FC2ブログ

1/700フローティングパビリオン羊蹄丸 完成


お客様より製作代行のご依頼をいただいている『船の科学館ジオラマ』に乗せる、1/700『フローティングパビリオン 羊蹄丸』が完成しました。

前回日記でご紹介したように、『青函連絡船 羊蹄丸』をベースに『フローティングパビリオン 羊蹄丸』にするべく、一部装備品の切削を行っています。

yotemaseisaku05.jpg
↑キットはバンモデリングの製品です。このメーカーのレジンキットは完璧過ぎて何も言うことはありません(笑)

yotemaseisaku06.jpg
↑装備品が減ったことで、保存船舶独特の、少々殺風景な雰囲気が再現できました。

制作ご依頼品では、他に1/350伊400、1/700空母ジョージ・ワシントンも同時進行中です。

これらも来週アップして参りますので、興味のある方はぜひご覧ください。

niihama.jpg
↑今年6月、新居浜港で撮影した羊蹄丸。 残念ながら、羊蹄丸はこのあとすぐに解体されてしまいました・・・。


保存船舶を巡る旅行記やクルージングレポートを多数掲載、HIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!をぜひご覧ください!
↓↓↓
HIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!
スポンサーサイト



1/700フローティングパビリオン羊蹄丸 その1

依頼品として製作している1/700『船の科学館ジオラマ』に乗せる、羊蹄丸を製作中です。

本日中に完成まで行きたかったのですが、急な出荷やネットショップの品出しなどが重なり、本日は塗装、組み立てまでとなりました。

yotemaseisaku01.jpg
↑あとは後部マストと手すりを取り付け、デカールを貼れば完成です。

このジオラマは、今年5月に自分用に製作したものをご覧になったお客様からご依頼いただいたもので、二回目の製作となることから、前回やり残した部分も思い残すことなくやろうというスタンスで進めています。

前回、羊蹄丸でやり残していたのは、ライフラクトの数の調整と、後部デッキのベンチの撤去です。

具体的に、どこがどのように変わるのか、下記の画像で説明しているのでご覧ください。

yotemaseisaku03.jpg
↑上がグーグルアースよりのキャプチャ画像。下が前回製作の羊蹄丸です。バンモデリングのキットは羊蹄丸の現役時代を忠実に再現しているため、船の科学館にて保存されていた時と若干配置が異なっています。

具体的には赤い丸で示した部分のライフラクトと黄色い丸で示したベンチは不要となりますので、削り落としました。

yotemaseisaku04.jpg
↑2隻を並べると、違いがよくわかりますね。上が修正後の羊蹄丸(現在製作中)、下が前回製作の羊蹄丸(今年5月製作)です。

ジオラマ本体の製作は、現在業者に特注しているベースの製作が遅れており、スケジュールが少々遅延しておりますが、引き続き製作記録を掲載してまいりますので、また是非ともご覧くださいませ。(山下公園ジオラマも、少しずつ進行しております)


1/700港湾ジオラマ模型製作は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR