FC2ブログ

1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』製作記 その29

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』を製作中です。

第29回目の今回は、製作記の最終回となります。

20060301.jpg
今回は最終的な見直しと並行して、舷梯や係船桁、スクリューなどの取り付けをご紹介します。

20060302.jpg
まずは舷梯の製作です。使用パーツはKAモデルのもので、カタパルトやクレーンが用意されたエッチング板に左右両舷2基ぶんが用意されていました。

20060303.jpg
このようなエッチングは、組み立て後に踏板部分を塗り分けるのは難しいので、切り出し前に予め基本部分の塗装を済ませておきました。

20060304.jpg
組み立て後の舷梯と係船桁の様子。係船桁には、金具の部分を除いてウッドブラウン塗装としました。

20060305.jpg
組み立てを終えた舷梯は、後部艦橋の左右に取り付けました。今回のようなフルハルモデルのミュージアムモデル仕立ての作品においては、舷梯は船のメカニズムを魅力的に見せる効果に一役買ってくれます。

20060306.jpg
艦尾の艦銘板は、キットではデカールで表現するように指定されていましたが、KAモデルのパーツにはエッチング銘板が付属していたので、そちらを使用しました。

20060307.jpg
取り付け後の艦銘板。真鍮の地金の色を生かす方法もあったのですが、今回はお客さまからご提供いただいた資料に合わせ、黒塗装で仕上げています。

20060308.jpg
この段階で、船体や構造物全体にUVカットクリアーを吹き重ねてコーティングを行うのですが、最後にキットとエッチングの説明書にもう一度、目を通し、作業の抜けがないかの確認を行いました。結果、後部艦橋のガフ等の一部に未使用パーツがありましたので、改めてパーツの差し替えを行っています。

20060309.jpg
空中線はメタルリギングによるもので、こちらもお客さま提供の資料を参考に、ほぼ忠実な再現としました。

20060310.jpg
最後にスクリューと旗、探照灯や艦載機を取り付け、1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』は完成となります。

次回は、いよいよ完成写真のご紹介となります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350『二等輸送艦 揚陸ジオラマ』掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事『第三回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700作例記事掲載予定。7月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700連載記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年4月15日更新。取引例とメディア掲載作例に19作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月17日更新 艦船模型用マスキングシート、再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

スポンサーサイト



1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』製作記 その28

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』を製作中です。

今回は、甲板外周部の手すりや、構造物上の小物類の製作の様子をご紹介します。

20060201.jpg
手すりのパーツは、トランペッターモデルの純正エッチングをはじめ、KAモデル、エデュアルド、そしてホワイトエンサインパーツの4種の中から選ぶことになったのですが、使いやすさとディテールのバランスが最も良いのはKAモデルのパーツでしたので、今回はこちらのパーツを個別に塗装してから取り付けました。

20060202.jpg
KAモデルのディテールアップセットには、艦橋周りに取り付ける観測機器などの真鍮挽物パーツが残っていたので、手すりと並行して取り付けを行いました。

20060203.jpg
第二艦橋の側面に取り付けてある白いホースは、KAモデルのカラーエッチングパーツによるもので、旗甲板に収納された状態の信号旗も、同様のパーツを使用しています。

20060204.jpg
KAモデルの手すりパーツは、重みで垂れ下がった状態を再現しているほか、柱に通された鎖のディテールまでを再現しており、1/200のビッグスケールに相応しい仕上がりです。

20060205.jpg
旗竿も、KAモデルのセットに付属している真鍮挽物パーツを使用しました。

20060206.jpg
艦首の旗竿の様子。メタルラインの接着強度を稼ぐため、この時点ではまだ塗装は行っていません。ケーブルホルダーの脇には、前回はまだ取り付けていなかったブレーキハンドルの取り付けを完了しました。

20060207.jpg
艦尾の旗竿は、エッチングパーツを3枚組み合わせることで、艦尾信号灯も再現しています。

20060208.jpg
写真の赤丸で示した部分は、前部と後部の艦橋基部に取り付けられた時鐘で、KAモデルのアルミ挽物パーツに切り替えました。また、黄色の丸で示した舷灯も、エッチングによるベース部分と、真鍮挽物パーツによるランタン部を組み合わせたディテールアップパーツです。これで、KAモデルの真鍮挽物パーツは、全て取り付けを完了しました。

いよいよ、トランペッターモデル1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』の製作も、ラストスパートです。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350『二等輸送艦 揚陸ジオラマ』掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事『第三回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700作例記事掲載予定。7月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700連載記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年4月15日更新。取引例とメディア掲載作例に19作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月17日更新 艦船模型用マスキングシート、再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』製作記 その27

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』を製作中です。

今回は、甲板上の小物の製作と取り付けの続編をご紹介します。

20060101.jpg
小物の取り付けはまだまだあります。吸気口や階段室、ケーブルホルダーなどは簡単な組み立てがあり、ウインチや救命筏にも、KAモデルのエッチングパーツによるディテールアップを施しました。

20060102.jpg
その他、組み立てやディテールアップの必要がない通風筒なども含めて、塗装が完了した様子。ボラードやフェアリーダーと同様に、切り出しとゲート処理に時間がかかりましたが、あとは甲板上に取り付けるだけです。

20060103.jpg
甲板上の小物の取り付けと並行して、主砲塔の砲座には、パラベーン( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1944.html )や救命筏を取り付けるための固定バンドと垂直ラッタルのエッチングも取り付けました。(内火艇の後ろ姿やキャビン内部も、ディテールアップの甲斐あって実感的な仕上がりです)

20060104k.jpg
画像内の赤丸で示した部分は、船室の天窓蓋です。これもKAモデルのスーパーディテールセットに専用のエッチングが付属していたので、一枚一枚貼り付けました。地味な箇所ではあるのですが、こうした小物が充実していくことで、完成時の実感アップに大きく影響を与えてくれます。

20060105.jpg
ホーサーリールは、ドラムとフレームをエッチングで表現し、ロープを3Dプリントパーツで表現する構成になっていました。ロープ部は幅が全く合わなかったので1.5mmほど幅を詰める必要があったのですが、立体感のある仕上がりがリアルです。ラッタルは、踏板を水平に曲げるタイプのものが付属していたので、シェルター甲板周りと後部艦橋付近の踊り場に8カ所、取り付けました。

20060106.jpg
錨鎖導板のエッチングは、各社のパーツに含まれていましたが、今回はKAモデル製を使用しました。

20060107.jpg
塗装後の様子を見るとよくわかるのですが、KAモデルのパーツは表面の細かい継ぎ目や滑り止めパターンのモールドが細かく、高いディテールアップ効果を発揮してくれます。

20060108k.jpg
今回は、この錨鎖導板のディテールを更に生かすべく、3Dプリントパーツの錨鎖を追加で投入しました。これは、モデルアート社出版『艦船模型スペシャル No74』の1/350航空巡洋艦『最上』( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1835.html )の記事内でもご紹介した鎖で、(従来の模型用精密チェーンでは表現されていない)スタッドが再現された、非常に実感的な製品です。

今回は、2種類の太さのパーツを用意し、錨鎖とチェーンストッパー用に使い分けました。

20060109.jpg
3Dプリントパーツの錨鎖を塗装し、取り付けた様子。1/200ともなると、スタッド付きの鎖の効果は抜群で、新パーツを導入した甲斐がありました。(チェーンストッパーの位置は、お客さまから提供いただいた資料を参考に配置しております)

次回も引き続き、小物類の製作と取り付けの様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350『二等輸送艦 揚陸ジオラマ』掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事『第三回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700作例記事掲載予定。7月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700連載記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年4月15日更新。取引例とメディア掲載作例に19作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月17日更新 艦船模型用マスキングシート、再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』製作記 その26

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』を製作中です。

今回は、甲板上の小物と艦載艇の取り付けの様子をご紹介します。

20052901.jpg
まずは各部のハッチや天窓――、ロッカーや弾薬箱などですが、これらは一旦ランナーから切り出したのち、表面および側面のモールドを全て削り落としてからエッチングに切り替える必要がありましたので、製作には少々時間がかかりました。使用したのは全てKAモデルのパーツで、ヒンジや留め具のメリハリが程よいレベルに抑えられ、1/200のイメージにあったものに仕上がりました。

20052902.jpg
塗装後の様子。写真左上から2列目に並んでいる円柱状のパーツはボラードで、その右側はフェアリーダーです。

20052903.jpg
これらのパーツは非常に数が多いこともあって、ひとつひとつランナーから切り出してゲート処理を行いつつ、塗装して仕上げるのは面倒で手間がかかるのですが、(取り付けを進めるにつれて、徐々に艦船の機能感が高まっていくこともあって)個人的には好きな作業のひとつでもあります。

20052904.jpg
これは、対空砲のブルワークとスポンソン、鉄甲板の一部です。写真左下の丸型のスポンソンは、本来は対空砲を取り付けるためのものですが、1941年時の『BB-39 アリゾナ』には何も装備されていないため、空きスポンソンとして使用します。

20052905.jpg
ブルワークとスポンソンを取り付ける段階で、後部艦橋も固定を完了しました。C砲塔より後ろの艦尾甲板は、シェルター甲板から2層分降りた構成となっており、垂直に切り立った外壁と高い砲座が模型映えを演出してくれます。

20052906.jpg
ハッチやロッカー、弾薬箱などの取り付けを完了したら、次は艦載艇の取り付けです。艦載艇用の架台(ボートクラッチ)は、事前にKAモデルパーツをフルエッチングで組んだものを用意していましたが、ここでようやく仮合わせの工程が巡って参りました。

20052907.jpg
このパーツは、取り付けに不具合があるという情報を事前に掴んでいたので警戒していたのですが、実際に仮合わせしてみると、丸印の部分は天窓に干渉し、緑の丸の部分は床面の高さの違いに対応できていないなど、多くの問題がありました。

20052908.jpg
そこで、天窓に干渉する部分は切り欠き、床面の高さが合わない部分は、脚の長さを切り詰めるなどで調整を行いました。それらの調整が済んだ時点で、艦載艇の固定を行い、KAモデルのパーツで固縛バンドを再現しています。

20052909.jpg
煙突直後の艦載艇甲板は、内火ランチが最大で3段積みになることもあって、非常に見ごたえのある雰囲気に仕上がりました。このあと、左右両舷の大型クレーンの取り付けも控えてますので、機能美の演出に向けての期待感がいっそう高まります。

20052910.jpg
左舷からの全景。艦載艇の取り付け前は、後部艦橋周りが少々間延びして見えていたのですが、ディテールも充実して一気に見応えのある雰囲気となりました。

今後は甲板上の吸排気筒や階段室、クレーン&対空砲の取り付けやカタパルトの装備、主砲塔の搭載、砲座や錨鎖甲板のディテールアップなどをご紹介して参りますので、来週の製作記も是非ご覧ください。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350『二等輸送艦 揚陸ジオラマ』掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事『第三回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700作例記事掲載予定。7月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700連載記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年4月15日更新。取引例とメディア掲載作例に19作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月17日更新 艦船模型用マスキングシート、再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』製作記 その25

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』を製作中です。

今回は、木製甲板シートの貼り付けと、シェルター甲板の組み立てとディテールアップの様子をご紹介します。

20052801.jpg
この写真は、KAモデルのスーパーディテールアップセットに付属の木製甲板シートです。当初は、今回のアリゾナにはこの木製甲板シートを使用する予定だったのですが、このシートには重大な欠陥があることに気付き、急遽、使用パーツの差し替えを行いました。

20052802.jpg
その欠陥はなにか? と言いますと、シェルター甲板周りの処理の問題です。本来なら、最上甲板にはシェルター甲板内壁を避ける切り欠きが必要なはずなのに、KAモデルの木製甲板シートでは、何故か!? この切り欠きがそっくりそのまま省略されてしまっているのです。

20052803.jpg
この問題を解決するには、別メーカーのシートを導入するか? 慎重に切り抜くしかないのですが、内壁に合わせて切る方法だと、ケースメイトの外壁を木製甲板シートの上に載せる形となって高さに狂いが生じ、シェルター甲板後端部の壁面と合わなくなってしまう可能性があったので、結局、(シェルター甲板外壁に合わせてカットされた)ウッドハンター製のシートを新規に導入することにしました。

20052804.jpg
ウッドハンターの甲板は、シェルター甲板の切り欠きもちゃんと表現されており、(KAモデル版で、きちんとカットされていなかった)錨鎖導板の切り込みも順調に処理できました。

20052805.jpg
なお、ウッドハンターの木製甲板シートは、発注した時期が新型コロナウイルス感染拡大の時期と重なったため、到着までおよそ2カ月を要しました。(これ以上遅れると納期に影響がでる可能性があったので、少々肝を冷やしました) シートには裏面に糊が付いていますが、それだけでは温度湿度などの変化で剥がれに繋がりますので、全面的に接着剤を塗布したうえで貼り付けを行っています。

20052806.jpg
これで、ようやくシェルター甲板のとケースメイト外壁の組み立てを開始できます。これは、左右のケースメイト外壁の主要部分で、かなりメリハリの効いたモールドが表現されています。

20052807.jpg
今回は、この外壁部の水密扉と砲扉をエッチングパーツでディテールアップしました。水密扉は、KAモデルのパーツが実感的だったのですが、砲扉は全く違う形状のものを取り付けるように指示されていたので、エデュアルドのパーツで補填しました。

20052808.jpg
これは塗装後の様子。壁面に取り付けられたホースは、KAモデルの印刷済みのエッチングを使う方法もあったのですが、それだけだと奥行き部分が無彩色になってしまうので、モールド全体を塗装することで立体感を演出しました。

20052809.jpg
ケースメイト外壁部を接着し、副砲を仕込んでシェルター甲板を載せた様子。ここもネジ止め固定ができれば嬉しい箇所だったのですが、そのような設計はなされていなかったので、エポキシ接着剤と流し込みセメントを併用し、クランプで圧着しました。

20052810.jpg
光の加減で、船体舷側の外板継ぎ目が少々見えづらくなっていますが、(船体上下の合わせ目をきっちり処理した甲斐あって)船底部側面からバルジにかけての曲面も美しい仕上がりです。

次回は艦載艇の取り付けと、甲板上の小物類の取り付けをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350『二等輸送艦 揚陸ジオラマ』掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事『第三回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700作例記事掲載予定。7月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700連載記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年4月15日更新。取引例とメディア掲載作例に19作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月17日更新 艦船模型用マスキングシート、再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR