FC2ブログ

1/24 フェラーリ F430GT完成

製作していたフェラーリF430GTが完成しました。

risi03.jpg
この作品は、2013年の『第0回オートモデラーの集い』に合わせて製作したもので、キットはフジミのフェラーリF430チャレンジをベースとし、スタジオ27のレジンキット用スペアデカールを使用するなどして、2008年のル・マン24時間に出走した『リシ・コンペティツィオーネ』のGT2マシンのカラーリングで仕上げました。

risi01.jpg
F430チャレンジをF430GTに改造するために施した加工は、外観上はボンネット上のNASAダクトの追加(プラ板自作)と、フロントバンパー内の丸型ライト(穴あけ加工&Hアイズでのレンズ表現)のみです。

実車はバンパー形状も結構違うので本来は加工すべきところなのですが、時間の関係もあって今回は省略することになり、フロント周りが少々貧相な仕上がりになってしまいました。

なお、ボディカラーは、今回ははじめてフィニッシャーズのブライトレッドを使用しています。 下地はいつもどおり、黒から立ち上げ、グレー、ホワイト、ピンクと塗り重ねました。

risi02.jpg
エンジンルーム内のロールケージは、キットには付属していないので、プラ丸棒で自作しました。また、キットに付属しないレバー式のシーケンシャルシフトレバーもプラ棒で自作しています。バンパー形状に関しては、フロント同様、リア側もチャレンジとGTではかなり違っており、マフラーの出口の位置もかなり違うので、この点も少々妥協した仕上がりです。

risi04.jpg
ちなみにリアウイング(キットに付属)の形状は実車にほぼ忠実ですが、幅はかなり短く、マーキングを一部短縮する必要がありました。(カーボン表現には、ハセガワのカーボンフィニッシュを使用) ホイールに関しては、センターロックナットが小さい事以外はほぼ実車と同じ形状だったため、そのまま使用しました。(タイヤに関してはどうしようもないので、付属のラジアルを使用しました)


risi05.jpg
欧米のGTマシンは日本ではあまり人気がないのか?まともなプラキットがリリースされることはまずありえないので、ALMSやFIA-GT系統が好きなカーモデラーは、常に「レジン」「流用」「改造」の三重苦との戦いを繰り返すことになります。

リシ・コンペティツィオーネのF430GTは、スタジオ27からレジンのフルキットが出ているので、完璧を期すなら そのキットをベースにするのが一番なのですが、価格は定価で二万円オーバー、そしてF40GTE製作時に味わった、レジンキット特有の難しさに苦戦することは目に見えていたので、コスト面も考え、今回はフジミのキットをベースとして製作をしました。

このキットは、もともと日本のスーパーGTで、GT300クラスにエントリーしていた『イカ娘 フェラーリF430』のキットから、イカ娘のデカールを抜いただけのもののようで、同キットの問題点(ベース車両のF430GTとはボディ形状が全く違う)をそのまま引き継いでおり、若干の加工を必要としました。

少しでも実車のイメージに近づくようにと、ダクト開口とライトの追加などを行ってはみたものの、完成した姿を見ると、実車とのイメージにかなりの差が出てしまい、少々悔いの残る作品となりました。 (以前、私の知っているカーモデラーさんが、イカ娘のフェラーリを実車のGT300仕様そのままに加工されていたのを見ているだけに、実力の差を実感しています【笑】)

とはいえ、コスト的にはレジンキットの1/4程度で完成させることができたほか、新しいボディカラーを試す機会にもなったので、いい製作機会になったと思います。

これからも、フェラーリGTカーの製作に挑戦し続けていきたいです。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票頂いている皆さま、心より感謝申し上げます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

スポンサーサイト



1/24 フェラーリ F430GT製作中 その4


今月20日に大阪のボークスで開催予定の「第0回関西オートモデラーの集い」に向けて、フェラーリF430GTを製作中です。

本日は、ボディの製作がかなり進みました。 フィニッシャーズのコンパウンド二種で研ぎ出し、ガラスやウイング、インテーク各部のグリルを接着し、完成の姿が徐々に見えてきました。

f43012.jpg
↑いじったのはボンネット上のNASAダクトとフロントバンパー内の丸型ライトの追加くらいなのですが、、意外と(?)GTマシンの雰囲気が出てきました。 ちなみにベースキットは、フジミのF430チャレンジです。

f43013.jpg
↑キットに付属のリアウイングは幅が足りなかったので、若干ロゴマークも短縮することになりました。 リシ・コンペティツィオーネのデカールは、スタジオ27のF430GTのレジンキット用のスペアデカールを使用しています。

まだリアのグリルやテールランプ、ドアミラーなどの取り付けを残していますが、次回の更新時には完成の姿をお店できそうです。

以前から作りたかった車なので、自分自身、完成がとても楽しみです。(笑)



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票頂いている皆さま、心より感謝申し上げます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/24 フェラーリ F430GT製作中 その3

今年、1月20日にボークス大阪で開催予定の『第0回オートモデラーの集い』への出展に向けて、フェラーリF430GT(フジミF430チャレンジ改)を製作中です。

ボディはいまだ、研ぎ出し前の乾燥待ちですが、シャシーが先に完成したので、ご紹介します。

f43008.jpg
↑フジミのキットはチャレンジ仕様をベースにしているので、車内は完璧にGT仕様にはなっておりませんが、ロールケージなどはとても良い仕上がりです。

f43009.jpg
↑実車のF430GTのロールケージはキャビンだけでなく、エンジンルームまで伸びているので、この部分はプラ丸棒を使って自作しました。 

エンジンもインマニ周りの形状がかなり違いますが、この点はホースバンドの色を変えるなどして、あくまで「それらしく」仕上げています。 

エンジン周りの隔壁も、GTでは取り払われていますが、このキットのパーツ構成では隔壁を取り払うとエンジンが保持できなくなるので敢えて残しています。 

f43007.jpg
↑他に、室内で手を加えたところは、レバー式のシーケンシャルシフト(キットではパドル式になっている)をプラ棒で自作した点と、シートベルトの追加です。

f43010.jpg
↑乾燥待ちのボディを仮付けした様子。ディスクブレーキの塗装は、友人の白兎さん所有の実車(F430スパイダー)のカーボンローターを参考にしました。

f43011.jpg
↑精悍なフェラーリGTカーのオーラが出始めて、徐々にテンションが上がってまいりました。


下のリンク先の動画は、駅前広場のような場所でドーナツターンとピット作業のデモンストレーションを行う、リシ・コンペティツィオーネのF430GTです。
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=jxnv9lCwY5I

常に真剣勝負のワークスチームも良いですが、どことなくおおらかな空気の漂うプライベーターのフェラーリGTカーはもっと好きです(笑)




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票頂いている皆さま、心より感謝申し上げます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/24 フェラーリ F430GT製作中 その2

来年一月の、「関西オートモデラーの集い」への出展に向けて、フジミのフェラーリF430チャレンジをベースに、ル・マン24時間レース仕様のF430GTに改造した車両を製作中です。

本日はボディの塗装が終わり、デカールを貼り付けるところまで、作業が進みました。

f43005.jpg
↑ボディカラーの塗装順はいつもどおり、黒サフ(ガイア)→グレーサフ(フィニッシャーズ)→ファンデーションホワイト→ファンデーションピンクの順番で、仕上げのレッドは、今回はフィニッシャーズの赤では最も明るい「ブライトレッド」を使用しました。

フィニッシャーズのレッドは、主なところでは「ディープレッド」「シルクレッド」「リッチレッド」「ピュアレッド」「ブライトレッド」で、ディープレッドに近づくほど暗く、ブライトレッドに近づくほど明るくなります。

私はこの一年間で、ピュアレッド以外のレッドは全て試したのですが、ブライトレッドは最も鮮やかなレッドなので、近代フェラーリのレーシングカーに合っている気がしました。

f43006.jpg
↑デカールは、スタジオ27製で、本来はF430GTのレジンキットに付属するデカールの別売品(スペアデカール)です。

このデカールは、お世話になっている模型店『クアトロポルテ』さんに取り寄せていただきました。

スペアデカールには説明書は付属していないので、実車の画像をwebで検索して貼り付けました。

(この車はル・マン以外のレースにも多数参戦していて、その都度スポンサーが違うので、2008年のル・マンでの写真を特定するのに苦労しました)

リシコンぺティツィオーネのオフィシャルサイト
↓↓↓
http://www.risicompetizione.com/

『competizione』というスペルが付くチーム名なので、ついついイタリアのチームのように思ってしまいますが、拠点はアメリカのようです(笑)  

2008年のル・マンでは、元F-1ドライバーのミカ・サロや、ジャンマリア・ブルーニが、この82号車をドライブしました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

190427ninki0kuruma.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

カーモデルの制作ご依頼も好評受付中です。カーモデル製作代行に興味のある方は、ぜひモデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード

1/24 フェラーリ F430GT製作中 その1

来年1月の関西オートモデラーの集いに向けて、フジミのフェラーリF430を製作開始しました。

使用するのは、フジミの『フェラーリF430チャレンジ』のキットです。

これをベースに、2008年のル・マン24時間レースに出場したリシコンペティツィオーネの『F430GT』に改造します。

『F430チャレンジ』と『F430GT』の違いは、目立つところではボンネットのNASAダクトと、フロントバンパー中央部に増設された前照灯で、今回の制作では、これらの改造がポイントとなります。

f43001.jpg
↑これがキットに入っているF430のボディ。市販車の状態そのままという形状です。

f43002.jpg
↑LM-GTへの改造の参考としたのは、以前、コンビニで入手したKYOSHOの1/87ミニカーです。

f43003.jpg
↑NASAダクトはテープで型を作って切り取り、プラ板で裏打ちして再現しました。

f43004.jpg
↑追加された前照灯はドリルで穴をあけ、WAVEの『Hアイズ』でレンズを再現しようと思います。

ちなみに、リシ・コンペティツィオーネのF430はこんな車両です。

http://www.youtube.com/watch?v=wRr30Lh-ZGU

ル・マンに参戦したF430の中では、最もフェラーリらしいカラーリングで気に入っています。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

190427ninki0kuruma.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

1/24カーモデルの製作代行は、モデルファクトリーハイギヤードにお任せ下さい。
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR