FC2ブログ

1/700 大阪商船『に志き丸』完成

本日は、先月末頃に久しぶりに完成したプライベートな作品をご紹介します。

業務外での艦船模型(船舶模型)の完成は、今年の奈良模型愛好会春展前に完成した、戦艦敷島以来となります。

昨年も、同じ時期に1/700で関西汽船の客船『くれない丸』を製作しましたが、同じ流れを組んで、今回も1/700の内航客船の大阪商船『に志き丸(にしきまる)』を制作しました。

nishikimaru01.jpg
キットは、シールズモデルのレジンキットです。モデルアート社との共同企画『日本の客船』シリーズから登場したキットで、防護巡洋艦『松島』や『くれない丸』などの、これまで製作してきた同社のレジンキットと同様に、大変組みやすく、精度の高いキットでした。

nishikimaru02.jpg
ディティールアップは手摺りを取り付けたほか、空中線を追加したのみです。内航客船のため、比較的小ぶりの船ですが、フロア構成やデザインが凝っているので、一見すると外航客船のような趣がありますね。『瀬戸内海の女王』と謳われたことも納得の美しさです。

nishikimaru03.jpg
『くれない丸』と比較すると随分昔の船とあって、デッキ上にはラッパ型の通風塔が多く取り付けられています。戦前に建造された『に志き丸』は、戦時中には海軍に徴用され、潜水学校所属となりましたが、戦中を無事に息抜き、戦後業務に携わったあとは瀬戸内海航路に復帰を果たしました。

nishikimaru04.jpg
さきほどから「小さいキット」ということを強調していますが、具体的にどの程度小さいのか?をわかりやすくするために、100円玉を並べてみました。

nishikimaru05.jpg
現在、横浜港で活躍中の『ロイヤルウイング』のかつての姿である『くれない丸』とのツーショット。この2隻はよく似た大きさであることがわかります。ロイヤルウイングも、近くで見るとそれなりに大きな船ですが、1/700だとこの程度なのですね。(それだけに、普段製作している大戦期の艦艇の巨大さを実感します) 

nishikimaru06.jpg
ちなみに、近代型の長距離カーフェリーと大きさを比較すると、このような具合です。



なお、この『に志き丸』の製作の様子は、各種模型雑誌や『プラモつくろう』でお馴染みの人気プロモデラー、渡来人さんこと長徳佳崇さんの主催するニコニコ生放送『スケールモデル祭り』にてご紹介いただく予定になっています。

スケールモデル祭り公式ブログ → http://modelersfes.blog.fc2.com/

長徳さん独特の模型愛溢れる語りで、バラエティ豊かなモデラーさんと、その作品が多数ご紹介されますので、模型ファンの皆様は是非ご覧くださいませ(お披露目放送は日時が決定し次第、長徳さんのツイッター、放送、ブログなどにて告知されるそうです)

私も、スケジュールに問題がなければ、ぜひ生放送を拝見させていただこうと思います。



toujinbarasama04.jpg
こちらは、明日には完成予定の1/700大淀です。

「あれ?なんだかバランス変わってない?」と思われた方もおられることでしょう(笑) 実は、これは架空戦記作者の方からのご依頼で製作した架空の仕様です。 詳しくは改めてご紹介しますので、是非ご覧ください。


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
スポンサーサイト



プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR