作業です。しかも今回は(ロットによってわずかに板厚に個体差があるのか?)部分的に噛合できない箇所があったので、デザインナイフをかませて差し込み口をひとつひとつ広げる処理が必要になりました。 これまで、赤城の『エッチングパーツ スーパー』は4度使用してきましたがこのようなことは初めてでしたので、恐らく当たりの悪い個体を引いてしまったのだと思われます。

muraokasama109.jpg
前甲板は、4本の脚に繋がる6本の支柱を傷めないように組み立てるのが難しい点ですが、上手く仕上がってくれました。この天井は映画『永遠の0』でも印象深いシーンで登場したので、見覚えのある方も多いと思われます。

muraokasama110.jpg
続いて、中部甲板に進みます。通常の空母では側面にはそれほどトラスは組まれていないのですが、赤城は右舷の煙突と左舷の高角砲甲板に独特のくびれがあるため、このような『井の字』型の補強材を2セット製作する必要がありました。

muraokasama111.jpg
トラス材は飛行甲板に直接接着しながら組み立てるのではなく、バラの状態で組み立ててから接着していきました。写真手前に4本並んだ大きなトラスは、煙突直上の甲板を支えるための補強材です。

明日、明後日は後部甲板の製作の様子を御紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

赤城のスーパーは、流石に物凄い密度ですね。
こうやって、少しづつ組んでいるのを見てみると、私でもいけるかも、と思ったりしますが、
実際にやったら心折れる以前に接着剤でめちゃくちゃになりそうです(笑)

ハセガワ1/700でもトラスエッチングは出ていましたし、あれなら小さくて気軽に組めるかな、と思ったりしましたが、
やっぱり1/350ぐらいの大きさと、フルハルでないと映えない気もします。

Re: No title

>>>塚原さん
このパーツが発売された時は大きな衝撃をうけたものですが、久しぶりに組んでみて、改めてそのボリュームに圧倒されました(笑) 説明書には具体的な組みたて順もある程度明確に示されているので、塚原さんほどの経験がおありでしたら、時間をかけてじっくり取り組めば問題ないと思います(笑)>
ハセガワの1/700版エッチングは私も気になってまして、機会があればぜひ組んでみたいなと思ってます。でも、その前にフジミの赤城でトラスパーツを組む予定があるので、まずはそちらを頑張ります(笑) 
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR