FC2ブログ

1/700日本郵船『能登丸』(N型貨物船)完成

本日は、プライベート製作品として昨年末頃に完成していた、1/700日本郵船『能登丸』をご紹介します。

bnotomaru01.jpg
1/700日本郵船『能登丸』、左舷船首側からの全景。キットはピットロード、ウェーブラインシリーズのレジンキットで、もともと陸軍貨物船として発売されているものを武装解除&塗装変更する方法で民生用の貨物船に戻しました。

bnotomaru02.jpg
1/700日本郵船『能登丸』、右舷後部からの見下ろしアングル。小ぶりで角ばった上部構造物と無数のデリックブーム&貨物ハッチが、戦前型の貨物船らしさを演出しています。(海面ベースは、いつものようにジェルメディウムとマグネシウム粉末で自作しました)

bnotomaru03.jpg
左舷、船首付近から上部構造物にかけてのクローズアップ。前後部のマストは、ハセガワの1/700貨客船『氷川丸』のランナーパーツを流用し、門型デリックポストとブームは、プラ丸棒で自作しました。(支柱同士を繋ぐトラス部は、キット付属のレジンパーツによるものです) 画像では少々見えづらいですが、船首両舷と船尾の船名表示は、ホワイトデカールで自作しました。

bnotomaru04.jpg
中央付近から船尾にかけての様子。ブルワークの開口部は、レジン船体の型抜きの関係で埋没している箇所が多かったので、デザインナイフでひとつひとつ開口し、上部構造物側面の丸窓もドリル加工で表現しました。また、舷側には舷外電路がモールドされていたので、これも全て削り落としています。

bnotomaru05.jpg
右舷船首からブリッジにかけてのクローズアップ。中央構造物の各フロアは、接着前に塗り分けを済ませているのですが、このキットは(パーツ割りの関係で)ブリッジ前面に合わせ目が生じてしまいます。そこで、今回は塗り分け完了後の層を船体に接着したのち、改めて(前面の合わせ目を)瞬着パテで埋めてサンディングし、マスキングと塗装を再びやりなおすという手順で処理しました。

bnotomaru06.jpg
右舷中央部から船尾にかけて様子。使用したエッチングパーツは全て汎用品で、手すりにはテトラモデル、ラッタルにはフライホーク、シュラウドには海魂の製品を使用しました。搭載艇は、キットには徴用後のものしか付属していなかったので、フジミの1/700貨客船『あるぜんちな丸』のパーツを流用しています。

bnotomaru07.jpg
1/700日本郵船『能登丸』、左右からの全景。実船では、デッキは木張りではない部分がありそうでしたが、キットパーツには板目モールドが入っていたこともあって、全て木甲板色で揃えました。キセル型の通風筒は全てキットに付属していたもので、プラとホワイトメタルパーツが(同一形状で)混在しているのですが、下処理と塗装を済ませれば、違いはほとんど分からなくなりました。

bnotomaru08.jpg
写真奥に写っているのは、N型貨物船『能登丸』の次々級にあたる、S型貨物船『讃岐丸』です。こうして見比べると、『能登丸』はデッキ構成が複雑な分、クラシカルな味わいがあります。

bnotomaru09.jpg
『S型貨物船』、『N型貨物船』を作り終えたら、その中間時期の『A型貨物船』も作りたくなるところです。実は昨年末頃、妻( https://www.aksd.net/ )から誕生日プレゼントとして、ニコモデルの1/700『A型貨物船』、『浅香丸』を贈ってもらいましたので、これを逆改造して、また民生仕様に戻そうと思います。

『浅香丸』は数ある徴用船の中でも、特に大掛かりな改装が施されているため、修正に苦労しそうではありますが、頑張ろうと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190407ninki0kontena.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年2月26日更新 ミニチュア飛行機キーホルダー29種、新入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●次回、模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2020』
┣ 日時:2020年3月14日(12:00~20:00)
┃         3月15日(10:00~16:30)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ:奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp
スポンサーサイト



1/700日本郵船『能登丸』(N型貨物船)製作


艦船模型製作代行のご依頼品、1/350航空母艦『アークロイヤル』の製作を既に始めているのですが、このところ物販商品と飛行機模型完成品の出荷が連続していることに加え、多数の問い合わせへの対応と、確定申告に伴う決算業務に時間を取られておりまして、(製作記事を書く余裕がなくなってしまったため)本日と明日は、プライベート製作品のご紹介をいたします。

今回、ご紹介するのは、昨年末頃に完成した1/700日本郵船の通称『N型貨物船』、『能登丸』です。

20022701.jpg
キットはピットロード、ウェーブラインシリーズのレジンキットです。箱書きは『陸軍貨物船』となっていますが、サンプル写真の塗装は商船仕様となっており、比較的手軽に(?)貨物船に仕様変更可能なパッケージングとなっていました。

20022702.jpg
1/700『能登丸』の船体。パーツ構成は、以前に製作した『りおでじゃねろ丸 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1168.html 』に近い構成ですが、上部構造物が小さいこともあっていくらかシンプルな印象です。

20022703.jpg
船体はレジンパーツにありがちな反りが顕著に出ていましたので、船底にタップを切ってベースにボルト止めしつつ、加熱することで矯正しました。

20022704.jpg
その他には、特に大きな加工は施していませんが、舷外電路のみは切削し、抜けていない開口部はひとつひとつ、デザインナイフで切り開きました。

20022705.jpg
船体の下地処理を終え、サーフェイサーを吹いた様子。下地塗装には、強力なプライマー効果と傷消し効果を兼ねた、クアトロポルテの「Tipo G. プライマーサーフェイサー」を使用しました。(船体後部のブルワークには湯周り不良が生じていたため、部分的にプラ板で作り直しを行ったのですが、このサフのおかげで綺麗に一体化してくれました)

20022706.jpg
上部構造物のパーツ構成は比較的シンプルで、下から順番に重ねていく構成です。明り取りの天窓なども一体成型されており、美しく抜けていました。

20022707.jpg
ブリッジ前面部が別パーツになっていないため、各フロアごとの合わせ目が発生してしまうのが難点ではあるのですが、(先に接着して)合わせ目処理を済ませうようとすると、床面の塗り分けができなくなってしまうため、結局、フロア単位で個別に塗り分けを行いました。

20022708.jpg
船体は、特に組み立てる必要もないのでひたすらマスキングと塗装を繰り返して塗り分けました。

一体成型の船体は塗装順を考えるのが難しくなりがちですが、今回は「上部構造物と舷側の白ライン」→「船底色」→「舷側の黒」→「最上甲板ブルワーク&各楼壁面部」→「貨物ハッチキャンパス部」→「貨物ハッチ外周部」→「マスト基部」→「木甲板部」→「ボラード&揚錨機等」という具合に進めました。

20022709.jpg
写真左側のマストは、ハセガワの1/700日本郵船『氷川丸』から流用し、右側のデリックブームは、支柱をプラ丸棒で自作しました。(左右の支柱を繋ぐトラス構造物は、ピットロードのレジンパーツです)

20022710.jpg
海面ベースはジェルメディウムで自作し、船名表示は写真右側のデータを画像ソフトで作成し、ハイキューのホワイトデカールで自作しました。(幸か不幸か? この直後にホビーエレメンツから商船用の汎用デカールが発売となったため、デカール自作は今回が最後となりました)

次回は、1/700日本郵船『能登丸』の完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190407ninki0kontena.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年2月26日更新 ミニチュア飛行機キーホルダー29種、新入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●次回、模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2020』
┣ 日時:2020年3月14日(12:00~20:00)
┃         3月15日(10:00~16:30)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ:奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR