FC2ブログ

1/350航空母艦『赤城』製作記 その15

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』をフルディティールアップにて製作中です。

本日からは、いよいよ船体の製作についてご紹介します。

muraokasama142.jpg
ハセガワ1/350航空母艦『赤城』の船体パーツは、最近ではすっかりオーソドックスになった左右分割式で、赤城特有の側面のディティールが繊細に表現されていることが特長です。

muraokasama143.jpg
船体の左右は、このように多数のフレームでガッチリ固定されるため、接着後の歪みや船体形状の崩れなどを気にしなくて良い点もありがたいです。(海外キットでしたら、大型艦でも内部フレームは2枚程度で済まされる事が多いですので……)

muraokasama144.jpg
フレームを左舷の舷側パーツに差し込み、船首&船尾&短艇甲板を仮置きした様子。

muraokasama145.jpg
右舷の舷側パーツをフレームに取り付け、船体の外形が出来上がりました。飛行甲板を取り付ける前なので、赤城特有の左右非対称の平面形状が良くわかります。

muraokasama146.jpg
格納庫前部の外壁も仮付けしましたが、この部分は先に接着してしまうと(塗装工程を分けている)船首甲板の取り付けの障害になるため、内側の取り付けダボを一部削って後ハメできるように加工しました。

muraokasama147.jpg
右舷中央付近の舷側パーツのアップ。赤城の側面には多数の舷窓が備わり、スケール感を高めてくれます。

muraokasama148.jpg
普段でしたら、この舷窓は外舷色を塗装した後にスミ入れペンで黒塗装を行うのですが、今回は(お客様からご要望で)全てドリルによる穴開け加工を行いました。

muraokasama149.jpg
舷側のディティールアップ作業はこのような地道な忍耐を求められる作業になりがちですが、今回は煙突や格納庫、そして船体側面にビッシリとモールドされたジャッキステーも全て削り取った上でエッチングへの切り替えを行いました。

muraokasama150.jpg
使用したのは、ハセガワ純正の汎用エッチングパーツです。汎用パーツですので赤城の船体や格納庫の平面形状に合わせた設計にはなっておらず、一本一本現物合わせで切り詰めと曲げを繰り返す地道な作業を求められました。

muraokasama151.jpg
かかった日数は純正モールドを削り取るのに丸一日、一本一本採寸&曲げを繰り返しつつ取り付けるのに3日の計4日程となりました。ちなみに舷側はジャッキステーだけでなく、垂直ラッタルやモンキーラッタルも全て汎用エッチングに取り替えています。

muraokasama152.jpg
左舷の様子。艦橋直下の垂直面には多数のジャッキステーが折り重なり、抜群の精密感です。明日は船体加工の続きを御紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR