FC2ブログ

1/350航空母艦『赤城』製作記 その12

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』をフルディティールアップにて製作中です。

本日は昨日に引き続き、飛行甲板裏側の補強トラス組みの2回目を御紹介します。

前回は前部甲板および中部甲板の製作の様子を御紹介しましたので、残すは後部甲板のみです。この部分は天蓋に艦載艇用のクレーン軌条を取り付けたり、合計8本の支柱を取り付けたりと工数が非常に多いので、今回と次回の二回に分けてご紹介して参ります。 

muraokasama112.jpg
後部甲板裏側のトラスは前後に分割されており、最後端は二重構造になっているため、『井の字』に組んだトラスを3セット組みたてる必要があります。まずは船首側の小さなトラスから組んでいくのですが、ここでもやはり外側のフレームから組み立て、ある程度の安定感を持たせてから細かい桁を順に差し込んでいきます。

muraokasama113.jpg
船首側のトラスが組み終わった様子。中央部などは艦載機搬入口に隠れて完成後はほとんど見えませんが、細部まで実艦の構造が再現されていることで、実艦を建造している気分を楽しむことができます。

muraokasama114.jpg
続いて、中央部のトラスを組み立てます。この部分の構造材は微妙にアールもかかっていて最も複雑で模型映えする部分です。トラスパーツの一本一本が長ければ長いほど噛合させなくてはいけない部分が多くて難易度も向上しがちですが、写真のように外側のメイン部分から組みたてて形態を安定させれば作業も比較的ラクに進める事が出来ます。

muraokasama115.jpg
横桁を組み込んだ様子、横桁は左右非対称なので、向きに注意しながら差し込んでいきます。説明書のイラストは一定の向きで描かれたイラストに順番に番号が振られているのですが、作業の際にはトラスの向きを何度も変えなくてはいけないので、常に『どちらが船尾側か?』『どちらが表か?』を意識しつつ、説明書のイラストを脳内で変換しつつ進めて行きました。

muraokasama116.jpg
縦桁と横桁の組み込みが完了した様子。最後端が少し浮いているのは、二重構造になっている後部甲板の外側のトラス組みがまだ終わっていないからです。

muraokasama117.jpg
組み込みの終わった中央部のトラスを甲板側(上方向)から見た様子。前部甲板の時に苦労した個体差による噛合不良もなく、比較的スムーズに仕上がりました。 こうして見ると、布張りを施していない初期の複葉機のフレームを見るみたいでとても美しいですね。人間の造り出す機能美の魅力をまざまざと実感させられます。

muraokasama118.jpg
このパーツはトラス組み最後の『井の字』セットとなる、最後端部外側の補強材です。赤城は比較的初期に建造された空母とあって、運用中に明らかになった諸問題に対する対策工事が何度か行われたのですが、このトラスは飛行甲板後部の角度の修正を行う耐えに追加されたもので、赤城の複雑怪奇な構造美を象徴する部分でもあります。

muraokasama119.jpg
先ほど、浮いていた飛行甲板後端部にこのトラスを組み込めば……

muraokasama120.jpg
隙間がきっちり埋まって安定した形体となりました。実際には、トラス同士の隙間にプラ製の甲板パーツが一枚挟まるのですが、それらを含めた二重構造の写真は、明日の更新でご紹介します。

明日は飛行甲板裏側の補強トラス組みの最終回になります。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR