FC2ブログ

『やまつくオフ会 in 浜名湖』参加記 その2

本日も昨日に引き続き、昨年11月に参加した模型オフ『やまつくオフ会』のレポートの続きをご紹介します。

今回は(一泊二日で行われたオフ会の)一日目のふたつめの見学地『エアーパーク // 航空自衛隊浜松広報館 http://www.mod.go.jp/asdf/airpark/』での様子をご紹介します。

浜松城からエアーパークまでは渋滞がなければ車で20分ほどの距離ですので、順調に移動できるものとばかり思っていたのですが、参加者の車のナビがそれぞれ異なったルートを示したために途中から散り散りバラバラとなり、私と本間優太郎さん(ななちさん同乗)は駐車場に直線的に向かう事が出来ず、基地の外側をおよそ一周回り込んでようやくの到着となりました。

1601151.jpg
この施設は航空自衛隊浜松基地に隣接している同隊の広報施設で、1999年4月にオープンしました。駐車場にアクセスして最初に目に飛び込んできたのは、館外に展示された巨大な『カーチス C-46』輸送機です。館外には他にもブルーインパルスのF-86FやH-21B、地対空ミサイルなどが展示されていました。

1601152.jpg
館内の様子。こちらは今年2016年の初飛行が予定されている先進技術実証機『心神』の模型です。模型といっても、この模型はプレゼンテーション用や鑑賞用ではありません。実機開発の際のデータ収集に使用された風洞実験用モデルです。

1601153.jpg
展示資料館2Fに展示されている、歴代の航空自衛隊所属機の模型群。手前のパネルには、各機の詳細な説明がなされています。ホビーの世界では比較的見る事の少ない、飛行状態の模型作品の大量展示は非常に見応えがありました。

1601154.jpg
順路に従って進み、最初に現れた展示機はF-1支援戦闘機です。F-1は私の地元、奈良基地でも比較的状態のいい機体が展示されていますが、この広報館の展示機は屋内展示である事も手伝って非常に良いコンディションを保っていました。しかも各部ハッチはフルオープンの状態となっており、実機のメカニズムの複雑さと構造美を存分に伝えてくれます。

1601155.jpg
続いてはXF-2のモックアップです。モックアップですので実機ではなく、エンジンなどは搭載されない云わば『実物大の模型』です。外板のパネルラインなどもありませんが、実物の戦闘機のサイズやイメージを知るのに充分な迫力がありました。

1601156.jpg
実物大や実物の飛行機を見ると、普段目にしている模型とはまた違う物理的な重さや感触が伝わってきます。これは渡り廊下の外に置かれていたF-104 スターファイターで、晩年の無人標的機UF-104を模した塗装が再現されていました。

1601157.jpg
渡り廊下を越えて展示格納庫にアクセスすると、そこにはもうわけがわからないくらい大量の展示飛行機群が待っていました。まるでおもちゃ箱をひっくり返したような雰囲気ですが、コレ全部、ホンモノなんです。(驚)

1601158.jpg
当日は大量の写真を撮りましたが、それにしてもどこからどう見て良いかも全く分からないような状態で、時代を越えて大切に保管されている各機の迫力にひたすら圧倒されっぱなしでした。 この日は閉館近くまで館内を見学していたのですが、全てをじっくり楽しむにはとても時間が足りませんでしたので、ここには是非とも泊まりがけで再訪問をしたいと思いました。

1601159.jpg
天井から吊るされた零戦52型の下では、大和魂さんから主脚カバーに施された『赤、黄、青色の塗り分け』の意味の説明がありました。思えば実機でも模型でも、収まった状態の主脚を下から眺める機会は少ないので『飛んでいる零戦は下からだとこういう風にみえるのか~』と新鮮な発見がありました。なお、この零戦52型は1963年にグアム島で発見され、翌1964年に空輸されて日本に帰国したものだそうです。

『エアーパーク // 航空自衛隊浜松広報館』は時代を越えて様々な用途、任務に使用された機体群を一度に見る事ができる素晴らしい施設でした。 このような施設を管理運営していただき、日本の空を護ってくださる航空自衛隊の皆さまには改めまして感謝の思いでいっぱいです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


スポンサーサイト



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

コメントの投稿

非公開コメント

判り易いレポートです

流石ハイギヤードさん!
的を得たレポートに関心しました。
おいらは飛行機に明るくないので、ネタ優先のレポートでしたが(^m^)>
続きも楽しみです(笑)

Re: 判り易いレポートです

>>>屋根裏部屋の男さん
ありがとうございます(^◇^) 知識に自信がないためいにその都度、調べながら書いているので、『あの時、あそこにあった奴はこういう謂れのものだったのか!』などと楽しみつつ勉強しております(笑) 最近は船以外にも興味の幅が広がって参りましたので、機会があれば飛行機も作りたいですね。 屋根さんの超絶一式陸攻も楽しみにしております!

No title

その・・一式陸攻を迎撃することにしました。
タイトルは・・ 嗚呼・・・山本長官・・姫路で・・逝く・・・です。

Re: No title

>>>大和魂さん
と、いうことは大和魂さん製作の超絶なP38が登場ですかね?期待しております(笑)
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR