FC2ブログ

1/350戦艦『長門 開戦時』完成写真 その2

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、1/350戦艦『長門』開戦時が無事に完成ました。

本日は前回に引き続き、完成写真の左舷側の様子をご紹介します。

bnagasesama014.jpg
1/350戦艦『長門』 、左舷側からの全景。キットはハセガワの製品で、この「開戦時」のほかに、「レイテ沖海戦時」も発売されています。

bnagasesama015.jpg
1/350戦艦『長門』、艦首から艦橋、煙突にかけての見下ろしアングル。空中線はメタルリギングで表現し、信号ヤードのロープはエッチングと(着色した)メタルリギングを使い分けました。

bnagasesama016.jpg
第一、第二主砲塔の様子。シェルター甲板上のホーサーリールは、ドラム部に真鍮挽物パーツを使用しています。

また、舷側や構造物側面に計300カ所ほどある舷窓は、開口処理と庇モールドの削り取りを行い、全てエッチングに切り替えました。

bnagasesama17.jpg
前部艦橋の左舷からの見下ろしアングル。25mm連装機銃は、レインボーモデルのエッチング銃座と、ポントスモデルの真鍮挽物銃身を組み合わせました。また、12.7cm連装高角砲はベテランモデルのレジンキットに交換しました。

その他、艦橋周りでは、他に曳航灯や点滅信号灯、舷窓などにも真鍮挽物パーツを使用しています。

bnagasesama18.jpg
前部艦橋から煙突にかけての様子。管制塔の管制装置シールドには伝声管を繋げ、信号ヤード基部には(genuine modelの)速力標を取り付けました。

bnagasesama019k.jpg
煙突はフルエッチングで、架台の内側のディテールも再現しています。後檣と艦載艇用クレーンはポントスモデルの真鍮挽物パーツに切り替え、側面にはモンキーラッタルを配しました。

bnagasesama020k.jpg
後部艦橋のクローズアップ。マストとヤードは全てポントスモデルのディテールアップパーツに切り替え、genuine modelエッチングを使用して舵柄信号標を追加しました。

bnagasesama021k.jpg
艦載機は複葉の筋交いワイヤーを追加し、プロペラの軸に真鍮線を打ってエッチング化しました、手前の艦載機用クレーンもポントスモデルのパーツに切り替え、甲板外周の手すりにはハセガワのディテールアップパーツ「ベーシックA」のエッチングを使用しました。

bnagasesama022.jpg
第三、第四主砲塔の様子。この角度からだと、砲座側面のリベット補強板や、舷梯のディテールも良くわかります。救命浮標と格納ラックには、KAモデルの汎用パーツを使用しました。

bnagasesama023.jpg
艦尾付近には目立った装備品はないのですが、通風筒やボラード、艦銘板などの小物が充実しています。エッチングに切り替えた舷窓も、綺麗にラインがでないと見映えが悪くなってしまいますので、直線上に揃うように慎重な作業を心がけました。

bnagasesama024.jpg
左舷後部からの全景。長門型戦艦は艦橋が巨大であることも手伝って、頼もしい後ろ姿が魅力です。

今回は、計310枚の工程写真と24枚の完成写真、合計334枚にもおよぶ長大な製作記をご覧いただきまして、まことにありがとうございました。 

当工房、『モデルファクトリーハイギヤード』は、今回の『長門』のようなミュージアムモデル仕立ての1/350艦船模型の製作を得意としておりますので、1/350戦艦&大型空母の製作ご依頼にご興味のございます方は、下記の問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

モデルファクトリーハイギヤード 問い合わせフォーム
↓↓↓
https://form1.fc2.com/form/?id=531294

以上で1/350戦艦『長門』の完成写真の紹介を終わりますが、作品写真を更に大きいサイズで見たいという方は、こちらのアドレスに拡大写真を掲載しておりますのでぜひクリックしてご覧くださいませ
↓↓↓
https://nabeck.web.fc2.com/nagasesama001.htm

なお、次回の1/350大型艦の製作ご依頼は、航空母艦『赤城』(艦載機無し)を予定しております。
秋頃の製作開始となる見込みですが、製作記掲載の折には、ぜひご覧ください。

(次回は模型誌掲載情報のご紹介で、その次からは1/700軽巡洋艦『矢矧』の製作記をご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700空母「CVL-22 インディペンデンス」作例掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』の製作テクニック紹介記事に参加予定。8月26日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png
スポンサーサイト



1/350戦艦『長門 開戦時』完成写真 その1

全32回に及んだ、1/350戦艦『長門』の製作記がようやく無事に終わりました。

今回は完成写真も多数撮影しましたので、前後2回に分けてご紹介します。

まずは、右舷から撮影した写真からです。

bnagasesama001.jpg
1/350戦艦『長門』、右舷からの全景。キットはハセガワの製品を使用し、開戦時の仕様として製作しました。

bnagasesama002.jpg
1/350戦艦『長門』、右舷後方からの見下ろしアングル。ディテールアップには、ハセガワから発売されている純正パーツ×3種に加えて、お客さまからお持ち込みいただきました、ポントスモデルとフライホークモデルのスーパーディテールアップセット×2種を使用し、隅々まで万遍のないフルディテールアップを施しました。

bnagasesama003.jpg
右舷前方からの拡大画像。今回は外舷塗装にひと手間を加え、平面部と側面部、そして影になる部分の塗色を使い分けるモジュレーション塗装を行うことで、船体をはじめ、各構造物や装備品などの立体感を際立たせる処置を行いました。

bnagasesama004.jpg
右舷艦首付近のクローズアップ。木製甲板と錨鎖導板、ダビットにはフライホークのパーツを使用し、キャプスタンやケーブルホルダーはポントスモデルの真鍮挽物+エッチング、キノコ型通風筒にはGenuine modelの精密レジンパーツに切り替えました。

bnagasesama005.jpg
主砲塔も、ポントスモデルパーツとフライホークパーツの「良いトコ取り」で仕上げました。砲身は真鍮挽物パーツで、外筒砲ブラケットや操作台はエッチングによる表現です。

bnagasesama006.jpg
前部艦橋右舷側からのクローズアップ。ディテールアップには、例によってポントスとフライホークのパーツを併用し、羅針艦橋と戦闘艦橋の窓枠内側には透明プラ板を張り付けてガラス表現を行いました。

bnagasesama007.jpg
艦橋各層に装備されている観測用の双眼望遠鏡や光学機器類は、全て精密レジンパーツに置き換えました。また、伝声管にはファイブスターモデルとエピックホビーの真鍮挽物パーツを使用しています。

bnagasesama008k.jpg
煙突周りの探照灯もレジンパーツに切り替え、架台の部分はポントスモデルパーツにてフルエッチングの仕上げとしました。艦載艇は全てハセガワパーツをベースとし、ポントスモデルのエッチングをメインに使用してディテールアップを行っています。

bnagasesama009k.jpg
外釣り式のダビットにはハセガワのディテールアップパーツ「ベーシックB」のエッチングを使用し、クライプバンドは自作したものを取り付けました。11m内火ランチには、フライホークのエッチングでキャンパスフレームを追加しています。

bnagasesama010.jpg
後部艦橋から煙突――、前部艦橋背面を見た様子。改装を重ねて複雑化した構造美が見て取れます。

bnagasesama011k.jpg
航空作業甲板は、キットの表面モールドを全て削り、大判エッチングに切り替えました。射出機や運搬軌条、旋回盤などはポントスモデルのパーツに統一し、ダビット内側のクライピングスバーも真鍮挽物パーツで再現しています。後部艦橋の右舷側に配置されているのは副砲装填演習砲で、これもポントスモデルのエッチング+真鍮挽物の組み合わせで製作しました。

bnagasesama012.jpg
第三~第四主砲塔にかけてのクローズアップ。第三主砲塔天蓋の空中線支柱は、第二主砲塔のものより若干小型のものを取り付け、砲座にはリベット補強板を追加しました。艦尾キャプスタンやボラード、キノコ型通風筒などは、(艦首側と同様に)真鍮&レジンパーツに全て切り替えています。

bnagasesama013.jpg
艦尾とスクリュー&舵などの様子。舷梯と舷門、ダビットはポントスモデルパーツで揃え、艦銘板は真鍮の地金色を残して高級感のある仕上げとしました。

次回は左舷側のディテールの詳細をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700空母「CVL-22 インディペンデンス」作例掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』の製作テクニック紹介記事に参加予定。8月26日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

1/350戦艦『長門 開戦時』製作 その32

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350戦艦『長門 開戦時』を製作中です。

今回は、『長門』製作記の最終回ということで、これまでに組み立てを終えた武装や構造物、小物類を取り付けて一気に完成まで進めて参ります。

20082101.jpg
煙突( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-2005.html )はシェルター甲板後部に噛み込むような構成になっているので、同時に取り付けました、また、航空作業甲板は(パーツの分割構成上)、そのまま後付けすることができないので、ダボを一部加工して「後差し式」としています。

20082102.jpg
甲板上に無数に並ぶキノコ型通風筒とウインチは、全てgenuine modelの精密レジンパーツに切り替えました。

20082103.jpg
艦尾甲板のディテールアップも、艦首側と同様に仕上げています。

20082104k.jpg
後部艦橋( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-2007.html )および煙突左右両舷の管制塔の取り付けと同時に、艦載艇( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1990.html )の搭載も行いました。

20082105.jpg
続いては、最上甲板外周部の手すりの取り付けです。手すりのエッチングはハセガワとポントスモデル、フライホークの3種から選ぶことが出来たのですが、今回はフィッティングが最も確実なハセガワ純正パーツで仕上げました。

20082106k.jpg
手すりを取り付けたのち、外釣り式の9mカッターを搭載しました。縄梯子はポントスモデルのパーツで、クライプバンドは自作しています。(救命浮標は汎用パーツです)

20082107.jpg
舷梯にもポントスモデルのエッチングを使用しました。(写真左側が組み立て前で、右側は組み立て後の様子)舷梯は組み立ててからでは塗り分けが難しくなるので、平板の状態で塗装を済ませ、組み立て後に細部をタップアップするという手順で仕上げています。

20082108.jpg
舷梯や救命浮標など、艦船ならでは装備品が艦尾の機能美を彩ってくれました。主砲塔( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1998.html )の取り付けも完了し、連合艦隊旗艦の風格充分です。

20082109.jpg
前部艦橋( https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-2014.html )の取り付けを終えれば、あとは仕上げの作業を残すのみです。

20082110.jpg
旗竿にはポントスモデルの真鍮挽物パーツを使用しました。空中線はメタルリギングによるもので、(写真では確認しづらいですが)後檣にはgenuine modelのエッチングで舵柄信号標を、前檣には速力標を再現しています。

また、製作記中ではお伝えできませんでしたが、副砲の装填演習砲や艦尾の艦銘板なども、それぞれディテールアップパーツで仕上げておりますので、完成写真の記事の中でご紹介いたします。

次回は、いよいよ完成写真のご案内です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700空母「CVL-22 インディペンデンス」作例掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』の製作テクニック紹介記事に参加予定。8月26日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

1/350戦艦『長門 開戦時』製作 その31

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350戦艦『長門 開戦時』を製作中です。

今回は、船体のディテールアップ記事の第二回目をご紹介します。

20082001.jpg
前回は舷窓と艦首周りのディテールアップをご紹介したので、今回は船体中央部から後部に向けて作業を進めて参ります。これは船体中央部の塵捨管のエッチングで、平板パーツを折り曲げて内部が抜けている様子を再現しました。

20082002.jpg
内火艇甲板左右両舷の張り出しと、右舷後部に設置されたボートダビットは、ポントスモデルのパーツを使用しました。ポントスのダビットは、ヒンジの回転機構が実物に近い構造になっていて、アングルを自由に決められる点が気に入っています。

20082003.jpg
その他、舷梯用のダビットと舷門、キャプスタンなどを取り付けました。通風筒の配置は、木製甲板の取り付け後に行います。

20082004.jpg
艦首の第一主砲塔と、艦尾の第四主砲塔の砲座には、リベット補強板を取り付けました。これもポントスモデルのエッチングによるもので、横から見たときの密度を高く彩ってくれます。

20082005.jpg
この段階で、船体の塗装を行いました。エッチングや真鍮挽物パーツを多数取り付けているため、プライマー処理を行いつつ、下地を黒から立ち上げました。

20082006.jpg
外舷色は、例によって明暗3色を使い分けました。

平らなところに置いて船体を撮影しても、光の加減でいまひとつ効果が分かりにくいのですが――、

20082007.jpg
船体を傾けて、側面に真上からの光を当てて見ると、塗色の明暗を使い分けた効果が良くわかります。特に、作品を肉眼で見たときには各部の明暗差が際立ち、船体や構造物――、そして細かな装備品の立体感が際立ちます。

20082008.jpg
木製甲板には、フライホークのパーツセットに付属していたものを使用しました。そのままでは少々、色合いが白すぎたので、オイルフィニッシュで着色と保護を行ってから、貼り付けています。

20082009.jpg
フライホークの木製甲板貼り付け後の様子。木製甲板裏側の糊は経年劣化などで剥がれてくることが多いので、全面的に接着剤で固定しました。

次回は甲板上の小物類の取り付けの様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700空母「CVL-22 インディペンデンス」作例掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』の製作テクニック紹介記事に参加予定。8月26日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

1/350戦艦『長門 開戦時』製作 その30

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350戦艦『長門 開戦時』を製作中です。

船体のディテールアップ記事の第一回目をご紹介します。

20081901.jpg
前回までに船体の基本部分は出来上がったので、今回は主に舷側と甲板上のモールドをディテールアップパーツに交換していきます。これは、艦首側面の舷窓を(エッチングへの切り替えに備えて)開口している様子です。

20081902.jpg
舷窓上の庇も、彫刻刀で全て削り取り――、

20081903.jpg
サンディングして平滑に整えました。同時にモンキーラッタルのモールドも、エッチングへの切り替えに備えて全て切削しています。

20081904.jpg
舷窓には、ポントスモデルのパーツを使用しました。1/350戦艦『長門』の舷窓には全部で3種類のサイズがありますので、開口する穴の径とパーツの選択には注意が必要です。

20081905.jpg
左右両舷の舷窓を全てエッチングに切り替え、モンキーラッタルを汎用パーツで切り替えた様子。船体両舷で約300カ所近くあるので地道な作業となりましたが、接着剤のはみ出しなども一切なく、綺麗に仕上がりました。

20081906.jpg
船体中央部左舷の様子。ここには、のちほど塵捨て管などの小物を取り付けます。

20081907.jpg
これは、前回の記事で撤去したボラードを、真鍮挽物パーツに切り替えている様子。金属パーツは全て、取り付け前に入念に脱脂を済ませておきました。

20081908.jpg
キャプスタンとケーブルホルダーも、同様にディテールアップパーツに切り替えました。

20081909.jpg
今回は、木製甲板にフライホークのパーツを使用する関係で、錨鎖導板や錨鎖孔カバーもフライホーク製で統一しました。

次回は砲座や塵捨管、ボードダビットなどのディテールアップパーツの様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700空母「CVL-22 インディペンデンス」作例掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』の製作テクニック紹介記事に参加予定。8月26日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR