FC2ブログ

2019年12月『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』 その4

ここしばらく、締め切りに追われていた『艦船模型スペシャルNo76』の作例原稿と連載記事は、本日、無事に脱稿しました。

来月15日頃の出版予定となりますので、発売の際にはぜひご覧ください。

(↑↑↑次号では、これまでの作例とは異なる表現のご紹介を予定しております)


さて、本日は昨年12月の『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』のレポート最終回として、艦船模型の出展作品をご紹介します。

20041601.jpg
まずは、『鳶色の会 https://tobiiro.jimdofree.com/ 』の秋山会員こと、けんちっくさんによる1/350航空母艦『天城』です。船体や飛行甲板、そして艦橋を含めた構造物を全て、プラ板でフルスクラッチするという、驚異の工作技術が発揮された名作です。成型品をほとんど使用していないことから、エッジや面が非常に美しく整っており、実艦の佇まいやメカニズムを彷彿とさせてくれます。

20041602.jpg
今回は、製作途中の1/350航空母艦『千代田』もお持ちいただきました。船体は、プラ角棒で組んだフレームに、プラ平板で外板を貼っていく方式で組まれています。デッキやスポンソン平坦部の滑り止めパターンには汎用のエッチングを使用していますが、スポンソン裏側の三角補強板や支柱&ブルワークもプラ板で組まれ、更には煙突までがプラ材の削り出しで自作されています。

20041603.jpg
こちらは、未完成空母の『伊吹』です。船体はタミヤの最上型重巡を流用し、プラ板で自作した格納庫や飛行甲板&上部構造物を被せて製作されたものですが、成型パーツを使用した部分とスクラッチした部分の境目に破綻がなく、自然に仕上下られている様子には本当に驚かされます。見れば見るほど、実物の航空母艦を見ているようで、その世界に引き込まれる魅力を感じました。

20041604.jpg
こちらも、けんちっくさんによるご作品で、1/700で航空母艦『隼鷹』の解体現場を再現したジオラマです。『隼鷹』本体は、ウォーターラインシリーズのタミヤキットをベースとしたもので、飛行甲板が剥がされて格納庫の内部が露出している様子なども伺えます。空母のメカニズムに精通したけんちっくさんならではの知識と技術が存分に活かされ、圧巻の仕上がりでした。

20041605.jpg
細部を見ても、いっさい破綻がありません。語彙力に乏しいもので、なかなかうまくは表現できないのですが、私には「航空母艦に対する畏怖や憧れ」といった想いが、作品から滲み出ているように思います。私も今後、造船所のジオラマ製作を予定に入れてますので、これほどの名作に出会うことが出来て、本当に幸運でした。

20041606k.jpg
1/700の艦船模型は、今回参加したモデラー3名全員が出展することとなり、お互いの作品を見せ合う良い機会になりました。これは前回、飛行機モデルをご紹介した、屋根裏部屋の男さんによる1/700戦艦『扶桑』で、手すりを0.3mm径のプラ丸棒で自作するなど、こだわりの仕上げがなされていました。海面は石粉粘土とグロスポリマーメディウムによるもので、ダイナミックな航行波が表現されています。

20041607k.jpg
私も1/700の日本戦艦を1隻、出展しました。これはフジミの1/700戦艦『金剛』の1941年版です。劇的なイメージを狙って、水平面と垂直面の塗色のコントラストを強めに付けているのですが、写真に撮ると逆光のような写り方になってしまう点が少々心残りです。

20041608.jpg
こちらは、ミッドウェー海戦時の1/700航空母艦『蒼龍』です。飛行甲板上には、ミッドウェー島への第一次攻撃隊の準備風景を再現し、飛行機搭乗員と整備兵のフィギュアを多数、配置しました。

20041609.jpg
1/350の艦船模型作品は、今回は4隻を出展しました。写真上側は、ファインモールドの1/350駆逐艦『綾波』、そして下側は同じく1/350駆逐艦の『島風』です。

20041610.jpg
大型艦では、ハセガワの1/350航空母艦『隼鷹』と――

20041611.jpg
タミヤの1/350戦艦『大和』を出展させていただきました。

20041612.jpg
以上で、昨年12月の『鶉野飛行場周辺活性化イベント』のレポートは終了です。イベント当日は多くの出会いや発見があったため、本当はまだまだご紹介したいネタがたくさんあるのですが、このところ製作予定がおしていることもあって、少々慌ただしいご紹介となりました。

当日、お世話になった方々と、会場にお運びいただきました皆さまに、心より感謝申し上げます。

そして、再び安心してイベントを開催できる日が訪れることを願いつつ、ご挨拶とさせていただきます。

(次回からは、ご依頼品の1/200戦艦『アリゾナ』の製作記を開始します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月3日更新 1/32『紫電改』完成品 再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp
スポンサーサイト



2019年12月『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』 その3

締切に向けての作業もほどほどに落ち着いてきましたので、本日は『モデルファクトリーハイギヤード』の公式サイトを久しぶりに更新いたしました。

20041500.jpg
昨年の冬から先月までにかけての製作ご依頼品と、模型誌掲載作例の計19作品と、新規加入モデラーの情報をあらたに追加しましたので、よろしければご覧ください。

これまでの取引例、計430作品掲載中!
↓↓↓
https://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

さて、本日は前回に引き続いて、『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』のレポートの続きをご紹介します。

20041501.jpg
続いてご案内いただいたのは、爆弾庫です。戦時中、ここには高角砲弾と800キロ、250キロ、50キロ爆弾、そして戦闘機用の機銃弾や燃料が貯蔵されていました。

20041502.jpg
内部の様子。コンクリートの厚みは壁面が70cm、天井が1mもあり、1トン爆弾にも耐える強度が確保されていました。巨大防空壕と同様に、天井はアーチ状に作られ、奥には換気口、全面には(爆風から貯蔵品を守るための)土堤が設けられています。

20041503.jpg
こちらは機銃座です。設置された機銃は、艦船への装備でもお馴染みの25mm連装機銃で、戦時置いては、鶉野飛行場周辺に5カ所の機銃座が配備されていました。(現存するのは4か所です)

20041504.jpg
機銃座の下は弾薬庫になっており、現在も降りることが可能でした。機銃座といえば、空襲の際には敵機の格好の標的にされそうなイメージがありますが、地上からの対空射撃の効果が薄かったこともあって、それほど積極的に狙われることはなかったそうです。

20041505.jpg
ここ数年で、鶉野飛行場周りは機銃座や防空壕などの見学用の整備が随分と進みました。無蓋掩体壕の近くには『T-6 テキサン』が配置され、今後は日本海軍機を模した暗緑色の塗装が施されるそうです。

20041506.jpg
また、この日の鶉野飛行場跡地では「uzurano飛行場フェスティバル」が開催されており、気球のイベントとマルシェも併催され、多くのお客さまで賑わっていました。

20041507.jpg
鶉野中町公民館では、関係者による講演会も催されました。この画像は、柏木さんによる「零戦里帰りプロジェクト」の解説と、零戦の分解輸送&組み立て、始動に至る貴重な記録映像のご紹介の様子です。

20041508.jpg
模型作品の展示は、旧海軍に所縁のあるものが取り揃えられました。これは、屋根裏部屋の男さんのご作品で、ニチモの1/35『紫電改 ~川姫730』の完成品です。垂直尾翼の機体番号は、川西航空機の「姫路製作所 鶉野工場」で製造されたものを自作のステンシルで再現し、飛行機搭乗員と整備兵は、タミヤMMシリーズの日本兵フィギュアの改造にて再現されていました。

20041509.jpg
続いては、山本五十六長官座乗のタミヤ1/48『一式陸上攻撃機11型』です。機体の前半部と後半部で別の時間軸を再現し、前半部は出撃当時――、後半部は、戦後にジャングルで発見された残骸の状態となっています。

20041510.jpg
こちらも屋根裏部屋の男さんのご作品で、アオシマの1/144『救難飛行艇 US-2』です。荒れた海面はスタイロフォームの上に石粉粘土を盛りつけたもので、(一時期、報道をにぎわせた)ジャーナリストの辛坊治郎さんが救助された場面をモデルにした情景モデルに仕上げられていました。

20041511.jpg
次回は、艦船模型の展示作品をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月3日更新 1/32『紫電改』完成品 再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

2019年12月『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』 その2

前回に引き続いて、昨年12月の『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』の様子をご紹介します。

今回と次回は、2日目朝にご案内いただいた、戦争史跡の数々をご紹介します。

20041401.jpg
鶉野飛行場といえば、特に話題を集めているのは、昨年から備蓄倉庫で公開されている『紫電改』の原寸大模型です。(←現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響で休止中)

今回は、残念ながら取材している時間はなかったのですが、昨年7月にいちど撮影に訪れてますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

取材当日のレポート
↓↓↓
https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1806.html

『紫電改』原寸大模型、拡大画像はコチラ
↓↓↓
https://nabeck.web.fc2.com/kindo-san.htm

20041402.jpg
一日目の夜は加西市内のホテルで一泊となりました。夜には『艦スぺ75号』( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1895.html )と、『月刊モデルアート3月号』( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1881.html )の原稿校正などの業務をこなさなくてはいけなかったので、少々慌ただしいスケジュールだったのですが、鶉野飛行場の保存に尽力されている『みらプロ』の為平さんの計らいで、翌朝に『巨大防空壕』をはじめとした、各戦跡をご案内いただきました。

20041403.jpg
田園風景の中にポツンと存在する、このコンクリートの構造物が、巨大防空壕の入り口です。現在はこのように、コンクリートが剥き出しとなっていますが、現役で使用されていた戦時中は土が盛られ、小山のようにカモフラージュされていたそうです。

鶉野飛行場の戦跡をご案内いただくのは、今回が3回目になるのですが、『巨大防空壕』の中をご案内いただくのは、今回が初めてとなりました。

20041404k.jpg

これが巨大防空壕の見取り図。長さ14.5m、幅5m、高さ5mの内部空間を持つ、基地最大のコンクリート製防空壕です。自力発電施設としても活用され、高温、騒音対策にために天井を高くするなど、冷却水槽と吸排気に配慮した構造となっています。

20041405.jpg
扉を開くと、中には人がひとり通れる幅の急階段が通されています。

20041406.jpg
内部の通路に降り、(今降りてきた)階段を振り返った様子。左側の開口部が、巨大防空壕の入り口です。

20041407.jpg
入り口から巨大防空壕内部を写した様子。天井は、床の幅に近い高さであることから、5メートル近くはありますでしょうか? アーチ状にコンクリートが張られ、非常に頑強な作りとなっています。、

20041408.jpg
これは、先程の写真の左奥に写っていたコンクリート製の台座で、発電機の設置台の跡です。人の大きさと比較することで、発電機のサイズや規模が偲ばれます。

20041409.jpg
これは、防空壕の右奥に設けられた開口部で、垂直方向に穴が開けられて外に繋がっています。(おそらくは、発電機の吸排気のダクトを通していたのでしょう) 

20041410.jpg
この写真は、巨大防空壕の奥から入り口方向を写した様子です。画像に写っている女子高校生は(一見、修学旅行生のようにも見えますが)地元の高校から参加している、ガイドスタッフの皆さまです。 この時は、「お客さんをご案内したときの、照明を点けるタイミング」についての指導を受け、熱心に耳を傾けておられました。

次回も引き続き、鶉野飛行場関連の史跡見学のレポートをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月3日更新 1/32『紫電改』完成品 再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

2019年12月『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』 その1

先週から今週にかけましては、艦船模型スペシャル誌76号の作例製作と原稿&連載記事の作成に追われておりましたが、今週半ば頃には脱稿の見込みですので、週の後半からは次回のご依頼作品となる、1/200戦艦『アリゾナ』製作記を開始する予定です。

それまでは、引き続き別の模型ネタとして、昨年12月に参加した『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』をご紹介します。

モデラーズフェスティバルのレポートに引き続いて、昨年度のイベントレポートになりますが、ぜひご覧ください。

20041301.jpg
イベント当日に向けての告知ポスター。鶉野飛行場は、かつて川西航空機姫路製作所組立工場の専用飛行場として建設された場所で、海軍極致戦闘機『紫電改』にゆかりのある戦争史跡として知られています。

また、昨年6月からは『紫電改』の実物大模型の公開を開始したことで、多くの飛行機ファンや、戦史に興味のある方にも有名なスポットとなりました。

20041302.jpg
会場は、兵庫県加西市鶉野の『鶉野中町公民館』です。私の居住する奈良市からは、およそ130km――全線高速道路使用で約2時間程度の距離です。なお、個人的なお話になるのですが、実は昨年夏、実家と共同所有していた『スズキ ジムニー(JA11)』を手放してしまいまして、今回は唯一の愛車である『トヨタ MR2(AW11) https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-6.html 』での作品輸送となりました。

会場に出展する作品数は、1/350大型艦が2隻、駆逐艦が2隻、そして1/700作品が2隻( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1859.html )ということで、それほど多い方でははなかったのですが、(荷物の搭載能力が高い車とはいえないため)載せ方にはかなりの工夫が必要になりました。

20041303.jpg
公民館内にはパネルによる展示もなされており、鶉野をはじめて訪れる方にも配慮が行き届いています。

20041304.jpg
私たちが作品を展示させていただいたのは、大会議室という最も大きな部屋です。ここは講演会の会場も兼ねており、演台と液晶モニター、そして聴衆用の座席が設けられました。

20041305.jpg
作品の配置が完了した様子。この日、模型作品を出展したのは、モデラーの中では最も古くから鶉野での活動に関わっている、「屋根裏部屋の男 http://blog.livedoor.jp/yanesan/ 」こと、芦田秀之さん、そして私と同じく『鳶色の会 https://tobiiro.jimdofree.com/ 』会員のけんちっく( http://tospop.livedoor.blog/ )こと、秋山敏郎さん、そして、私、HIGH-GEARedこと渡辺真郎の3名です。

20041306.jpg
また、エントランス前には書店ブースも展開され、『紫電改のマキ』が全巻、取り揃えられました。その隣では私も物販をさせていただき、CHERRY&ANCHOR取扱商品の『飛行機ミニチュアアクセサリー https://www.cherry-anchor.com/shopbrand/ct17/ 』を、多くのお客さまにお買い求めいただきました。

20041307.jpg
こちらは、一昨年の『加西・うずらの飛行場関連海軍航空隊・地域間連携(筑波-鶉野-宇佐)シンポジウム https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1596.html 』いらい、お世話になっている柏木さんが出展された、実物の航空機の部品類です。実物そのもの展示ということで、「見え触れて実物を知る――」とても良い機会になりました。

20041308.jpg
当日の展示室は、このような賑わいでした。地域の活性化に密着している専門家の方から小さなお子さまの訪問もあり、たいへん有意義な時間を過ごさせていただきました。

次回は、当日見せていただいた鶉野飛行場界隈の史跡の数々をご紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月3日更新 1/32『紫電改』完成品 再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

『伊丹スカイパーク』から、大阪国際空港への離発着を見学

昨日に引き続き、今回も大阪国際空港での航空機の離発着見学の様子をご紹介します。

19121701.jpg
千里川堤防での見学を終えたあとは、車で5分ほどのところにある『伊丹スカイパーク http://www.city.itami.lg.jp/skypark/ 』に移動しました。この施設は、空港の滑走路に沿って作られた細長い公園で、駐車場のみが有料で入園料は無料です。

19121702.jpg
空港を間近に見られる展望スペースはいくつかあるのですが、この日は駐車場がある北エントランスに程近い『大空の丘』から、飛行機の離発着の様子を楽しみました。

19121703.jpg
前回ご紹介した『千里川堤防』のちょうど対岸にあることから、堤防側から着陸コースに入る機体は、このように見えます。

19121704.jpg
ここからだと、離着陸する機体を側面から見ることができるので、胴体のシルエットを詳細に観察するのに最適です。

19121705.jpg
滑走から離陸に向かう『エンブラエル170』。この機体は、『大空の丘』のちょうど正面から滑走を始め、軽々と離陸していきました。

19121706.jpg
一方、『ボーイング777』のような大型機は、丘から向かって右側にあたる南東側から滑走し、かなりの勢いをつけてから離陸します。

19121707.jpg
『ボーイング737』の離陸の瞬間。この写真では分かりづらいですが、(着陸の時と同様に)機首を右に傾けて、横風に逆らいながら飛び立ちました。


『伊丹スカイパーク』の『大空の丘』から見た、ANA機の離陸シーン。滑走路を真横から見るため、スピード感を存分に楽しむことが出来ます。(2019年10月13日撮影)

19121708.jpg
前回の記事で着陸シーンを真下からご紹介したJAL『ミニオンジェット2』も再び離陸し、慌ただしく空の世界に戻っていきました。

19121709.jpg
この日は(タイミング的に)急に日が短くなる時節だったこともあり、現地滞在時間は2時間ほどの短時間となりましたが、駐屯地祭に行けずに寂しい思いをしていた身としては、かなりいい気晴らしになりました。

次回はもっと綿密にスケジュールを練ったうえで滞在時間を確保し、空港の情景をもっとゆっくり楽しめればと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninkibhikouki.png
艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350航空巡洋艦『最上』作例記事掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年2月号』の企画記事に参加予定。12月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。来年2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。来年5月15日発売予定
┗ モデルアート社より、渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版予定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年11月28日、1/32航空自衛隊機完成品 新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回イベント参加のお知らせ
┣ 『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント 航空機装備品・海軍艦艇精密模型展示会』
┣ 日時:2019年12月21~22日(10:00~15:00)
┣ 開催場所:兵庫県加西市鶉野町2083 「鶉野中町公民館」
┃ (「艦船模型スペシャル」誌作例などの艦船模型作品と、航空機装備品の展示)
┣ 主催:うずらの飛行場未来プロジェクト
┣ 後援:加西市
┗ 出展団体:(株)ゼロエンタープライズ・ジャパン、モデルファクトリーハイギヤード

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR