FC2ブログ

1/700川崎汽船『君川丸』完成

本日は、プライベート作品として製作していた、川崎汽船『君川丸』の完成画像をご紹介します。

bkimikawamaru01.jpg
1/700川崎汽船『君川丸』、左舷からの全景。ベースキットには、アオシマの特設水上機母艦『國川丸』を使用し、航空作業甲板の撤去&3番マスト追加などの基本工作に加えて、各部に細々と手を入れ、(徴用前の)貨物船だった時代に逆改造しました。

bkimikawamaru02.jpg
1/700川崎汽船『君川丸』、右舷後部からの全景。塗色は絵葉書の図案などを参考にしていますが、そのままではコントラストが強すぎるので、不自然でない程度に落ち着かせました。船体とマストのグレーはイメージを大きく左右するので、明度をどの程度にするか悩んだのですが、Mr.カラーの31『軍艦色1』で塗装しています。

bkimikawamaru03.jpg
左舷船首からブリッジにかけてのクローズアップ。船首の船名表示は、キットに付属している純正デカールの右下に印刷されている商品名の記載「1/700WL 水上機母艦 君川丸」から、船名の白文字部分を切り分けて使用しました。同じデカールをアフターサービスに2枚追加注文し、左右両舷と船尾にも同じ処理を施しています。(←左舷のみ左書きで、右舷と船尾は右書きに順番を入れ替えて使用)

bkimikawamaru04.jpg
ブリッジから船尾にかけてのクローズアップ。3番目のデリックポストはキットには付属していないので、アフターサービスで取り寄せたものを取り付けました。また、船尾のフライングデッキも、キットのパーツは砲座が一体成型されているため、リブ入りプラ板で自作しています。

bkimikawamaru05.jpg
船首右舷側の様子。舷側の舷外電路モールドは切削し、省略されている舷窓もドリル加工で追加しました。他には船倉ハッチ周りのモールドを省略して商船時の仕様に戻したほか、揚錨機も形状を変更しています。また、2番~3番デリック上のマストは撤去し、ポスト間のトラスも取り除きました。

bkimikawamaru06.jpg
エッチングは、アオシマ純正の物をメインにしていますが、後部デッキなどは(航空作業甲板省略によって)高さが変わってしまっている関係で一部のラッタルが使えず、フライホークの汎用パーツで補填しています。また、フライングデッキ周りの手摺りも純正のものでは形状が合わないので、テトラモデルのパーツを使用しました。

bkimikawamaru07.jpg
デリックブームは、キットでは「立てた状態」と「斜めに展開した状態」を選択できるようになっていたのですが、個人的には倒した状態が好きなので、基部を加工して全て倒した状態としました。(上部構造物前後のクロスして収納されている部分は、実船の空撮写真を参考にしています)

今年は岡崎汽船『日豊丸』( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-158.html )にはじまり、日本郵船『讃岐丸』( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-151.html )、山下汽船『日本丸』( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-156.html )、川崎汽船『君川丸』( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-157.html )と、プライベートでは(橘丸を除いては)貨物船の製作が連続しました。

今年一年間の製作数としては(1/700商船×5隻は)上々と言えるのですが、来年はプライベート作品の製作数がかなり絞られる見込みですので、今年中になんとか貨物船をもう一隻を完成させたいと思っています。

年末頃にかけて、今年最後の作品を発表できるように頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190407ninki0kontena.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350航空巡洋艦『最上』作例記事掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年2月号』の企画記事に参加予定。12月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。来年2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。来年5月15日発売予定
┗ モデルアート社より、渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版予定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年11月28日、1/32航空自衛隊機完成品 新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回イベント参加のお知らせ
┣ 『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント 航空機装備品・海軍艦艇精密模型展示会』
┣ 日時:2019年12月21~22日(10:00~15:00)
┣ 開催場所:兵庫県加西市鶉野町2083 「鶉野中町公民館」
┃ (「艦船模型スペシャル」誌作例などの艦船模型作品と、航空機装備品の展示)
┣ 主催:うずらの飛行場未来プロジェクト
┣ 後援:加西市
┗ 出展団体:(株)ゼロエンタープライズ・ジャパン、モデルファクトリーハイギヤード
スポンサーサイト



1/700川崎汽船『君川丸』製作

本日は、プライベート作品の製作の様子をご紹介します。

昨年はプライベートの船舶模型が一隻も完成しなかった反動もあり、今年は貨物船をメインに、製作ペースを上げて参りました。

19120501.jpg
今回製作したのは、川崎汽船の貨物船『君川丸』です。『神川丸、聖川丸、君川丸、國川丸』の四姉妹船として建造された本級は、『神聖君国』の四文字に川崎汽船の『川』を加えた命名が特徴で、戦時中には海軍によって特設水上機母艦に改装され、艦隊航空戦力の一翼を担いました。(ベースキットには、アオシマの1/700特設水上機母艦『國川丸』を使用)

19120502.jpg
アオシマの神川丸級のキットは、航空作業甲板が別パーツ化(写真右上)されているので、基本的にはこのパーツを取り付けず、武装を外すだけでも、それなりに商船らしいフォルムに仕上げることが可能なのですが、せっかくの機会ですので、実船写真から得られる情報をもとに、分かる範囲で手を加えてみることにしました。

19120503.jpg
まず、船体ですが、徴用時に取り付けられた舷外電路がモールドされているので、これを撤去し、少々オーバースケール気味の外板継ぎ目もサンディングして落としました。

19120504k.jpg
船首楼甲板は揚錨機を小加工して通常型に変更し、砲座の支柱も削り取りました。また、貨物ハッチ上にも水上機母艦時のモールドがあるので、切削したうえで平滑に慣らし、商船時の貨物ハッチに仕立て直しています。

19120505.jpg
前から3番目のデリックポストは、水上機母艦時には撤去されているため、メーカーのアフターサービスを利用して取り寄せたパーツを取り付けました。

19120506.jpg
船尾のフライングデッキは砲座が一体化されており、加工して商船型に戻すのが難しかったため、エバーグリーンのリブ入りプラ板で自作しました。今回の製作では、キットパーツをベースにした加工や改造がそれなりに多くありましたが、自作したパーツはこれのみです。

19120507.jpg
デリックポストとマストは、最前部の以外は、満遍なく加工が必要になりました。まず、2~3番のマストを撤去するとともに、補強のトラスを省略し、後部の信号ヤードを撤去しました。前部の信号ヤードは実船の写真では(時期によって)付いている時と付いていない時があるようでしたが、ワンポイントとして敢えて残しています。

19120508.jpg
塗装は着色絵葉書などを参考にしつつ、グレー部分をMr.カラー31「軍艦色1」、ファンネルを同114「RLM23レッド」、オーニングを52「フィールドグレー2」、鉄甲板をタミヤLP17「リノリウム甲板色」としました。マストカラ―がグレーなこともあって色彩バランスが沈んでしまいがちでしたので、適度な彩度とコントラストを保つのに苦労しました。

19120509.jpg
上部構造物は、内部の2フロア分が一体成型されており、組みやすい構成になっていました。これらは組み上げたあとでは塗り分けができませんので、バラの状態で個別に塗装を行っています。

19120510.jpg
上部構造物を組み立て中の川崎汽船『君川丸』。これまで製作してきた、白黒ベースの貨物船とは少々異なるカラーリングとなり、コレクションの中でも良いアクセントになってくれそうです。

次回は、『君川丸』の完成画像をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190407ninki0kontena.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350航空巡洋艦『最上』作例記事掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年2月号』の企画記事に参加予定。12月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。来年2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。来年5月15日発売予定
┗ モデルアート社より、渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版予定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年11月28日、1/32航空自衛隊機完成品 新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回イベント参加のお知らせ
┣ 『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント 航空機装備品・海軍艦艇精密模型展示会』
┣ 日時:2019年12月21~22日(10:00~15:00)
┣ 開催場所:兵庫県加西市鶉野町2083 「鶉野中町公民館」
┃ (「艦船模型スペシャル」誌作例などの艦船模型作品と、航空機装備品の展示)
┣ 主催:うずらの飛行場未来プロジェクト
┣ 後援:加西市
┗ 出展団体:(株)ゼロエンタープライズ・ジャパン、モデルファクトリーハイギヤード
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR