FC2ブログ

1/700航空母艦『加賀』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700航空母艦『加賀』が完成しました。

本日は、完成画像をご紹介します。

btomiyamasama44_20191108225321770.jpg
1/700航空母艦『加賀』、右舷艦首側からの全景。1/700の『加賀』は、ハセガワとフジミから発売されていますが、今回製作したのは、フジミの特シリーズのキットです。

btomiyamasama45_20191108225322838.jpg
フジミ1/700航空母艦『加賀』、右舷艦首付近のクローズアップ。シールドなし高角砲と25mm連装機銃、錨や探照灯などは、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに切り替えました。

btomiyamasama46_2019110822532412b.jpg
艦橋から右舷中央部付近の様子。シールドなし機銃は、ピットロードの新艦船装備セットのパーツに切り替え、エッチングによるディテールアップには、フジミの純正パーツを使用しました。

btomiyamasama47_201911082253254bf.jpg
艦載機は真珠湾第一次攻撃隊の編成を再現しました。フジミの艦載機は数を揃えるのが困難なうえ、主翼が分厚くて実感を欠くので、ウォーターラインシリーズの空母搭載機前期セットを4箱使用し、ファインモールドのエッチングによるディテールアップを施しています。

btomiyamasama48_201911082253279be.jpg
真珠湾第一次攻撃隊の編成は、制空隊の零戦9機、水平爆撃隊(九七式艦攻)14機、雷撃隊(九七式艦攻)12機の、合計35機です。ファインモールドのパーツ使用にてプロペラや主脚をディテールアップしたほか、胴体下部の増槽や800kg爆弾、航空魚雷も追加しました。

btomiyamasama49_20191108225328527.jpg
1/700航空母艦『加賀』、左舷艦首側からの全景。腰高な艦容と小ぶりな艦橋に加え、発動機の調整所などが目立つアングルです。

btomiyamasama50_20191108225330c5f.jpg
左舷艦首付近のクローズアップ。飛行甲板上の繋止眼環は0.3mmのドリルで開口し、9mカッターにはクライプバンドを追加しました。また、船体舷側には筋彫りで外板の継ぎ目表現も行っています

btomiyamasama51_20191108225331adf.jpg
お客さまのご要望で、起倒マストと遮風柵は倒した状態としました。なお、『加賀』の右舷側マストは完全に横倒しにはならず、45度程度の角度で止まるようになっているので、作品でも、その状態を再現しました。

btomiyamasama52_201911082253336ad.jpg
飛行甲板上の白線標示は、全て塗装表現としました。仕上げに軽くウェザリングを施し、UVカットクリアー(艶消し)で作品を保護するとともに、質感を落ち着かせています。

btomiyamasama53_201911082253345d2.jpg
前回製作のフジミ1/700戦艦『武蔵』( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1820.html )とのツーショット。どちらも同じお客さまからのご依頼品で、日本海軍屈指の巨艦が2隻そろい踏みしました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』に「デカール貼付のトラブル&解決法」掲載。
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。来年2月15日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。来年5月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年10月23日、艦船模型用マスキングシート再入荷)
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



1/700航空母艦『加賀』製作 その4

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700航空母艦『加賀』を製作中です。

このところ、細かな業務や相談ごとなどが重なったことから製作スケジュールが押しているので、今回は駆け足で船体の製作の様子をご紹介します。

19110701.jpg
フジミの1/700航空母艦『加賀』の船体は左右分割構成となっており、船体内部に多数のフレームを組み込み、底に吃水板をはめ込んで仕上げます。

19110702.jpg
組み上がった船体主要部。船体後部のハンギングレールには、この時点で純正エッチングパーツを組み込みました。

19110703.jpg
それと同時に、艦首と艦尾の錨鎖も、モノクロームの超精密チェーンに切り替えています。フジミの『加賀』は、スポンソンなどのパーツ数が多いうえに、合いの良くない部分もあるため、隙間が生じる部分については液状瞬間接着剤を流し込むなどの対策を行いつつ、丁寧に仕上げていきました。

19110704k.jpg
なお、舷側の外板継ぎ目は(舷側のパネル構成の問題で)塗膜段差による表現が難しいため、筋彫りで再現しています。純正のエッチングパーツを取り付けるにあたっては、切削が必要がモールドが多く、(写真内の赤丸部分の)格納庫前端部の支柱などを豪快に削り取りました。

19110705.jpg
純正エッチング取り付けを済ませた右舷側の様子。舷外通路の一部は、エッチング切り替えに備えてモールドを切削しなくてはいけない場所が多くあるのですが、その一方で、プラパーツの取り付け穴を埋めなくてはいけない部分もあるため、プラ材と瞬間接着剤を駆使して、順番に処理していきました。

19110706.jpg
左舷側のクローズアップ。塗り分け工程の関係で、一部、取り付けを後回しにしているパーツもありますが、およそ全てのエッチングを取り付けた様子です。フジミの1/700航空母艦『加賀』の純正パーツは、1/350並のボリューム感があり、取り付け甲斐がありました。

19110707.jpg
エッチングの取り付けが終わった時点で、船体の塗り分けを行いました。リノリウム甲板部などのマスキングには、モデルファクトリーハイギヤードのマスキングシートを使用しています。

19110708.jpg
艦載艇の塗り分けは個別に行い、塗装後の船体に取り付けました。

19110709.jpg
その後、艦橋や対空兵装の組み立てと塗装を行い、(先に仕上げてあった)飛行甲板との接着を行います。前回の『武蔵 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1820.html 』と同様に、対空兵装は、全てファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに切り替えました。

19110710.jpg
今回は、船体の製作工程をかなり駆け足でご紹介して参りましたが、これで残す作業は人員&飛行機救助網と25mm機銃、空中線の取り付けと汚し塗装、艦載機の搭載と菊花紋章の取り付けのみとなりました。

次回は、1/700航空母艦『加賀』の完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』に「デカール貼付のトラブル&解決法」掲載。
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。来年2月15日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。来年5月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年10月23日、艦船模型用マスキングシート再入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

1/700航空母艦『加賀』製作 その3

このところ、製作記の掲載が飛び飛びになってしまっていますが、艦船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700航空母艦『加賀』を製作中です。

19110601.jpg
本日は、飛行甲板製作の続きをご紹介します。前回は、0.3mm径のドリルと治具を使い、眼環を開口するところまでをご紹介しました。

19110602.jpg
引き続いては塗装に移るのですが、塗り分け順の最初の手順として、まずは木甲板色を全面に塗装しました。

19110603.jpg
続いては、鉄甲板部を塗装するのですが、塗り分けにはモデルファクトリーハイギヤードの「1/700航空母艦「加賀」(F社)用 甲板塗装マスキングシート」を使用しました。

1/700航空母艦「加賀」(F社)用 甲板塗装マスキングシート通販ページ
↓↓↓
http://www.cherry-anchor.com/shopdetail/000000000324/

19110604.jpg
このシートは、フジミの1/700航空母艦『加賀』専用にカットされているので、貼り付けるだけで木甲板部を簡単にマスキングすることができます。

19110605.jpg
外舷色を塗り重ねてシートを剥がすと、美しく塗り分けれられた飛行甲板が姿を現しました。

19110606.jpg
なお、鉄甲板部を塗り分ける際には(シートの隙間から)塗料が吹き込んで滲みが生じる可能性もあるので、本塗装前には軽く木甲板色かクリアーを吹き付けて、隙間を塞いでおくと効果的です。

19110607.jpg
「1/700航空母艦「加賀」(F社)用 甲板塗装マスキングシート」には、白線塗り分け用のシートも付属しているので、今回は表示類も全て塗装表現としました。

19110608.jpg
付属の転写シートを使い、白線用シートを飛行甲板に貼り付けた様子。テープを使ったマスキングが面倒になりがちな、風向き標示や、カタカナの艦名表示も手軽に表現可能です。

19110609.jpg
白線はなるべく、ムラにならないように均一に吹きました。モデルファクトリーハイギヤードでは、1/700と1/350用を中心に、全80種余りの甲板塗装用マスキングシートを取り揃えておりますので、艦船模型製作にぜひご活用ください。

モデルファクトリーハイギヤード艦船模型用マスキングシート通販ページ
↓↓↓
http://www.cherry-anchor.com/shopbrand/ct14/

19110610.jpg
艦尾の紅白の着艦表示も塗装で表現し、飛行甲板の塗り分けが無事に完了しました。このあと、着艦制動策や静止策などの表現がまだ残っているのですが、次回は船体の製作をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』に「デカール貼付のトラブル&解決法」掲載。
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。来年2月15日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。来年5月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年10月23日、艦船模型用マスキングシート再入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

1/700航空母艦『加賀』製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700航空母艦『加賀』を製作中です。

本日は艦載機製作の後編と、飛行甲板製作の前編をご紹介します。

19103101.jpg
艦載機の基本工作の後は下地塗装に移ります。成形色の上に直接塗装すると、光が透過して発色が軽く見えてしまうので、まずは黒サフを全体に薄吹きして下地色をいったん隠蔽するとともに、エッチング塗装前のプライマー処理を施しました。

19103102.jpg
マーキングは、艦載機セットに付属のデカールをそのまま使用しています。一機あたりに必要な日の丸表示は6枚なので、35機で合計210枚を貼りました。

19103103.jpg
本塗装を終え、プロペラのエッチングパーツを取り付けた零戦21型。ファインモールドのエッチングで、足回りも繊細に仕上がり、増槽が追加されてボリューム感のある下回りとなりました。

19103104.jpg
こちらは、水平爆撃隊の九七式艦上攻撃機。零戦と同じく、ファインモールドパーツ使用にて、機体下部に800kg徹甲爆弾を装備した状態としました。

19103105.jpg
一方、雷撃隊の艦攻は魚雷装備としています。今回は真珠湾攻撃時の編成に合わせて、水平爆撃隊を14機、雷撃隊を12機製作しました。

19103106.jpg
攻撃隊全機を飛行甲板に仮置きした様子。(実際には、先頭の零戦はもう少し後ろに下がります) 「信濃」以外では国内最大の飛行甲板面積を誇った『加賀』だけあって、これほどの攻撃隊を配置してもまだ余裕が感じられます。

19103107.jpg
続いては、飛行甲板の製作です。キットパーツは、木甲板の板目モールドなどがしっかりしていて、そのままでも充分に見ごたえがしますが、今回は艦載機を積んでいる場所と積んでいない場所でメリハリが出すぎることを防ぐ目的もあり、(間延び防止策として)飛行機繋止眼環の再現を行いました。

19103108.jpg
眼環は、0.3mm径のドリルでひとつひとつ開口していきます。実物のように均等に開けるには、ステンレス製の治具が便利ですので、甲板上に中心線を書き込んだうえで、(テープで仮固定しつつ)順番に開けていきました。

19103109.jpg
飛行機繋止眼環を開け終えた飛行甲板。これだけたくさんのドリル穴を開けるとなると、どうしても部分的に浅くなったり、バリが詰まってしまう箇所が出てしまうので、作業後には一旦サフを吹き、仕上がりの良くない部分については改めて開けなおしました。

19103110.jpg
エレベーターにはエッチングを使用したことで、鉄板の継ぎ目表現などが加わって、密度のある仕上げとなりました。次回の製作記は連休明けとなりますが、飛行甲板の後半として、塗装工程などをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年10月23日、艦船模型用マスキングシート再入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

1/700航空母艦『加賀』製作 その1

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700航空母艦『加賀』を製作中です。

本日から製作記をご紹介して参りますので、ぜひご覧ください。

19102901_201910292303042d1.jpg
1/700スケールの航空母艦『加賀』は、ハセガワとフジミから発売されていますが、今回使用したのはフジミのキットです。

19102902_2019102923030699b.jpg
艦載機は、真珠湾第一次攻撃隊第一波の編成を再現します。零戦21型×9機、97式艦攻×26機の編成になるのですが、フジミの艦載機は数を揃えるのが困難ですので、ウォーターラインシリーズの艦載機セット×4箱と、ファインモールドのエッチングパーツ×5枚を揃えました。

19102903_201910292303078c4.jpg
ウォーターラインシリーズの艦載機セットは古い製品ではあるのですが、胴体が細く成形され、主翼も薄く仕上げられている点が魅力で、ディテールアップベースとしては現在でも通用します。また、入手性が比較的安定しているので、「これまで、同じお客さまにお届けしてきた別の作品とのディテールバランスを揃えることができる」という点でも重宝しています。

19102904_20191029230309f1e.jpg
一方、ファインモールドのパーツは、プロペラがエッチング化できるのはもちろん、主脚と機体下部の装備品を同時にディテールアップできる点が魅力です。

19102905_20191029230312fa6.jpg
零戦21型の下処理の様子。丸棒状に一体成型されている脚を切り落とし、胴体側面のゲート跡とパーティングラインを綺麗に処理し――

19102906_2019102923031492a.jpg
エッチングの主脚&増槽を取り付けました。他社の艦載機パーツは、増槽などの装備品を付けると、地面につかえてしまって機尾が浮き上がってしまうものが多いのですが、ファインモールドのパーツは、そのあたりのクリアランスをきっちり計算して設計されています。

19102907_20191029230314671.jpg
97式艦攻も同様に主脚を削り、胴体やカウリングのパーティングラインを処理するのですが、なんせ26機(零戦も入れて35機)もありますので、作業量はかなりのものとなりました。

19102909.jpg
真珠湾攻撃時の艦攻は、雷撃隊と水平爆撃隊に別れているので、機体下部の装備品も使い分けました。(写真左が魚雷を装備した雷撃隊、右が爆弾を装備した水平爆撃隊です)

次回の製作記では、艦載機群の塗装とマーキングの様子をご紹介しますが、明日は一旦お休みして、別の話題をお知らせいたします。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年10月23日、艦船模型用マスキングシート再入荷)
↓↓↓
crbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR