FC2ブログ

1/24 ホンダNSX TypeR完成


明後日22日に開催を控えた、『奈良模型愛好会第6回展示会』に向けて製作を進めていた、タミヤの1/24ホンダNSX タイプRが完成しました。

nsx01.jpg
キットは初登場から20年ほど経つタミヤ製です。タミヤのカーモデル製作は(製作代行でBRZを昨年製作しましたが)プライベートでは2009年8月製作のプロトタイプパジェロ以来となりますが、さすがの安定感というか、安心感を味わいながらの製作となりました。

nsx02.jpg
ボディカラーは、全てMrカラーおよびMrカラーGX(ウィノーブラック&スーパークリア3)にて行っています。最近はカーモデルではフィニッシャーズカラーおよびガイアカラーの使用頻度が高くなりましたが、実はこのNSXの塗装を済ませたのは実に2年前のことでして、ボディ塗装のみを終えて放置していたものを再開して完成させました。

nsx03.jpg
後部からの全景。NSXは写真で見るとリアのオーバーハングが長く、キャビンが少々前方にあるのが際立って見えます。口の悪いスポーツカーファンは「国産ミッドシップは縦横比が悪くてカッコ悪い」ということを、とかく口にしがちですが、そういう人はあまり実車を見てない人じゃないかな?と思います。24/24の実車を二つの肉眼でみると、NSXほどバランスの良いスタイリングをしているミッドシップカーは少ない事がよく分かるのですが、写真や模型で見ると、不思議と少々胴長で足が短いような印象を受けることがあります。

nsx04.jpg
真横から見ると、オーバーハングの長さがよくわかります。フェラーリはフロントと比較してリアのオーバーハングが短いことが近年の伝統ですが、NSX開発時にデータ状でのライバルと位置づけられたフェラーリ328は、どちらかというと、NSXに近いバランスを持ってます。

nsx05.jpg
タミヤのキットはシャシーや足回りの構造も再現してくれているのが嬉しいです。製作しながら実車のハンドリングや操縦性をイメージしてみるのも、カーモデルの楽しみの大きな部分を占めていると思います。


***NSXと私***

タミヤのNSXは、長年にわたって製作したいと思っていたキットでした。

私と交流の長い友人はご存知なのですが、実は私、実車の購入をかなり前向きに検討していた時代がありまして、最初期型のNSXの中古の相場が手が届く範囲にまで下がっていたことで、値段とコンディションの調査はもちろん、実車の確認に行こうと具体的計画を立てていたこともあります。

しかしながら、具体的に動き出すのとほぼ同時にNSXの生産中止が発表され、中古相場がそれまでのおよそ倍程度にまで跳ね上がり、諦めることになりました。

とはいえ、この時に貯金を使わずに温存しておいた結果、結婚式もそれなりに豪華にできましたし、新生活も不自由なく行えたので(もちろん、MR2仲間との楽しい交流も続いてますし)、30代からの自立した人生を考えると、結果的にはこれでよかったのかな?とも思っています。(笑)

しかし、NSX所有の夢は、実は今でも完全に諦めてはいなくて、これからの人生、どこかで軌道に乗ることがあればあわよくば、と淡い夢を見続けています。 

私ももう30代後半ですから、趣味よりも家庭が絶対的に優先ですし、「家族が増える可能性も考えればもう一台ファミリーカーがいる」とか、現実的な問題はたくさんありますが、仕事を頑張る目標として、まだまだ私の脳内ではNSXに頑張ってもらろうと思います(笑)

いまはひとまずプラモデルとして完成し、一通りの満足を得ることができたので、完成した作品を見てこれからも励みにしていこうと思います。 

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

190427ninki0kuruma.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

自動車模型の製作代行も行っております。ご興味のある方はお問い合わせください
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
スポンサーサイト



プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR