FC2ブログ

1/700駆逐艦『初月』 【マリアナ沖海戦時】完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700駆逐艦『初月』 【マリアナ沖海戦時】が完成しました。

本日は、完成画像をご紹介します。

bkurodasama34.jpg
1/700駆逐艦『初月』 【マリアナ沖海戦時】、右舷艦首側からの全景。キットはピットロードのものをベースに、メーカー純正エッチングと海魂の真鍮砲身をメインに、各種汎用パーツを盛り込みました。

bkurodasama35.jpg
1/700駆逐艦『初月』 【マリアナ沖海戦時】、右舷艦尾側からの見下ろしアングル。キットは機銃増備後の設定となっているため、機銃と機銃座、電探などの装備品を調整し、マリアナ沖海戦時の仕様を再現しました。

bkurodasama36.jpg
ほぼ真横を低めのアングルから見た様子。仕様変更を行った箇所は、煙突左右および、後部艦上の機銃座×3カ所の撤去と、後部艦橋上への測距儀覆塔を設置--。単装機銃も全て省略し、13号電探も未装備状態としています。

bkurodasama37.jpg
やや左舷よりでのバックショット。1/700の秋月型駆逐艦は、アオシマ、フジミ、ピットロードの3社から発売されていますが、ピットロードキットはパーツ構成が非常に練られており、(姉妹艦や年代設定などの)バリエーションごとの造り替えに適しています。

bkurodasama38.jpg
右舷艦首から前部艦橋、煙突にかけてのクローズアップ。錨鎖は精密チェーンに換え、主錨もナノドレッドのパーツに変更――。更に主砲塔はヤマシタホビーのディテールアップパーツに切り替え、砲身には海魂の真鍮挽物パーツを使用しました。

bkurodasama39.jpg
右舷中央部付近から艦尾にかけての様子。メインマストはトップマストから信号ヤードにかけて、ピットロードの純正エッチングパーツに切り替え、21号電探も純正パーツを使用しました。また、キットでは前部艦橋および後部艦橋側面の水密扉が省略されているので、汎用エッチングパーツで補填しています。

bkurodasama40.jpg
艦橋上部の防空指揮所とウイングには、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツから双眼望遠鏡を追加し、9mカッターと25mm三連装機銃もナノドレッドを使用しました。また、舷灯はキットでは省略されていたので、赤と緑に塗装したプラ帯材を貼ることで、軽くボリューム感を持たせています。

bkurodasama41k.jpg
スキッドビームと爆雷格納ラックは純正エッチングによるもので、手すりとラッタルにはフライホークの汎用パーツを使用し、救命浮標にはKAモデルのエッチングを取り付けました。(ホーサーリールは、全てヤマシタホビーのパーツに切り替え、探照灯にはナノドレッドを使用しました)

bkurodasama42.jpg
前回完成した、1/700軽巡洋艦『矢矧』【マリアナ沖海戦時】とのツーショット。外舷色は『矢矧』には佐世保海軍工廠色を使用し、『初月』には舞鶴海軍工廠色を使用しているのですが、こうして見比べると、両艦の塗色の明暗差が良くわかります。

次回からは、1/700戦艦『大和』の製作記をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png
スポンサーサイト



1/700駆逐艦『初月』 【マリアナ沖海戦時】製作

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700駆逐艦『初月』【マリアナ沖海戦時】を製作中です。

20090101.jpg
キットはピットロードのスカイウェーブシリーズのもので、限定生産品になります。キットは機銃増備後の仕様となっているのですが、今回は【マリアナ沖海戦時】での製作ということで、例によって装備品を変更や、取り付け穴の処理を行いました。

20090102.jpg
キットのパーツ構成はW83「秋月」と基本的に同じものです。同一ランナーに姉妹艦の構造物や装備品がセットされ、秋月型各艦の各年代に対応できる便利な構成となっています。

20090103.jpg
ディテールアップパーツは、お客さまからお持ち込みいただいた、ピットロードの純正エッチングパーツと、海魂の長10cm高角砲身を使用しました。なお、ピットロードのパーツには、手すりやラッタルなどの基本的なパーツが含まれていないので、それらは汎用パーツから補填しています。

20090104.jpg
船体は吃水板を含めた左右分割構成で、甲板は前後2枚に分割されています。このような分割構造の船体は反りが生じることが多いので、定盤に固定して内部も補強しつつ、安定した形状を保てるように仕上げました。

20090105.jpg
船体は艦首周りをメインに、錨鎖を精密チェーンに切り替え、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの主錨を取り付けました。

20090106.jpg
写真の丸印の部分は、ピットロードの純正エッチングパーツに切り替えた箇所で、メインマストトップや21号電探、スキッドビームのほか、ボートダビットやループアンテナも交換しています。また、緑の丸印は汎用エッチングパーツによって再現した水密扉で、艦橋周りの双眼望遠鏡には、ナノドレッドのパーツを追加しました。

20090107.jpg
主砲塔はヤマシタホビーのディテールアップパーツに交換し、砲身には海魂の真鍮砲身を使用しています。

20090108.jpg
塗装はいつもの通り、透け防止のために黒立ち上げで隠蔽しました。

20090109.jpg
そして外舷色には、(お客さまからのご指定で)GSIクレオスMr.カラーの「舞鶴海軍工廠標準色」を塗装しました。艦橋や砲塔などは、先に取り付けると塗り分けが難しくなるので、個別に塗装し、あとから接着する方法を採りました。

20090110.jpg
マリアナ沖海戦時への仕様変更として、煙突左右および、後部艦上の機銃座×3カ所を撤去し、後部艦橋上には測距儀の覆塔を設置しました。また、単装機銃は取り付けず、13号電探も未装備状態としています。

次回は、1/700駆逐艦『初月』【マリアナ沖海戦時】の完成写真をご紹介します。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

1/700駆逐艦『冬月』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、ピットロード1/700駆逐艦『涼月』ベースの『冬月』が完成しました。

本日は、完成画像をご紹介します。

booisama200_20200107191818ff8.jpg
1/700駆逐艦『冬月』、左舷前方からの全景。1/700の秋月型駆逐艦は、ウォーターラインシリーズのアオシマキット、特シリーズと艦NEXTのフジミキット、そしてピットロードキットの4種が発売されていますが、この作品は(お客さまからお持ち込みいただいた)ピットロードの『涼月』をベースにしています。

booisama201.jpg
1/700駆逐艦『冬月』、左舷後方からの全景。ディテールアップには、ピットロードキット用の専用パーツのほか、フジミの特シリーズ用と艦NEXT用、更に汎用パーツを多数使用して密度を重視した仕上げとしました。

booisama202.jpg
右舷側の見下ろしアングル。作品は、天一号作戦で戦艦『大和』に随伴した最終時を再現しています。キットは舷窓が全て開いた状態でモールドされていましたので、プラ丸棒を差し込み、はみ出した部分を薄皮一枚残す方法で閉鎖状態を表現しました。

booisama203.jpg
また、機銃配置はキットの説明書の指定より若干変更し、艦橋脇に25mm三連装機銃座を追加しています。その他、前後のマストは、0.3mm径の真鍮線で自作し、前部マストには信号旗と速力標を取り付けました。

booisama204.jpg
左舷後部の様子。機銃と電探、探照灯や6mカッターなどは、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに切り替え、リノリウム甲板の抑え金具は(モールド切削の上)、汎用のエッチングパーツを現物合わせで貼り付けました。

booisama205.jpg
煙突両脇には舷梯を取り付け、ダビットにはクライプバンドやリギング類も再現しています。煙突の後方に装備されている4連装魚雷発射管は、レインボーモデルのレジン&エッチングパーツに交換しました。

booisama206.jpg
長10cm連装高角砲は、砲身をフジミの真鍮パーツに切り替え、ジャッキステーはモールドを削って汎用エッチングに切り替えました。後部マストの舵柄信号標は、お客さまからのご指示でレインボーモデル製のエッチングを取り付けています。

booisama207.jpg
ホーサーリールもエッチングに切り替えて、シャープな 仕上がりとなりました。1/700の駆逐艦は、小型ながらも密度のある仕上がりが楽しめるので、展示スペースを大きく取れない方にもオススメです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年2月号』に、愛用ツール紹介&猪股編集長との対談記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350航空巡洋艦『最上』作例記事掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。1月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年12月30日更新! 艦船模型甲板塗装用マスキングシート×17点、再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●次回、模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2020』
┣ 日時:2020年3月14日(12:00~20:00)
┃         3月15日(10:00~16:30)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ:奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

●次回、同人即売会参加のお知らせ
┣ 『関西コミティア57』
┣ 日時:2020年1月19日(11:00~15:30)
┣ 開催場所:インテックス大阪2号館 
┣ 交通:地下鉄・『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 一般参加費:『ティアズマガジンかんさい』(即売会場入り口にて販売 予価¥1,000)1冊購入にて入場可
┣ 参加スペースNo.【I-15】『極星堂 https://www.aksd.net/
┗ 備考:極星堂出版誌と共に、モデルファクトリーハイギヤード オリジナル飛行機キーホルダーを頒布予定

1/700駆逐艦『冬月』製作 その4

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、ピットロード(『涼月』ベースの)『冬月』の製作記は、本日が最後となります。

19123001.jpg
艦橋のディテールアップには、特シリーズのエッチングパーツから窓枠を、艦NEXTのエッチングからジャッキステーと手すり、信号台などを使用しました。(窓枠の幅はピットロードキットには合わなかったので、切り詰めてから取り付けています)

19123002.jpg
船体の塗装後の様子。外舷色はお客さまからのご指定で、Mr.カラーの舞鶴海軍工廠色を使用しました。リノリウム甲板部は、押さえ金具の部分の塗膜を削り落として地金の色を露出させています。

19123003.jpg
艦橋や主武装の取り付けを完了した様子。機銃座のレイアウトは諸説ありますが、ピットロードの「冬月」キットの指定位置に合わせました。

19123004.jpg
マストはキットのパーツは太く、エッチングにも含まれていないため、0.3ミリ径の真鍮線での自作しました。概ね、キットパーツの形状をそのままコピーしていますが、前部マストのヤードの構成とアングルに省略があったため、より自然なレイアウトに修正しています。

19123005.jpg
13号電探や22号電探は、お客さまのご希望でファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用しました。今回の製作においては、お客さまからご指定いただいた指示内容をプリントし、ひとつひとつチェックしながら(間違いのないように)慎重に作業を進めていきました。

19123006.jpg
主要構造物の組付けを完了した様子。今回は汚し塗装をご用命いただいているのですが、(汚し前提の場合でも)まずは清潔感のある仕上げを行っています。

19123007.jpg
弾片防御ロープやホーサーリールの取り付けも完了し、臨戦態勢の緊張感のある仕上げとなりました。

19123008.jpg
艦尾の艦名板は、AKAモデルのパーツを白塗装して使用するようにとのご指定をいただきましたので、エッチング板から切り離す前に塗装を済ませてから取り付けました。AKAモデルの銘板は、海魂と比較してかなり太字に仕上げられています。

19123009.jpg
あとは汚し塗装をして張り線を取り付けたら、ピットロード1/700駆逐艦『冬月』の完成です。なお、明日は、当ブログでは一年間の製作品のまとめをやる予定ですので、完成画像の紹介は年明け後となる予定です。

(本当は、年末はモデフェスのレポートをやる予定だったのですが、これも少し先送りになりそうです)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年2月号』に、愛用ツール紹介&猪股編集長との対談記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350航空巡洋艦『最上』作例記事掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。来年2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。来年5月15日発売予定
┗ モデルアート社より、渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版予定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年12月30日更新! 艦船模型甲板塗装用マスキングシート×17点、再入荷!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年12月23日、1/48メッサーシュミットBf109G6完成品&飛行機キーホルダー入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2020』
┣ 日時:2020年3月14日(12:00~20:00)
┃         3月15日(10:00~16:30)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ:奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/700駆逐艦『冬月』製作 その3

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ピットロードの駆逐艦『涼月』をベースに、『冬月』を製作中です。

本日は、船体および甲板のディテールアップの様子をご紹介します。

19122601.jpg
前回までに、船体と甲板の基本部分の組み立てを終えましたので、今回は船体舷側とリノリウム甲板部のディテールアップをご紹介します。

19122602.jpg
ピットロードの秋月型駆逐艦の船体には、舷側に外板継ぎ目の表現が施されているため、今回は塗膜段差による表現は行いませんでした。舷窓については、上段部にドリル加工を施してモールドのメリハリを強調し――

19122603.jpg
下段部は(キットでは省略されている)閉鎖表現としました。使用したのは、エバーグリーンのプラボウロッドです。

19122604.jpg
まずは、閉鎖する舷窓に下穴を開け、短く切ったロッドを差し込んで接着しました。

19122605.jpg
そして、舷側から飛び出した部分を(薄皮一枚の厚みのみを)残して切り取り、ヤスリで表面を整えれば、閉鎖された舷窓を再現することが出来ます。

19122606.jpg
続いては、リノリウム甲板のディテールアップです。ピットロードのキットは、リノリウムの抑え金具が凸モールドで表現されているので、これを全て削り取り――

19122607.jpg
レインボーモデルの汎用エッチングパーツに切り替えました。専用パーツではないので、一本モノの金具パーツを現物合わせで切り出し、瞬間接着剤で甲板に貼り付けていきます。

19122608.jpg
リノリウム甲板の抑え金具をエッチングに切り替えた様子。キットでは、他艦と甲板パーツを共用している関係で、省略されている金具もあるので、この機会に補填しておきました。

19122609.jpg
主錨は、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの汎用パーツセットのものを使用しました。また、後部の構造物側面の水密扉は、艦NEXT用のエッチングパーツによる表現です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年2月号』に、愛用ツール紹介&猪股編集長との対談記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350航空巡洋艦『最上』作例記事掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。来年1月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。来年2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。来年5月15日発売予定
┗ モデルアート社より、渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版予定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年10月9日更新! 取引例と模型誌作例の計20作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年12月23日、1/48メッサーシュミットBf109G6完成品&飛行機キーホルダー入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2020』
┣ 日時:2020年3月14日(12:00~20:00)
┃         3月15日(10:00~16:30)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ:奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR