FC2ブログ

フジミ1/24 フェラーリF40GT1993(ルカ・サルトーリ)完成


***業務連絡***


1/700大和型戦艦のエッチングの問い合わせを頂いているY様へのご連絡です。

メールアドレスが『@docomo.ne.jp』となっておりますが、こちらからお送りしたメールが送信されずに戻ってきてしまいます。パソコンからのメールを受信できない設定になってる可能性がございますので、設定をご確認のうえ、改めましてご連絡を頂けましたら幸いです。





いよいよ、今週末にせまった奈良模型愛好会 第五回春展に向けて製作していた、フジミ1/24フェラーリf40GTが完成しました。

>>>奈良模型愛好会 第五回春展

日時:2014年3月22日 11:00~18:00
      3月23日 10:00~16:00
場所:奈良県橿原市久米町654『ギャラリースペース AtoA』 TEL:0744-28-7786
   URL http://www.gallery-atoa.com/
その他:入場無料
問い合わせ先:問合先:奈良模型愛好会 竹本 flakpz1@yahoo.co.jp 090-8359-5011

F40GTとは、1990年代のイタリアで開催された『イタリアスーパーカーGT選手権』に参戦していた車輌で、同レースのレギュレーションに則り、外観的こそノーマルのフェラーリF40そのままといった印象ではありますが、内部的にはどちらかというと、ル・マン等の耐久レースで活躍したF40GTEや、F40LMに近いもので、最高出力も公称は400馬力台でしたが、実際には600馬力以上を発揮していると言われたモンスターGTです。

brum01.jpg
F40GTのキットは、1/24では数種類が発売されており、1993年にチャンピオンを獲得した、ジョリークラブ(モンテシェルカラー)のマルコ・ブランド(タミヤ&フジミ)、最もフェラーリらしい赤一色のヴィットリオ・コロンボ(フジミ)、そして94年のTOTIPカラーのルカ・サルトーリのマシン(フジミ)があります。

brum02.jpg
今回の製作は、昨年の京都合同展示会において、カーモデラーのKen-1さんとF40の話題で盛り上がったことと、その話の流れを受けて、昨年の奈良模型愛好会第6回展示会の打ち上げのときに、友人のとみたけさんからキットを提供していただいたことが発端で、時間はかかりましたが、無事に完成できたことを嬉しく思っています。

brum03.jpg
ちなみに、キットはTOTIPカラーの1994年版でしたが、デカールの劣化が進んでいたため、カラーリングの変更も兼ねて、外品デカールを使用することにしました。 カラーリングは迷いましたが、車関係の友人のムラシマムラさんから以前に提供してもらった、1993年のイタリアスーパーカーGT選手権の総集編の映像を見て、1993年版のルカ・サルトーリのマシン(クラブイタリア)のカラーリングがカッコイイと思い、スタジオ27製のデカールを、クアトロポルテさんに取り寄せていただきました。

brum04.jpg
サルトーリのマシンは、シーズン前半戦は赤と白のツートンでしたが、シーズン中盤でカラーリング変更があったようで、後半戦からは水色と白のツートン塗装になりました。どちらも違った魅力があったので、カラーリング選択に悩みましたが、「やはりフェラーリは赤が似合う!」ということで、シーズン前半戦の赤白のツートンで塗装することにしました。使用した塗料はフィニッシャーズのピュアレッドで、黒→グレー→ホワイト→ピンクという順番で下地処理を行った上に、本塗りを行いました。

brum05.jpg
フジミのフェラーリF40のキットは、プロトタイプ車両をモデル化しているため、実際にロールアウトされた車両とは異なる部分がいくつかあります。目立つところでは、ボンネットのNASAダクトの位置の違い、リアカウル両サイド後端のスリットの数の違い、リアウインドウの冷却スリットの数と配置の違い・・・などが挙げられます。 また、市販車とGTではサイドミラーの形状が異なるため、この点はタミヤのF40モンテシェル(マルコ・ブランド)のパーツを取り寄せて変更しました。

brum06.jpg
ミラー以外の変更展はリアガーニッシュのメッシュ部分で、フジミキットでは汎用の金網をハサミで切って自作するよう指定されていたのですが、平面性がなく、少々頼りなかったので、これもタミヤ純正のエッチングパーツを取り寄せて交換しました。(テールレンズはフジミのものをそのまま使用しました) 室内は、モデルファクトリーヒロのシートベルトを使用し、若干手を加えましたが、その他はほとんどキットのままの素組みです。

brum07.jpg
以前に製作した、フジミF40LMのストラダーレとのツーショット。1/24のフェラーリF40はタミヤキットの他、スタジオ27のF40GTEも製作しました。次はイタレリキットあたりに挑戦してみたいです(笑) 

F40GTには以前から興味はありましたが、なかなか製作の機会がなかったもので、今回、製作の機会をいただいたKen-1さんと、キットを提供していただいた とみたけさん、資料映像をくださったムラシマムラさん、そして、展示会という発表の場を頂いている奈良模型愛好会の皆様に、心より感謝を申し上げます。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR