FC2ブログ

1/700日本郵船『新田丸』リファイン完了!

今年6月15日のブログ記事( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1229.html )の中でご紹介しておりました、アオシマの1/700日本郵船『新田丸』のリファイン作業が完了しました。

本日は、リファイン後の作品写真をご紹介します。

bnittamarur01.jpg
アオシマ1/700貨客船『新田丸』、右舷前部からの全景。この作品は2006年の製作で、自身がまだ20代だった頃に完成させた思い出の一作です。

bnittamarur02.jpg
この『新田丸』は、本格的に客船の模型に興味を持ち始めた当時の作品ということで、完成後も思い入れが深く、3回に渡る引っ越しの際にも必ず手元に置きつつ大切に展示&保管を続けて参りました。ですが、さすがに展示期間10年を越えると劣化も激しく、また近年製作の作品と比べると完成度に置いても少々見劣りするようになってきていたので、今年の春から少しずつ修復と若干の追加工を進めて参りました。

bnittamarur03.jpg
修復箇所で最も時間を費やした箇所は主に張り線です。ナイロンテグスの収縮の問題で各所に破損が生じていたので、いちど全ての張り線を取りはらった上で、メタルラインへの交換を行いました。(←残念ながら、写真ではほとんど見えませんね)

bnittamarur04.jpg
また、張り線の交換に際して旗竿を0.3ミリ径の真鍮線で作り直したほか、煙突の『二引マーク』もデカール表現から塗装表現に改めました。(これにより、以前省略していた箇所のマーキングも補填されて完全なかたちとなりました)

bnittamarur05.jpg
海面ベースも新規に作り直し、以前のアクリル板を使用した海面表現から、メディウムによる製作方法に改めています。(船尾の開放式プロムナードはできれば開口して内部表現をしたいところなのですが、後加工は難しそうですので断念しました)

bnittamarur06.jpg
写真奥は、昨年秋製作のフジミ1/700大阪商船『あるぜんちな丸』です。両作品の製作年代には10年の開きがありますが、並べて展示しても遜色のない雰囲気に仕上がってくれました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号』に1/700駆逐艦『島風』『電』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載(発売中))
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com

スポンサーサイト



1/700 日本郵船 貨客船『新田丸』完成

製作ご依頼を頂いて製作していた、1/700日本郵船『新田丸』が完成しました。

『新田丸』は、日本郵船が欧州航路に就役させることを目的として建造した豪華客船で、それまで欧米に頼っていた設計、鋼材、艤装、調度品などを全て国産化した上、空調を標準装備したことで、当時としては非常に画期的な船でした。

しかし、第二次世界大戦の影響で欧州航路に就役することは叶わず、海軍に徴用されて航空母艦『冲鷹』に生まれ変わることになりました。

okasama01.jpg
↑キットは、アオシマ製です。冲鷹と船体が共通となっているあたり、懐かしさを感じる構成になっています。

私はこれまで、1/700艦船模型を多数製作してきて、正直、現行品番で買えるキットの中では、この新田丸型が組み立て難度、塗り分け難度ともに最も厳しいキットと言えるのではないかと、常々思っております。 

パーツ分割がとにかく特殊なので、デッキを水平に組むのが難しく、また、取り付けダボなどはあってないようなものなので、構造物の前後方向のズレはもちろん、左右対称になっているかのチェックも欠かせません。 

組立自体には特別な能力は求められないものの、満足のいく仕上げにしようと思ったら、相当な『新田丸愛』がないと難しいキットと言えますが、幸いにして、私はその新田丸愛と豊富な資料を持っているので、6年前に製作した自分用に引き続き、ご依頼品として新たに一隻を完成させることができました(笑)

okasama02.jpg
↑組立には苦労するものの、組み上がれば美しいシルエットとなるのが、昔のアオシマキットの特徴です。

okasama03.jpg
↑手すりのある部分はほとんどがブルワークとして再現されているので、全て切り取り、エッチングの手すりに変えております。

okasama04.jpg
↑構造物側面には窓がモールドされていないので、黒で書き込みました。エッチングのシュラウドを付けることで、精密感の高い客船模型に仕上げることができます。

okasama05.jpg
↑ブリッジの左右には大穴が空いていて空っぽの船内が丸見えになるので、裏側からプラ板で塞ぎました。

okasama00.jpg
↑前回制作時にはブリッジ両脇の合わせ目の処理に困りましたが、船体と構造物をこのような状態まで組み立てて処理すると、あとの工程が楽になるのでオススメです。 

1/700日本郵船『新田丸』は、現行ウォーターラインシリーズで最も難易度が高いキットと呼んで差し支えないと思われますが、『あるぜんちな丸』『ぶらじる丸』『報国丸』など、このところ地味にラインナップが拡大している戦前型の客船をコレクションするなら避けては通れない道ですので、ぜひ多くの客船ファンに製作していただきたいと思います。


客船模型をはじめ、あらゆる船の模型の製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR