FC2ブログ

1/400客船クイーンメリー2完成


ホームページ版での公開が先になってしまいましたが、ブログの方でも改めて、1/400クイーンメリー2の完成画像をご紹介します。(既にご覧になった方には重複申し訳ございません。)

400qm01.jpg

400qm02.jpg

この作品は、艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作したものです。

クイーンメリー2の実船は、全長約345m、総トン数およそ150,000トンという壮大なもので、私も大阪港で一度、実船を見ているのですが、その威容には圧倒されるばかりでした。

この時の感動が忘れられず、個人的にも一度製作に挑戦したいと思っていた船ですが、2013年、実船にご乗船されたお客様からの製作代行という形で製作の機会が巡ってきましたので、世界一の豪華客船でもある実船への敬意を込めつつ、精一杯、製作をさせて頂きました。



400qm03.jpg
1/400クイーンメリー2全景。今回はお客様のご希望もあって、エッチングパーツなどは一切使用せず、全てキットに付属するパーツのみで仕上げています。ドイツレベルの1/400クイーンメリー2は、プラパーツで手すりなども含まれているので、説明書通りに塗装して組み立てるだけでも、充分な迫力が楽しめます。


400qm04.jpg
後部からの全景。階段状の後部デッキは、先代クイーンエリザベス2から受け継がれたデザインのようで、遊泳場や一部がガラス張りの側壁も似たデザインに 仕上がっています。


400qm05.jpg
ドイツレベル製1/400クイーンメリー2、右舷及び左舷よりの全景です。船体と上部構造物のメインを占める白塗装は、発色が軽くならないように、下地にオキサイドレッド(赤茶色)のサーフェーサーを吹き付けた上で行いました。結果、白成形のプラスチックに直接白を吹いたときのような透け感がなく、ズーンと重い発色に仕上がっています。使用した塗料は、下地、上塗りともにガイアノーツのガイアカラーで揃えています。


400qm06.jpg
ドイツレベル1/400クイーンメリー2。船首部のアップです。船橋基部正面は、複雑な三次元形状でみっつにパーツ分割されていたので、合わせ目の処理に苦労しました。


400qm07.jpg
船体中央部の様子。客室のバルコニーは、床面を全てマスキングしてエアブラシで塗り分けました。手すりはクリアーパーツでしたので、ひとつひとつマスキングして柱(黒)と横桁(茶)のふち取りをしました。ボートは、それぞれ割り当てられた番号をデカールで貼り付けるように指定されていたので、一艘ずつ貼り付け、説明書に書かれている順番通りに配置しました。

400qm08.jpg
船体後部の様子。同じキュナードラインの二代目クイーンエリザ別をはじめ、近年のクルーズ客船では(客室数を稼ぐためか?)船体後部はおおかた絶壁状になっていることが多いですが、古式床敷階段状のデッキが、この船の美しさを際立たせている気がします。

400qm09.jpg
再び船首部分のクローズアップです。プラ製の手すりはバリから掘り出すのが大変でしたが、エッチングには出せない丸断面形状ですので、ある意味実感的という気がしました。 船橋基部に見える扇形の物体は、予備用のスクリュープロペラです。

400qm10.jpg
船体中央部。バルコニー床面、そしてクリアーパーツの手すりと、この部分はとにかくマスキングが大変でした。各窓には裏側から透明プラ板を貼り付け、裏面を黒塗装して内部の空洞が見えないように処理しました。 結果、模型的な軽さがなくなり、満足しています。

400qm11.jpg
上空から船首を見た様子。各種スポーツ用の設備とヘリポートが目立ちます。デッキ13の手すりはクリアーパーツで背も高く、目立つ部分だけに、塗り分け甲斐がありました。

400qm13.jpg
客室バルコニーとボートの様子。こうして見ると、マンションかホテルのようですね。舷側部にも3フロアにわたってバルコニー付きの客室がありますが、もちろん、これらのバルコニーの床面も全て塗り分けました(残念ながら、写真では全くわかりません【笑】)

400qm12.jpg
実船を岸壁から眺めると、このように見えます。船橋両脇の後部にある黒い縦長の部分はエレベーターです。この部分も、内部の空洞が見えると実感を損なうので、クリアーパーツの裏側から黒で塗装しました。

400qm14.jpg
階段状の船尾。側壁のクリアーパーツの部分は、一部が吹きさらしで一部が密閉式となっているので、密閉式の部分のみ裏側から黒を塗装しました。スクリューはポット式の電気推進で、実船ではガスタービンとディーゼルの併用で発電を行っているようです。

400qm15.jpg
非常に巨大なキットですが、少しも大味になることなく、美しくまとまってくれました。キットの設計の良さはもちろん、実船のデザインの良さが根底にあることは間違いないでしょう。自分で作った作品ながら、見れば見るほどに、本当に惚れ惚れしてしまいます。




ドイツレベルの1/400クイーンメリー2は、堂々たる15万トンの威容を余すことなく再現してくれます。

これまで、数々の艦船模型を製作して来ましたが、素組(←手を加えたのは窓のプラ板貼り付けのみ)でここまで魅力的な完成品に仕上がった作品は初めてで、完成したときには本当に心から感動しました。今回は、お客様からの艦船模型製作代行のご依頼という形で製作をさせていただきましたが、このような機会に恵まれたことを感謝しています。 いつかは、自分用にもぜひ製作したいという気持ちを新たにしたので、近いうちにキットを確保しておこうと思います。

400qm16.jpg
↑この写真は、私が2011年3月10日に大阪港で撮影したものです。翌日に東日本大震災が発生し、アップの機会を逃しておりましたが、今回、模型と一緒に公開する機会が巡って来たことを嬉しく思います。(岸壁に停車しているツアーバスの大きさを見れば、いかに巨大な船体かわかりますね)

また、これからも機会があれば、ぜひ実船を見に行きたいです。そして、いつかはこのような素晴らしい豪華客船に乗船できるような身分になってみたいと夢見つつ、日々、生活を仕事を頑張って行こうと思います(笑)



豪華クルーズ客船などの模型製作ご依頼は、客船模型の製作代行も得意としております、モデルファクトリーハイギヤードにお任せください!
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
スポンサーサイト



1/400客船クイーンメリー2の製作

先月は、当工房始まって以来の、大物の製作が連続した月でした。

昨日、完成写真をご紹介した、ニチモ1/200戦艦大和に引き続き、艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、レベルの1/400客船クイーンメリー2も完成していたので、今回は同作品の製作の模様をご紹介します。

qmseisaku02.jpg
ドイツレベルの1/400クイーンメリー2は、1/400とはいえ、全長はおよそ86cmにも及びます。船体は左右分割式になっているのですが、内部に入るフレームはたったの2枚(!?) そのため、船底の合わせ目を目立たなくするために、サーフェーサーとパテを使って入念なすり合わせが必要になりました。

qmseisaku03.jpg
すり合わせの終わった船体には、オキサイドレッド(赤茶色)のサーフェーサーを吹き付けて下地とし、続いて船底色、白塗装、黒塗装という順番で塗り重ねました。白塗装の発色が軽くなるのを防ぐため、今回は全てのパーツの下地をオキサイドレッドから立ち上げています。

qmseisaku04.jpg
これは、上部構造物の側面パーツ。この部分は客室のバルコニーとなっているので、先に全体をデッキ色に塗装し、バルコニー床面のみをマスキングして、白塗装を重ねました。バルコニーの数は非常に多いので骨の折れる作業でしたが、きっちりマスキングをすれば、完成時の見栄えは大きく変わってくるので、極力丁寧に仕上げました。

qmseisaku05.jpg
塗り分けの終わったバルコニー。塗料の細部まで回らせるのが難しい形状ですが、エアの勢いを落としてシンナー多めに希釈した塗料を根気よく重ねることで、美しく塗り分けることができました。

qmseisaku06.jpg
バルコニーの手すりは、実船ではガラスが入っているため、クリアーパーツで成型されています。ガラス部分のみをマスキングして、エアブラシで縁取り塗装をすることで、実感的な手すりが再現できるので、まずは柱の部分を(画像左)、続いて横桁の部分を(画像右)を、それぞれ塗り分けました。

qmseisaku07.jpg
バルコニーに手すりを取り付けると、ただのモールドだった側面が、かなり客室らしく見えてきました。キットは、そのままではガランドウの内部が丸見えになってしまうので、裏側から透明プラ板を貼り付け、裏面に黒塗装を施すことで、ガラスの表現を行うと同時に内部が見えないようにしました。 

qmseisaku08.jpg
これらの側面パーツと、各々単体パーツの状態で塗り分けが終わったデッキとを組み合わせると、クイーンメリー2の船体が徐々に出来上がってきます。パーツの立て付けは、煙突部分を除いては比較的良好でした。

qmseisaku09.jpg
トップデッキの手摺や、プールの天蓋などは、例によって複雑なマスキングが必要な部分ですが、これらも根気よく塗り分けました。 レベルの1/400クイーンメリー2は、ひたすら、このような根気のいる作業の積み重ねだったように思います。

qmseisaku10.jpg
救命ボートは、一艘一艘専用デカールが用意されており、艇番号も決まっているので、説明書に指定されている番号に合わせて配置しました。窓ガラスは最初からクリアーパーツで再現されているので、そのまま組むだけでも実感的です。


明日、明後日は、モデルファクトリーハイギヤードのHPやネットショップ、CHERRY&ANCHORにも以前から告知しておりますように、臨時休業の予定ですので、ブログも二日間、お休みにします。(この二日間は、神戸に行ってまいります)

クイーンメリー2の完成画像は、7日金曜日にブログにて公開予定ですが、HIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!の方で先行公開しておりますので、客船模型ファンの皆様は、ぜひご覧ください。


豪華クルーズ客船などの模型製作ご依頼は、客船模型の製作代行も得意としております、モデルファクトリーハイギヤードにお任せください!
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR