1/200戦艦『ビスマルク』製作記 その32

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』を製作中です。

今回は、シェルター甲板表面の塗装の工程をご紹介します。

bsugasama273.jpg
塗装をはじめるにあたり、甲板表面のエッチング貼り付けを進めます。航空作業甲板や高角砲甲板外周部の鉄板部分にはポントスモデルのパーツを使用しました。

bsugasama274.jpg
壁面には、プライマーとしてクアトロポルテの『Tipo G プライマーサーフェイサー http://www.4porte.info/product/qc100.html 』を吹きつけました。このサフは、プライマー効果がレジン&メタル専用の単体プライマー以上に高く、プラパーツを犯すことがないので重宝しています。

bsugasama275.jpg
サフを吹いてみると、苦労して取り付けたエッチングの舷窓や扉などが思った以上に一体化してくれて、根気強く作業を続けてきた甲斐を実感しました。

bsugasama276k.jpg
今回の1/200戦艦『ビスマルク』製作に置いては、(お客さまのご希望により)木甲板部はブラウンからタンにかけての4色を互い違いに塗り重ねる方法で塗装しています。まずは最も暗い色を全体に吹き、板目に従って細切りのマスキングテープを貼り付けます。

bsugasama277k.jpg
続いて、二色目を塗装し、同様にテープでマスキング――

bsugasama278.jpg
そして三色目……

bsugasama279.jpg
四色目という具合に順番に明るい色を重ね、全てのマスキングテープを剥がします。

bsugasama280.jpg
この段階では、かなりビビッドなモザイク模様となっていますが、このあとブラウン系のフィルタリングを施すことで質感と色のトーンを調正していきます。

bsugasama281.jpg
まだ外舷色を塗装していないので若干不自然に見えてしまいますが、今後の作業で鉄板部を塗り分けることで全体的なイメージは変わってきます。

週明けまでに、各部の塗り分けや表面のディテール追加も終わらせておく予定ですので、来週中には上部構造物全体のイメージもお見せできると思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月6日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート×5種&1/32飛行機模型完成品×1機入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号』に1/700駆逐艦『島風』『電』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com

1/200戦艦『ビスマルク』製作記 その31

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』を製作中です。

今回は、シェルター甲板壁面ディテールアップの最終回です。

bsugasama268.jpg
今回、処理したのは最後に残ったシェルター甲板前部の左舷側です。長きに渡った壁面ディテールアップも、ようやく最後の箇所となりました。

bsugasama269.jpg
作業は例によって、『モールド切削』 → 『表面を平滑に慣らす』 → 『社外パーツを取り付ける』という順序です。エッチングパーツは全てポントスモデルのアドオンセットのものを使用し、パラベーンはCMKのレジン+ステンレスのパーツに取り替えました。

bsugasama270.jpg
後部も同様に処理しました。このところ、しばらく同じような作業ばかりが続いていたため、画像の方も少々ワンパターンになってしまっていますが、同じ場所の工程写真を順番に並べることで、もともとあったモールドと、社外パーツに切り替えたディテールとの違いが良くわかります。

bsugasama271.jpg
前部シェルター甲板左舷のディテールアップが完了した様子。これで全4回に分けてご紹介してきた、シェルター甲板壁面部のディテールアップが完了しました。

bsugasama272.jpg
前部と後部のシェルター甲板を繋げた様子。この部分のディテールアップは(非常に多くのモールド切削とパーツ取り付けを必要とするため)忍耐の連続でしたが、ある意味、ビスマルクの中でも最も機械的な魅力のある箇所だけに、妥協なく仕上げる事ができて良かったです。

まだ甲板表面やカタパルト製作、砲座周りのディテールアップなどを残していますが、これらも引き続き、妥協なく仕上げて行こうと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月6日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート×5種&1/32飛行機模型完成品×1機入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号』に1/700駆逐艦『島風』『電』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com

1/200戦艦『ビスマルク』製作記 その30

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』を製作中です。

製作記第30回目となる今回は、シェルター甲板のディテールアップの3回目をご紹介します。

bsugasama261.jpg
前回の製作記で、シェルター甲板後部両舷のディテールアップを終えましたので、今回からはシェルター甲板前部の製作を開始します。キットの甲板はほぼ一体成型されていて別パーツなどは少ない構成になっているので、作業はひらすら、モールドの切削とエッチングパーツへの切り替えに終始しました

bsugasama262.jpg
シェルター甲板外壁部分には舷窓蓋や吸気口、庇などがビッシリとモールドされているので、必要な箇所を残しつつ、エッチングに切り替える部分のみを落として平滑に仕上げて行きます。この作業はデザインナイフや平ノミ、ヤスリなどを使いながら進めていくのですが、(薄いモールドが多いので)壁面を削りすぎないように注意し、面の平滑さを保つように心がけました。

bsugasama263.jpg
壁面用のエッチングパーツは、ポントスモデルのアドオン(追加パーツ)セットに付属しているもので、舷窓や換気窓の裏側なども非常に繊細に再現されています。

bsugasama264.jpg
また、今回の製作では、パラベーンにCMKの精密パーツを使用しました。このパーツは写真に写っているレジン成形の本体に、ステンレスのエッチングパーツを組み合わせて使用します。

bsugasama265.jpg
ポントスモデルとCMKのパーツによって繊細に仕上がった、シェルター甲板側面のクローズアップ。窓や扉はもちろんですが、(プラ成形のままではテーパーが残ってしまう)庇や、『半開き状態』を設定できない舷窓蓋などは、特にディテールアップ効果が高いポイントです。

bsugasama266.jpg
前部シェルター甲板右舷側の中央部から後部にかけての様子。キットのままでは再現されていない、入り組んだ部分のディテールも補填出来ました。

bsugasama267.jpg
今回、作業を終えた前部シェルター甲板の右舷側の全景。これで、シェルター甲板外壁のディテールアップの3/4が完了しました。

今後は左舷側の作業を終わらせたのち、砲座周りのディテールアップやシェルター甲板上の作り込みも進めていく予定です。

シェルター甲板外壁のディテールアップはパーツ数が膨大なため、思いのほか時間がかかってしまっていますが、引き続き、気持ちを引き締めて頑張っていこうと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月6日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート×5種&1/32飛行機模型完成品×1機入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号』に1/700駆逐艦『島風』『電』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com

フジミ1/24『ハイギヤードMR2』完成

先週末から今週月曜日にかけては世間では三連休でしたが、私はと言いますと、1/350戦艦『アラバマ http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1296.html 』の納品や、艦船模型スペシャル次号の原稿作成で少々忙しくしておりました。

その影響で1/200戦艦『ビスマルク』 の製作も一旦ストップしておりましたので、本日は8月に完成していたプライベート作品、1/24『ハイギヤードMR2』の完成写真をご紹介します。

bhgmr201.jpg
1/24『ハイギヤードMR2』、運転席側前方からの全景。

『ハイギヤードMR2』とは、少年ジャンプ連載の大人気自動車コミック『よろしくメカドック https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%8F%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF 』登場車両で、メカドック所属の主人公、風見 潤(かざみ じゅん)のライバルのひとり、東條 誠(とうじょう まこと)がチューナー兼ドライバーを務めていた車両です。

bhgmr202.jpg
キットは今年の夏、フジミから再販されたものを使用する予定だったのですが、原作に登場する車両が前期型のNAエンジン搭載車だったのに対し、キットは後期型スーパーチャージャーエンジン搭載車を再現したものでしたので、現在絶版プレミアキットと化している前期型キットを蔵出しして使用しました。(結局、再販キットから使用したのはデカールのみです)

bhgmr203.jpg
独特のボディカラーはシャーウッドトーニングと呼ばれるもので、グリーンメタリックとベージュメタリックのツートンです。カラ―コードは『2S8』で、グリーンが『6H7』、ベージュが『4E3』となるのですが、模型用塗料では近似色の調色が難しかったので、ホルツの実車用タッチアップカラーの調色サービス(MINIMIX http://minimix.holts.co.jp/ )を利用しました。

bhgmr204.jpg
クリアーコーティングには藤倉応用化工( http://www.fok.jp/index.html )の『♯100 Sクリアー』を使用し、塗料の希釈も同社の『アクセルS35(S)シンナー』にて行いました。

bhgmr205.jpg
前期型と後期型との違いは、両キットの完成品を並べてみると良くわかります。

bhgmr206.jpg
真後ろから見ると、ムーンルーフの有無以外にテールレンズの形状の違いや、エンジンフード表面のバルジの有無などが異なっています。

bhgmr207.jpg
右側面のドア後ろにあるインテークダクトのカバー形状も、前期型と後期型では大きく異なります。他にもドアの内張りやセンタートンネルカバーなど、インテリアのスタイリングもより角ばったデザインが採用され、スパルタンさが一層際立つ造形に仕上げられています。

『関西オートモデラーの集い』に合わせて、毎年一台ずつ完成する1/24『トヨタMR2 AW11』ですが、作りたいネタはまだまだあります。来年はモーターショー展示車両の『SV-3』か? 北米仕様車を製作予定ですので、その際にはまた楽しんで仕上げたいと思います。

実車オーナー歴20年超のカーモデラーとして、納得の仕上がりをこれからも目指して参りますので、今後の作品にもぜひご期待ください。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月6日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート×5種&1/32飛行機模型完成品×1機入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号』に1/700駆逐艦『島風』『電』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com

1/200戦艦『ビスマルク』製作記 その29

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』を製作中です。

bsugasama257.jpg
今回は、前回ご紹介したシェルター甲板後部の反対側(左舷側)のディテールアップの様子をご紹介します。ポントスモデルのアドバンスドセットに含まれる無数のエッチングパーツを使用するため、(右舷側と同様に)まずはモールドの切削を行いました。(写真上側が切削前、右側が切削後です) 

bsugasama258.jpg
エッチングに切り替える部分は、主に開放状態の舷窓と換気口、庇やホースなどです。プラのモールドも一部を残す必要があるので、作業の際には「削る部分と削らない部分」をきっちり把握しておくことが必要になります。

bsugasama259.jpg
シェルター甲板の側壁のディテールアップは(ビスマルク製作の中でも最も密度が高い箇所だけに)やり甲斐があります。部品点数も多く、地味な作業の連続ではありますが、非常に模型映えする部分でもありますので、じっくりと丁寧な仕上げを心がけました。

bsugasama260.jpg
ドイツレベルの1/350戦艦『ビスマルク http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-787.html 』製作のときは、これらの側壁ディテールは一枚物の壁面パーツで再現されていたので比較的ラクでしたが、1/200ともなると単体パーツを貼り付けた方が見た目にもメリハリが強調されて効果的なことがわかります。

次回は艦首側のディテールアップも進めていきます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月6日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート×5種&1/32飛行機模型完成品×1機入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号』に1/700駆逐艦『島風』『電』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載(発売中))
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR