FC2ブログ

1/350航空母艦『アークロイヤル91』完成 その2(左舷側)

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、メリットインターナショナルの1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』が完成しました。

本日は完成写真の第二弾として、右舷側のディテールの様子をご紹介します。

bnakaisama726hd.jpg
1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』、左舷艦首側からの全景。今回は艦載機を満載していることもあって、アイランドとは逆サイドから見る方が高密度感を楽しめます。

bnakaisama727hd.jpg
1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』、左舷艦尾側からの見下ろしアングル。艦載機は合計27機を搭載し、起倒式マストは全て倒した状態でセッティングしました。

bnakaisama728hd.jpg
左舷艦首付近のクローズアップ。遮風柵とカタパルト&リールにはテトラモデルのエッチングを使用していますが、今回はエッチングによるディテールアップのほかに、ラインチゼルにて伸縮接手のモールドを書き入れる処理も行いました。

bnakaisama729hd.jpg
また、飛行甲板上の白線標示も全て塗装による表現です。艦橋前後の40mm8連装ポンポン砲のブルワークも、キットのプラモールドを削り取り、全てエッチングに切り替えました。

bnakaisama730hd.jpg
艦中央部の様子。内火艇は上部構造物はもちろん、内部も全てテトラモデルのエッチングによるもので、ベンチ状シートや操舵輪のディテールを追加しています。

bnakaisama731hd.jpg
艦橋左舷側の様子。前部の整流装置と操舵室、防空指揮所はエッチングに切り替え、煙突の内部表現も行いました。また、1941年仕様に合わせた防弾板の追加や、居住区の増設なども同時に行っています。

bnakaisama732hd.jpg
煙突の左わきには、折り畳み式の見張り台が設置されています。40mm8連装ポンポン砲やその他の対空兵装、更には観測機器類も全てテトラモデルのエッチングに切り替えました。

bnakaisama733hd.jpg
艦載機群の先頭に配置しているのは、艦上戦闘機『フェアリー フルマー』です。後部に航法士席を持つ複座式の戦闘機で、日本海軍の航空隊とは、セイロン沖海戦において渡り合うことになりました。(日本側はこの機種を『スピットファイア』と誤認していたそうです)

bnakaisama734hd.jpg
続いては、艦上爆撃機『ブラックバーン スクア』です。資料によっては『スキュア』と表記されている機体で、急降下爆撃機でありながら、戦闘機としての空中線能力も求められた結果、どちらの性能も中途半端なものとなりました。風防の前端部が、ほぼ垂直に近いくらいに切り立っていることと、尾翼が互い違いに配置されていることが特徴です。

bnakaisama735hd.jpg
さいごは、艦上攻撃機『フェアリー ソードフィッシュ』です。鋼管羽布張りの複葉構造に、解放式のコクピットというローテク機ですが、イタリア戦艦や、ドイツ戦艦『ビスマルク https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-24.html 』で大きな戦果を挙げました。ローテク故の信頼性の高さに加え、飛行速度の極端な遅さが対空砲火の狙いを狂わせたとも言われています。

bnakaisama736hd.jpg
『アークロイヤル91』は、舷側から格納庫側面にかけての造形が非常に滑らかにまとめられているため、ある意味、シンプルな印象を受けてしまいますが、側面の開口部から覗く内部通路や艦載艇の収納スペースは機能的な構造美を見せてくれます。

bnakaisama737hd.jpg
また、艦尾の飛行甲板後端部の張り出しや、展望台のような係留作業甲板はたいへん魅力的です。艦首と艦尾に配置された、ヴィッカース 0.5インチ四連装機銃もテトラモデルのエッチング&真鍮挽物パーツに切り替えたことで、非常に精密感のある仕上がりとなりました。


以上で1/350航空母艦『アークロイヤル91』の完成写真の紹介を終わりますが、更に大きい写真で見たいという方は、こちらのアドレスに倍程度のサイズの写真を掲載しておりますのでぜひクリックしてご覧ください
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama59hd.htm

今回の1/350航空母艦『アークロイヤル91』は、テトラモデルのパーツセットの充実ぶりから、機械的な美しさにウェイトを置いたディテールアップが可能になり、実艦の造形のシンプルさを感じさせない密度ある仕上がりとなりました。また、風防をエッチングに切り替えた艦載機群も個性的な機能美を引き立たせるのに大きく貢献してくれたと思います。

1/350ではなかなか見ることができないイギリス空母を、非常に充実した内容にてご依頼いただきましたお客様に、この場を借りて心より感謝を申し上げます。

長い製作記をご覧いただき、まことにありがとうございました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年3月25日更新 艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

スポンサーサイト



1/350航空母艦『アークロイヤル91』完成 その1(右舷側)

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、メリットインターナショナルの1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』が完成しました。

本日は完成写真の第一弾として、右舷側のディテールの様子をご紹介します。

bnakaisama719hd.jpg
1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』、右舷艦首側からの全景。『アークロイヤル』は、イギリス海軍では伝統ある艦名とあって同名の艦が多数存在することから、第二次世界大戦時の同艦には、『91』の番号を付けて分類されます。

bnakaisama720hd.jpg
1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』、右舷艦尾側からの全景。飛行甲板後端部は艦尾より大きくせり出しており、これがこの空母の外観上の大きな特徴を形づくっています。

bnakaisama721hd.jpg
艦首右舷側のクローズアップ。ディテールアップに使用したのは、テトラモデルのスーパーディテールアップセットで、この画像では見えなくなっている艦首錨甲板と艦尾の係留作業甲板の内部なども精密に作り込むことが出来ました。

bnakaisama722hd.jpg
艦橋周りもフロアや操舵室、ブルワークなどをそっくりそのままエッチングに切り替えることで、壁面の薄さや平滑感が高まりました。また、テトラモデルのパーツは、(キットの1939年の設定から)1941年のビスマルク追撃戦時にコンバージョンする仕様にもなっており、増設見張所やブルワークなどの装備品が充実したもとのなりました。

bnakaisama723hd.jpg
船体の塗色は、艦船模型スペシャルNo67掲載のアオシマ1/700『アークロイヤル91 https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1399.html 』にならい、Mr.カラーの325「グレーFS26440」を外舷色に、331「ダークシーグレー BS381C/638」を水平面に使用しました。なお、外舷色が明るいため、発色が軽くならないように、下地は全て黒立ち上げとしています。

bnakaisama724hd.jpg
艦載機は、先頭から『フェアリー フルマー』、『ブラックバーン スクア』、『フェアリー ソードフィッシュ』の順です。日本艦やアメリカ艦とは少々かけ離れた珍しい機体が魅力です。

bnakaisama725hd.jpg
これらの艦載機群も、全てテトラモデルの専用エッチングパーツでディテールアップを行いました。

次回は、左舷側のディテールの詳細をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年3月25日更新 艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

1/350航空母艦『アークロイヤル91』製作 その17

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、メリットインターナショナルの1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』を製作中です。

本日は、製作記の最終回となります。

20032701.jpg
前回より一気に進んだ気がしますが、前回組み立てた各フロアとスポンソンを一体化させ、個別に塗装を済ませたエッチングの通路と手摺、デリックや汽笛、アンテナなどを取り付けた様子です。

20032702.jpg
左舷側は、煙突側面に折り畳み式の飛行甲板用見張所が備わります。防空指揮所と煙突後部に備わる観測機器類は、テトラモデルのエッチングを組んだもので、フルエッチングの後部スポンソンは、床面と壁面をそれぞれ個別に塗装し、のちほど接着する順序で仕上げました。

20032703.jpg
艦橋の製作工程の最後は、マストの製作です。この部分も水平面と垂直面の塗り分けが必要となるため、多くのエッチングは折り曲げる前に塗装し、組んでから(塗装剥げした箇所を)タッチアップして仕上げました。

20032704.jpg
少しクラシカルな雰囲気も漂う、『アークロイヤル91』の三脚マストの様子。フロア下面には三角補強板を取り付けているので、見上げアングルで見たときにも密度のあるディテール感に仕上がりました。

20032705.jpg
これで、3回に渡って製作の様子をお伝えしてきた艦橋も無事に完成です。

20032706.jpg
左舷側の壁面部は、キットパーツで省略されているディテールをエッチングで補填しました。防空指揮所のブルワークや、煙突後部のスポンソンも、エッチングならではの薄さを表現することが出来、実感が大幅に高まっています。

20032707.jpg
エッチングによるブルワーク表現として、飛行甲板上の40mm8連装ポンポン砲周りのブルワークも、テトラモデルのパーツに切り替えました。これは折り曲げ前のパーツの様子で、外枠を垂直に曲げたのち、内側に三角補強板を差し込んで仕上げていきます。

20032708.jpg
これは、組み立て後の様子。さきに塗装を済ませたエッチング板を組み立てたものですが、ゲート跡や折り曲げ部分には塗装剥げが生じるため、完成後には改めて外舷色を全体に吹き重ねました。

20032709.jpg
40mm8連装ポンポン砲( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1913.html )とともに飛行甲板への接着を終えたスポンソンの様子。弾薬箱も全てテトラモデルのエッチングによるもので、精密に仕上がった機銃を盛り立てる良いわき役に仕上がってくれました。

20032710.jpg
最後に、飛行甲板前端部のカタパルトを囲むように(3枚構成で)取り付けられている遮風板を接着し、カタパルト本体もテトラモデルのエッチングに切り替えました。画像には写っていませんが、飛行甲板中央付近の滑走静止策と、艦尾付近の制動策も取り付けを完了し、最後に起倒式マストを取り付けました。

あとは、飛行甲板上に艦載機( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1909.html )を配置し、空中線とスクリューを取り付ければ完成となります。

次回は、1/350航空母艦『アークロイヤル91』の完成画像(右舷側)をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年3月25日更新 艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

1/350航空母艦『アークロイヤル91』製作 その16

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、メリットインターナショナルの1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』を製作中です。

本日も前回に引き続き、艦橋の製作の様子をご紹介します。

20032601.jpg
前回は、艦橋基部と煙突の製作をご紹介したので、今回は艦橋の上部の各フロアをご紹介します。羅針艦橋や防空指揮所などは、テトラモデルのエッチングにそっくりそのまま入れ替える箇所がいくつかあります。

20032602.jpg
その関係で、まずは羅針艦橋の外壁部を綺麗に削り取りました。写真左側は加工前、右側が加工後の様子です。

20032603.jpg
羅針艦橋は展開図状のエッチングを折り曲げて仕上げる構成ですが、組み立て後は床面部の塗り分けが難しくなるため、(甲板作業員ポケットのときと同様に)塗装は折り曲げる前に行いました。

20032604.jpg
同様に、防空指揮所も平板状態で塗り分けました。写真には写っていませんが、ブルワーク上部には水平の手すり状パーツを取り付ける構成となっているため、そのパーツも別に塗装しています。

20032605.jpg
その他、マスト上部や艦橋左舷側の見張所の塗り分けも同時に行いました。エッチング折り曲げ時に生じる塗装剥げは、のちほど軽く外舷色を吹きなおすことで修正しています。

20032606.jpg
これは、艦橋後部の40mm8連装ポンポン砲のスポンソンです。基本形はキットパーツ(写真上側)のままですが、テトラモデルパーツによる床面や追加の支柱、外壁と扉の追加などで1941年時の仕様に変更しました。

20032607.jpg
こうして、フルエッチングによる防空指揮所と羅針艦橋外壁、そして後部のポンポン砲スポンソンが完成しました。

20032608.jpg
艦橋基部や観測機器のスポンソンも組み立てと塗装を完了しました。スポンソンは、キットのプラパーツそのままの箇所と、フルエッチングで組んだ箇所が混在しているのですが、一見しただけでは、どれがどちらか分からない程度に一体化してくれて安心しました。

次回は、1/350航空母艦『アークロイヤル91』製作記の最終回となります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年3月25日更新 艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

1/350航空母艦『アークロイヤル91』製作 その15

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、メリットインターナショナルの1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』を製作中です。

本日からは、全3回に分けて艦橋と仕上げの作業の様子をご紹介します。

(完成画像は週明け30~31日にかけてご紹介予定ですので、ぜひ最後までご覧くださいませ)

20032501.jpg
これは、キットの艦橋の主要パーツの様子です。一体成型が多用され、パーツ構成は比較的シンプルですが、今回はフロア単位でテトラモデルのエッチングに切り替える箇所もあり、壁面などをそっくり入れ替える部分もあることから、モールドの大幅な切削を行いました。

20032502.jpg
まずは煙突の製作から開始します。キットのプラパーツは左右分割構成となっていますが、テトラモデルパーツには煙突内部の通路が用意されていましたので、接着前に組み込みを済ませました。(下部のブラケットは、蒸気捨管を固定するためのものです)

20032503.jpg
ファンネルキャップは二重構造になっている格子のエッチングを「井の字」状に組み込み、更に外枠とカバー下部のパーツと一体化させて本体に被せました。蒸気捨管はキットのパーツですが、ブラケットの一部を切削して、テトラのブラケットに差し込める構造に加工しています。

20032504.jpg
こうして内部構造が再現された『アークロイヤル91』の煙突出口。煙突本体の形状が比較的シンプルですので、出口付近の精密化は非常に効果的です。

20032505.jpg
続いては、艦橋前面の整流装置の製作です。この部分は、今回使用したテトラモデルパーツの中でも、対空兵装に続いて最も神経を使った部分で、花弁状に展開された整流板を均等なアールに曲げ、隙間に大量の仕切り板(赤丸部分)を均等に仕込む必要がありました。

20032506.jpg
整流板を均等なアールに曲げ、仕切り板を差し込んだら、その周りに外壁部(写真上側)を巻き付け、中央部分のパーツを箱組して仕上げとなります。

20032507.jpg
出来上がった整流装置を取り付け、艦橋基部と煙突を仮組した様子。水密扉はエッチングに切り替え、モンキーラッタルも(モールド切削のうえ)、レインボーモデルの汎用パーツを取り付けました。

次回も引き続き、艦橋の製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年3月25日更新 艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR