FC2ブログ

『奈良模型愛好会 展示会2019』レポート その14

本日は、再び『奈良模型愛好会 展示会2019』のレポートをご紹介します。

20092101.jpg
今回ご紹介するのも、戦車オヤジさんによるドイツ軍AFVです。このご作品は、、4号戦車E,F,G型のシャーシに15cm43式突撃榴弾砲を搭載した突撃戦車『4号突撃戦車 ブルムベア 初期型』で、トライスターモデルの1/35キットをベースに製作されています。シュルツェンの薄さやヒンジの造形が非常に実感的で、実車の重量感が伝わって参りました。

20092102.jpg
続いては、『3号戦車G型』で、ドラゴンのキットの製作品です。マーキングは1941年の北アフリカ戦線の仕様で、前面に垂れ下がるように取り付けられた、予備の履帯が印象的です。『3号戦車』は、サイズとスタイリングのバランスが良く、私も好きな車両でして、過去にはクレオスの1/35スケールのJ型を製作したことがあります。

20092103.jpg
こちらは、1/35の『38(t)ゲパルト対空自走砲』です。『ゲパルト』といえば、西ドイツが1970年代に配備した車両をイメージしがちですが、これは単装型の2 cm Flak 38を搭載した第二次世界大戦中の対空戦車です。キットはドラゴンのもので、自走砲専用車台と上面に搭載された戦闘室の絶妙なバランスが見所でした。

20092104.jpg
この戦車は、1/35スケールのトランペッターモデルキット『KV-1 重戦車改』を製作されたものです。『KV-1』と言えば、ソ連軍の重戦車ですが、このご作品はなんと、ドイツ軍から鹵獲された車両を再現しています。どことなく違和感のあるドイツ軍迷彩が施されているのみならず、砲や防盾、キューポラ等は独軍仕様に換装されており、オリジナルとは異なるフォルムが特徴です。

20092105.jpg
こちらは、AFVとしてはもちろん、カーモデルとしても映えそうな1台で、1/48スケールの『BMW 327』です。第26戦闘航空団司令官のヨーゼフ・プリラー少佐の愛車として有名で、傍らにはプリラー少佐の姿も見ることができます。ニス塗りの木製台座の効果もあって、高級感のある作風が印象的でした。

次回は、再び過去作アーカイブをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png
スポンサーサイト



【過去作アーカイブNo8】 1/24『メルセデスベンツ230G【パリ~ダカール】』

今週は、艦船模型スペシャル次号の作例製作と連載記事の作成に集中しているため、来週にかけては奈良模型愛好会の昨年の展示会のレポートと、過去作アーカイブを中心にご紹介します。

これまで、ブログへの掲載を逃していた完成品や、大きな画像を紹介できなかった作品を中心に、新規に写真を撮り下ろし、新たな解説文を付けてご紹介する『過去作アーカイブ』のコーナー。

今回ご紹介するのは、 1/24『メルセデスベンツ230G【パリ~ダカール】』【2011年製作】です。

bak230g01.jpg
この作品は、(WRCのラリーカーに比べて)キット化されることが少ないラリーレイド仕様の競技車両で、タミヤ扱いのイタレリキットを製作したものです。

bak230g02.jpg
パリ~ダカールラリーにおけるGクラスといえば、(ジャッキー・イクスのドライブで1983年に4輪部門優勝を果たした)ショートボディの280Gが有名ですが、このキットはロングボディの230Gをモデル化しています。

bak230g03.jpg
実車については、私なりに色々と調べてみたのですが、この車はあまり活躍した形跡がないようでして、残念ながら、出自や出場年代がはっきりしませんでした。ですが、『ソノートヤマハ』のロゴが大きく入っているところを見ると、二輪部門の活動に関わっていたことが想像されます。

bak230g04.jpg
このキットは、イタレリから再販される前にはエッシーから発売されていたようで、市販車仕様のキットをベースに、増設タンクとロールケージ、消火器、ラリーコンピューター、グリルガードとマーキング用デカール、フォグランプなどが追加されていました。

bak230g05.jpg
デカールはカルトグラフ製のものが付属しており、側面のモールやプレスラインを跨ぐ部分にも綺麗に密着してくれました。

bak230g06.jpg
下面にはラダーフレームが(ボディとは完全に分離した形で)再現され、実車の堅牢な構造美を楽しむことが出来ます。フロアはボディ同色とし、競技車両らしいシンプルさを演出しました。

bak230g07.jpg
グリルガードには、キット付属のナイロン製の網を切って貼り付けるように指定されています。内側に透けて見えるスリーポインディッドスターや、フォグランプの存在感が良いですね。

bak230g08.jpg
メルセデスベンツGクラスは、もともと軍用車を起源としている車両だけに、質実剛健としたサイドビューが魅力です。キットでは、室内にはノーマルシートを使用するように指定されていたのですが、好みでシートをフルバケットに交換し、4点式のシートベルトを取り付けました。

bak230g09.jpg
ソノートチームといえば、1983年以降は三菱ワークスとタッグを組み、黄金期を作り上げた名門でもあります。ヤマハの輸入代理店も務めていたことから、この車は2輪をサポートする役割を果たしていたことが想像されるのですが、車体の構成や装備――、仕様などは1980年代半ば以降のプライベートチームのイメージに近いのではないかと思います。

イタレリからは、他に1/24『レンジローバー【パリ~ダカール】』も発売されており、現在、水面下で製作を進めているので、近いうちに2台のツーショットを撮影できればと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

『奈良模型愛好会 展示会2019』レポート その13

本日も、奈良模型愛好会の昨年秋の展示会の様子をご紹介します。

20091801.jpg
前回に引き続き、今回も戦車オヤジさんのドイツ軍AVF作品をご紹介します。まずはアランホビーの1/35『2号 sIG33 15センチ自走砲 バイソン Ⅱ』です。実車は火力支援用に12両のみが製造された自走砲で、15cm重歩兵砲s.IG33を車両に搭載し、北アフリカ戦線で活躍しました。なかなか完成品を見る機会が少ない珍しい車両で、ドイツ車両らしい堅牢なイメージが魅力的なご作品でした。

20091802.jpg
続いては、1/35『3号戦車M型』です。GSIクレオスのキットで、M/N型とIII号火焔放射戦車を作り分けられるキットのようで、外装式補助装甲板のシュルツェンが装備された状態を製作されていました。防水弁付きの新型マフラーが印象的な車両で、マーキングは、1943年のクルクスSS第3戦車師団の『トーテンコップフ』が再現されています。

20091803.jpg
こちらはドラゴンのスマートキットで、1/35『2号戦車 C型 増加装甲型』です。スライド金型多様を多用し、インテリアやエンジンまでが再現された魅力的なキットで、マーキングは1941年にリビアで活躍した車両が再現されています。履帯は、ランナーから切り出す必要のないマジックトラックによるもので、実車の機能美が遺憾なく表現されていました。

20091804.jpg
続いても北アフリカ戦線の車両で、ブロンコモデルの1/35『ディアナ 5t ハーフトラック 7.62cm(r) 対戦車自走砲』です。ドイツ軍の「5t ハーフトラック」の荷台に、ソ連軍より鹵獲した『76.2mm野砲 M1936』を搭載した戦闘車両で、『88mm高射砲』に次ぐ対戦車砲として重宝されました。興味深い成り立ちを持つ兵器だけに、精巧な立体物として見ることができて幸運でした。

20091805.jpg
こちらは1/35スケールの自走砲『ナースホルン初期型』です。第二次世界大戦期のドイツ軍自走砲で、キットはドラゴンのものです。自走砲の魅力と言えば、オープントップに収められた対戦車砲ですが、細部まで丁寧に仕上げられ、メカニカルな機能感にあふれていました。小型の転輪が無数に取り付けられた様子を見ると製作の苦労が偲ばれますが、一切バランスを欠くことがない一体感からは、ベテランモデラーの余裕が感じられます。

次回は、過去作アーカイブをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

『奈良模型愛好会 展示会2019』レポート その12

月末にかけては、艦船模型スペシャル次号の作例製作と連載記事の作例に追われていることから、しばらくは『奈良模型愛好会 展示会2019』のレポートと『過去作アーカイブ』を中心に進めて参ります。

展示会のレポートは今年7月以来久しぶりとなりますが、今回は12回目のご紹介になります。

(前回11回目はこちら→ https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html

20091701.jpg
今回からは、AFVモデルの作品群をご紹介します。まずは、奈良模型愛好会の秋展において、いつも大量の作品を出展していただいている戦車オヤジさんのご作品からです。第一弾のこちらは、1/35『ヤークトティーガー初期型』で、タミヤキットを製作されたものです。

20091702.jpg
続いても1/35スケールのドイツ戦車で、こちらはドラゴンのキットベースとなる、ヘンシェル砲塔の『キングタイガー』です。キングタイガーは人気機種とあって、さまざまなメーカーが1/35キットを発売しており、メーカーごとの表現やディテール、プロポーションの違いを見比べる楽しみがあります。

20091703.jpg
こちらもドラゴンキットベースの『キングタイガー』ですが、今しがたご紹介したヘンシェル砲塔ではなく、ポルシェ砲塔が搭載された仕様になります。マーキングは1944年ノルマンディーの第503重戦車大隊の114号車が再現されており、装甲部のツィンメリットコーティングにも綺麗に馴染んでいました。

20091704.jpg
続いても1/35ドイツ戦車で、『パンサーG型』の初期型になります。キットはタミヤ製で、1944年6月、ノルマンディーの武装親衛隊第12戦車師団第12戦車連帯所属の135号車を再現しています。タミヤキットのツィンメリットコーティングはエデュアルドのエッチングを貼り付けて表現するようになっており、モールド表現のドラゴンキットと見比べる楽しみがありました。

20091705.jpg
こちらは、北アフリカ戦線で活躍したロンメルが愛用した車両で、ドラゴンの1/35『Sd.Kfz.250/3 グライフ』です。砂埃を浴びつつも、整備が行き届いているイメージで丁寧に仕上げられた車両本体はもちろん、傍らにたたずむロンメル将軍と幕僚との会話を想像する楽しみもある、ドラマチックな作風が印象的でした。

次回も引き続き、戦車オヤジさんのドイツ軍AFVをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

1/24『トヨタ アルテッツァ RS200 【秋山延彦】』完成

本日は、プライベートで製作していた、1/24『トヨタ アルテッツァ RS200』の完成写真をご紹介します。

bnobualte01.jpg
1/24『トヨタ アルテッツァ RS200』、右側上方からの見下ろしアングル。キットはフジミの「頭文字Dシリーズ」のもので、純正オプションのフルエアロとTRDのアルミホイール、フルバケットシートとマフラー出口などが付属しています。

bnobualte02.jpg
左サイドからのローアングル。車高はノーマルですが、サイドスカートの効果もあって、全体的に低く構えた印象に仕上がりました。

bnobualte03.jpg
リアビュー。フジミキットの特有のクセもあって、フロントホイールとリアホイールのオフセットの差が大きくでてしまっていますが、今回は特に修正もせず、そのまま完成させました。また、テールレンズの塗り分け指定は実車と少し違っていたようですので、この点は多少、修正しています。

bnobualte04.jpg
左サイドのローアングル。スミ入れはもう少し、控えめでも良かったかもしれません。これまで、スポンサーデカールのない4ドアモデルを製作することがあまりなかったので、若干バランスを見誤ってしまいました。

bnobualte05.jpg
ヘッド&テールライトのリフレクターには、メッキパーツが用意されていました。ドアミラーはボディ色単色で塗装するように指示されていたのですが、可能な範囲で実車に近い塗り分けを目指しています。

bnobualte06.jpg
ナンバープレートは、数字を自由に組み合わせるタイプが付属していたので、アニメ版の番号をそのまま再現しました。

bnobualte07.jpg
ボディカラーは黒から立ち上げ、フィニッシャーズの「ファンデーションホワイト」で仕上げました。クリアーコートにはガイアノーツの「EXクリアー」を使用し、バフレックスで下処理の後にGSIクレオスの「Mr.コンパウンド」の「細目」と「極細」を順番にかけて研ぎ出しました。

フジミのキットは開発年代によって当たり外れが大きい印象があるのですが、この「アルテッツァ」はパーツ構成もシンプルで、仕上がりの印象も良い好キットでした。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR