FC2ブログ

1/700大阪商船『あるぜんちな丸』完成

客船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、フジミの1/700大阪商船「あるぜんちな丸」が無事に完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

bkatosama101.jpg
1/700大阪商船「あるぜんちな丸」、右舷船首側からの全景。流麗な船体形状はもちろん、上部構造物の曲線美は戦前日本の客船の造形美の頂点とも称される美しいものです。

bkatosama102.jpg
1/700大阪商船「あるぜんちな丸」、左舷船尾側からの全景。キットはフジミの帝国海軍シリーズのフルハルキットを使用し、手すりやラッタルは、汎用エッチングパーツにて再現しました。

bkatosama103.jpg
左舷船首付近の様子と、曲面デザインが採り入れられたブリッジのクローズアップ。お客さまのご希望で、舷側には日の丸を描いたマーキングを再現しています。

bkatosama104.jpg
同じく、右舷船首付近をやや後方から捉えた様子です。ダビットはキットに付属のステンレスエッチングで再現しました。

bkatosama105.jpg
左舷中央部付近から船尾にかけての様子。大量の救命ボートも美しく配置され、暑苦しくない雰囲気に仕上げられている点は、さすがです。

bkatosama106.jpg
今回使用した汎用エッチングは、手すりはテトラモデル、ラッタルはフライホークのものです。手すりは部分的に最上段のみウッドブラウンを差し、木が張られたイメージを表現しました。

bkatosama107.jpg
プロムナードデッキ開口部は(今回は純正の別売りエッチングを入手できなかったために)支柱の再現ができなかったのですが、内部の居住区の窓にしっかりとスミを入れた影響で、思ったより間延び感のない仕上がりとなりました。

bkatosama108.jpg
なお、張り線は0.1号のメタルリギングで処理しました。客船模型はデリックブームのケーブルを張ると、俄然リアリティが増します。

bkatosama109.jpg
「あるぜんちな丸」から改装されて航空母艦に生まれ変わった「海鷹」とのツーショット。今回のご依頼では、改装前と改装後の姿をフルハルで見比べることができ、たいへん有意義な製作内容となりました。

次回は、1/35「74式戦車」の製作記をご紹介します。

●業務連絡
「海鷹」および「あるぜんちな丸」ご依頼のお客さま、拡大画像は9月3日中にお送りしますので、
恐れ入りますがもうしばしお待ちくださいませ。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp
スポンサーサイト



1/700大阪商船『あるぜんちな丸』製作 その2

客船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700大阪商船「あるぜんちな丸」のフルハルモデルを製作中です。

19083001.jpg
今回も、「あるぜんちな丸」製作の続きをご紹介します。前回までに船体とデッキの塗装が完了しましたので、まずは船体の各部と垂直面の窓にスミ入れを施し、最下段のデッキと居住区の外壁を接着しました。

19083002.jpg
続いて、上の層を重ねていきますが、(デッキの枚数が多いだけに)合わせ目に少しでも隙間があると、最終的に各層が少しずつ上にズレてしまって最上段のレベルが合わなくなってしまいます。今回はそうしたトラブルを防ぐ目的で、上段の各層は船体に取り付ける前に先に接着を済ませ、ブロックごとに積み上げていく方法を採りました。

19083003.jpg
組み立て中の船体を後部から見た様子。キャビン後部のデッキの青い部分は、水泳場にあたる部分です。

19083004.jpg
「あるぜんちな丸」級客船の特長である、美しい曲面構造のブリッジは2層にパーツ分けがなされて、ブリッジの窓や開口部が繊細に表現されています。

19083005.jpg
これで、船体主要部の組み立てが無事に完了しました。

19083006.jpg
続いて、救命ボートとマスト、デリックポストやブーム、通風筒などを取り付け、ようやく完成のイメージが見えてきました。

実際には、ボートダビットやラッタル、張り線や手すりなどの取り付けが終わっていませんので、まだ少し時間がかかる見込みですが、次回の更新時には完成写真をご紹介できればと思います。(←明日は原稿を書く仕事があるため、間に合うかは少々微妙な状況ですが、頑張ります)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/700大阪商船『あるぜんちな丸』製作 その1

前回の1/700航空母艦「海鷹 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1780.html 」に引き続き、今回からは、その「海鷹」の改装前の姿である、大阪商船「あるぜんちな丸」の製作をご紹介します。

19082901.jpg
キットはフジミ製を使用し、前回の「海鷹」と同様に、フルハルモデルとして製作します。

19082902.jpg
「あるぜんちな丸」と「海鷹」は船型が完全に同じですので、船底パーツも共通のものが用意されています。例によって吃水板を挟んで船体上部と船底パーツを接着し、基本部分の組み上げは完了となります。

19082903.jpg
船底部が「海鷹」と共通ということは、パーツの合いの劣悪さも共通ということを意味します。吃水板は場所によっては窪んでいたり、出っ張っていたりと、難しい処理を強いられますが、焦らずじっくり修正にかかりました。

19082904.jpg
前回、あまり詳しく紹介していなかった修正方法ですが、まずは合わせ目に瞬着パテを流したのち、視認性の良い黒サフを全体に吹いてから、合わせ目付近をきっちり磨き込む方法で行いました。

サフが落ちたところは磨き込みが完了したところになるので、再びサフを吹き、まだ残っている部分には再び瞬着パテを流して磨き込み……という作業を繰り返します。

19082905.jpg
同様の作業を4回程度繰り返した時点で、合わせ目の段付きは滑らかなラインに改善されました。

合わせ目を磨き込む際には、船体のラインを崩してしまわないよう、力加減やペーパーの番手の選び方をシビアに行う必要があるのですが、私は幸い(会社勤めをしていた頃に)樹脂製品の試作品の仕上げやモックアップ品の製作をしていた経験があるため、このような「荒れた面の修正」は得意分野となりました。

19082906.jpg
フジミの「あるぜんちな丸」は、デッキ構成が実船に準じて非常に繊細に再現されており、パーツもかなり多くなっています。

19082907.jpg
これだけデッキが多いとなると塗り分けが大変なのですが、今回はこの塗り分けを助けてくれるツールとして、モデルファクトリーハイギヤードの「1/700貨客船「ぶら志る丸」「あるぜんちな丸」(F社)用 甲板塗装マスキングシート http://www.cherry-anchor.com/shopdetail/000000000279/ 」を使用しました。

(パッケージは「ぶら志る丸」用となっていますが、「あるぜんちな丸」にも対応しています)

19082908.jpg
このシートは、最初からフジミの「あるぜんちな丸」級に合わせた形状にカットされているので、デッキ色を塗った後に貼り、ウインチや船倉ハッチなどの塗色を順番に重ねて仕上げていきます。

19082909.jpg
こうして、枚数の多いデッキも簡単に塗りあがりました。モデルファクトリーハイギヤードの甲板塗装用マスキングシートは、下記通販サイト「CHERRY&ANCHOR」にて、種類も豊富にそろえておりますので、艦船モデラーの皆さまはぜひご活用ください。

CHERRY&ANCHOR 甲板塗装マスキングシート通販ページ 
↓↓↓
http://www.cherry-anchor.com/shopbrand/ct14/

19082910.jpg
デッキの塗装と並行して、船体の方も無事に塗りあがりました。船体舷側のホワイトラインは塗装による表現で、ブリッジ下の途切れた部分には、日の丸のマーキングを追加する予定です。

次回も、1/700大阪商船「あるぜんちな丸」(フルハルモデル)製作記をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/700大阪商船『あるぜんちな丸』完成

本日は、今月半ばに開催された『奈良模型愛好会 第9回展示会』に合わせて製作していたプライベート作品、1/700大阪商船『あるぜんちな丸』の完成写真を御紹介します。

baruzenchina01.jpg
1/700大阪商船『あるぜんちな丸』、左舷前方からの全景。キットはフジミの特シリーズのもので、1/700客船キットとしては比較的新しい2008年発売の製品です。

baruzenchina02.jpg
1/700大阪商船『あるぜんちな丸』、右舷後方からの全景。ディティールアップにはフジミ純正の専用エッチングパーツを使用し、プロムナードデッキ開口部の支柱を追加したほか、レインボーモデルのタイタニック用セットの余剰パーツから手摺&ラッタルなどを取り付け、シュラウドには海魂の戦艦用を流用しました。

baruzenchina03.jpg
ブリッジから船首にかけてのクローズアップ。実船の設計は国内を代表する客船設計の大家、和辻春樹博士によるもので、ノーシア&ノーキャンバーで丸みを帯びた上構や煙突の流麗なデザインが非常に魅力的です。

baruzenchina04.jpg
海面ベースは、リキテックスで着色した上にグロスポリマーメディウムを塗り重ねて製作し、航行波はヘビージェルメディウムを盛りつけました。波頭はこれまではガッシュのミキシングホワイトで着色していたのですが、今回は少しやり方を変えてみまして、メディウムにグラスビーズを混ぜたものを使用してみました。

baruzenchina05.jpg
船体中央部の様子。救命ボートのダビットは、キットに付属のエッチングパーツで仕上げました。プロムナードデッキ開口部の細い支柱は、別売りのエッチングによるものです。

baruzenchina06.jpg
船尾付近の様子。階段状のデッキとラッタル、水泳場などが魅力的なカットです。なお、塗装の際には舷側の吃水線付近にのみ、軽く艶ありクリアーをコーティングしました。これにより、水面の波頭が船体に写り込んで絵画的な仕上がりとなりました。

baruzenchina07.jpg
隣に並べている客船は(今からちょうど10年前に製作した)、アオシマの1/700日本郵船『新田丸』です。

今年は客船模型製作の当たり年となりましたので、この勢いで次回はピットロードの1/700大阪商船『報国丸』の製作に挑戦しようと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/

1/700大阪商船『あるぜんちな丸』製作

本日は、今月中旬に開催された『奈良模型愛好会 第9回展示会』に合わせて製作した、フジミの1/700大阪商船『あるぜんちな丸』の製作の様子を御紹介します。

1609291.jpg
先日の1/700『タイタニック http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1020.html 』と『シーボーンプライド』完成が追い風となり、今年3隻目のプライベートでの商船模型の製作となりました。所謂、『日の丸船隊』の大型外洋客船としては、ちょうど10年前の『日本郵船 新田丸』以来となります。

1609292.jpg
このキットの特徴は、なんといってもデッキパーツの多さにあります。実船のフロア構成が複雑なこともあって、合計12枚のデッキパーツの裏表両面を塗り分けるのはそれなりに手間ですが、その分、戦前型の客船の構造を知ることができて楽しい製作となりました。

1609293.jpg
船体側面のプロムナードデッキの外壁には、とても大きな開口部が多数あります。実船ではこの部分には細い支柱がたくさん入っているので、フジミから発売されている「ぶらじる丸、あるぜんちな丸用エッチングパーツ」を使用して追加しました。写真下側に写っている(パーツ番号22番の)支柱などをチマチマと差し込んで仕上げていきます。

1609294k.jpg
支柱および手摺などのエッチングを取り付けた様子。なお、エッチングの説明書では(何故か?)船体後部側の開口部への支柱の取り付け指示がありませんでしたので、実船写真を参考に余剰パーツを使用して追加しました。

1609295.jpg
(黄橙色を下地に)タンを上塗りしたデッキを、船体に仮組してみました。船首部分のみ、船体とデッキのパーツの合いの良くない部分がありましたが、それ以外の部分については概ね良好です。

1609296.jpg
ブリッジの左右両舷にはかなり目立つ合わせ目が発生するので、このあたりはきっちり埋めておくと仕上がりが断然良くなります。

1609297.jpg
白塗装の前には例によって透け止めの黒に続いてオキサイドレッドを下地に吹きました。先ほどのブリッジの合わせ目に加えて、船体と吃水板の合わせ目もこの段階で綺麗に整えています。

1609298.jpg
デッキパーツ上の各構造物を塗り分け、各フロア上の居住区の外壁を接着していく様子です。写真には写っていませんが、デッキパーツ裏側には全て外舷色のホワイトをムラなく塗装しました。(床面の一部が青くなっている様子が伺えますが、ここは水泳場の底にあたる部分です)

1609299.jpg
窓のモールドにスミ入れを施し、下のデッキから順番に積み重ねていく様子。乗組員や乗客になったつもりで、各デッキや回廊の様子を確かめながら組み立てて行きました。

16092910.jpg
ブリッジや煙突の組み立ても完了し、あるぜんちな丸の全容がいよいよ見えてきました。あとはデリックと救命ボート、空中線と手摺&ラッタルなどを取り付ければ完成です。 今回は海面ベースも製作しましたので、それらを含めた完成写真は明日、公開します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR