FC2ブログ

1/700戦艦『大和』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700戦艦『大和』が完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

booisama207_20200911215316d02.jpg
1/700戦艦『大和』、右舷艦首からの全景。1/700の戦艦『大和』のキットは、タミヤ、アオシマ、フジミ、ピットロード、(他にはタカラトミーのギミックモデルや、モデルファクトリーヒロなど)から発売されていますが、この作品は、最もスタンダードで長く親しまれている、タミヤのウォーターラインシリーズのキットをベースにしております。

booisama208.jpg
1/700戦艦『大和』、左舷ローアングルでの全景。タミヤの1/700戦艦『大和』は、対空兵装が最も充実した天一号作戦時をモデル化しており、一方の姉妹艦『武蔵』では竣工時を設定するなど、年代設定に大きな幅を持たせています。

booisama209.jpg
右舷後部からの見下ろしアングル。ディテールアップには、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの大和用セットと、ゴールドメダルモデルズの大和/武蔵用エッチングパーツを使用しました。また、航空作業甲板をメインに、ジョーワールドの飛行機運搬軌条&旋回盤と、リノリウム歩行帯のパーツーー、更にはアドラーズネストの真鍮主砲身&副砲身など、多くのディテールアップパーツをお持ち込みいただきました。

booisama210.jpg
艦首の錨鎖はモノクロームの精密チェーンに切り替え、錨本体もナノドレッドのパーツに交換しました。主砲身と副砲身は、前述の通り、アドラーズネストの専用パーツです。機銃座とブルワークは、お客さまとの事前協議により(キットパーツの)丸形状のものを使用しました。

booisama211.jpg
中央構造物のクローズアップ。手すりやラッタルは、ゴールドメダルの長物パーツを現物合わせで切り詰めました。煙突の外部通路やファンネルキャップ&整流板もゴールドメダルのパーツですが、ジャッキステーにはレインボモデルの汎用パーツを使用しています。

booisama212.jpg
前部艦橋の窓枠も、ゴールドメダルパーツには含まれていなかったので、ハセガワの汎用エッチングを現物合わせで調整して取り付けました。(主砲塔と副砲塔上の手すりや空中線支柱、主砲射撃指揮所のキャットウォーク、21号電探などは、ゴールドメダルのパーツです)

booisama213.jpg
対空兵装は、シールドなど12.7cm連装高角砲とシールド付き25mm三連装機銃、シールドなし25mm三連装機銃と13mm連装機銃をナノドレッドの専用パーツセットのものに交換し、探照灯も同セットのものに切り替えました。

booisama214.jpg
機銃座と高角砲座の側面には弾片防御ロープを取り付け、高角砲射界制限枠は真鍮線で自作しました。旗は(今回のお客さまに、これまでお届けしてきた作品群に倣って)メインマストと艦尾旗竿に軍艦旗を同時掲揚し、中将旗を取り付けました。前部艦橋信号ヤードには、大和の艦名符字『JGAA』を掲揚しています。

booisama215.jpg
艦尾には、お客さまからのご要望でハセガワの汎用エッチングから、応急舵と艦尾信号灯を取り付け、飛行機運搬軌条とリノリウム歩行帯にはジョーワールドのエッチングを使用しました。

booisama216.jpg
艦載機はフジミのクリアーパーツをお持ち込みいただき、零式観測機と三座水上偵察機を各1機ずつ搭載しました。空中線はメタルリギングによるもので、外舷部は、UVカット艶消しクリアーでコーティングしています。

明日から月末にかけては、艦船模型スペシャル次号の作例製作と連載記事の作成に集中していくことから、ご依頼品の製作記事はしばらくお休みとなりますが、今後も模型にまつわる記事をたくさんアップしていく予定ですので、ぜひご注目ください。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

スポンサーサイト



1/700戦艦『大和』製作 その6

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700戦艦『大和』を製作しております。

本日は製作記の最終回として、仕上げの作業をご紹介します。

20091101.jpg
船体でやり残していた作業は、艦尾周りに集中しています。お客さまからご用命いただいていたのは、真鍮線の旗竿自作とハセガワの応急舵の追加し――、AKAモデルの艦名板(白塗装)に加えて、ハセガワの係船桁のエッチングに付属している艦尾信号灯の取り付けです。

20091102.jpg
艦載機はフジミのクリアランナーをお持ち込みいただき、零式観測機と三座水上偵察機を各一機ずつ製作しました。

20091103.jpg
艦載機にはアンテナと張り線の追加をご希望しただいていたので、真鍮線とメタルリギングで処理しています。

20091104.jpg
取付位置は、お客さまとご相談の上、この写真の位置に決まりました。

20091105.jpg
手すりはゴールドメダルの大和/武蔵用エッチングのもので、フィッティングは非常に良好です。

20091106.jpg
中央構造物には弾片防御ロープの取り付けをご指示いただきましたので、(お持ち込みいただいた)汎用パーツを取り付け、塗色もご希望のウッドブラウン塗装としました。この写真は軽くウォッシングを済ませた様子で、各構造物や装備品の立体感が際立ちました。

20091107.jpg
25mm三連装機銃と13mm連装機銃は、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの大和用パーツに切り替えました。(三連装機銃の方は、防盾付きの仕様となります)

20091108.jpg
メインマストには軍艦旗と中将旗、そして前部艦橋の信号ヤードには大和の信号符字『JGAA』を掲揚しました。救命浮標は汎用エッチングによるもので、探照灯にはナノドレッドのパーツを使用し、レンズ部分を塗り残すことでクリアー仕上げとしています。(シールド付き機銃の銃身も最終段階で着色を行いました)

20091109.jpg
舷側部のウェザリングの様子。仕様感を演出しつつも、みすぼらしくならないレベルとしております。空中線は0.1号のメタルリギングによるもので、菊花紋章を取り付ければ、無事完成となります。

次回は、タミヤ1/700戦艦『大和』の写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

1/700戦艦『大和』製作 その5

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700戦艦『大和』を製作しております。

本日は、中央構造物の製作記の後編と、船体への取り付けの様子をご紹介します。

20091001.jpg
前回、主要部を組み終えた中央構造物に、ゴールドメダルのエッチングを組み込みました。このパーツは、「大和&武蔵専用」を謳ってはいるのですが、手すりやラッタルなどは現物合わせで切り詰める必要があるため、1/700艦船用パーツとしては少々手間がかかる構成になっています。

20091002.jpg
艦橋後部のラッタルは、キットのプラパーツから踊り場のみを残してカットし、(汎用設計となっている)手すり付きラッタルを現物合わせで切り詰めたものを取り付けました。艦橋前面部に取り付けた、逆探や22号電探はナノドレッドのパーツによるもので、15m測距儀上の21号電探はゴールドメダルのエッチングによる表現です。

20091003.jpg
煙突は、外部通路とキャットウォーク、ファンネルキャップと整流板をゴールドメダルのエッチングに切り替え、ジャッキステーには(お客さまからご指定いただいた)レインボーモデルの汎用パーツを使用しました。

20091004.jpg
高角砲の射界制限枠は、0.3mm径の真鍮線で自作しました。今となっては古典的ともいえる方法で手間もかかるのですが、手をかけただけの効果が期待できます。

20091005.jpg
塗装後の中央構造物のローアングル。ウォーターラインシリーズの大和型戦艦は、タミヤの1/350の旧キット&リニューアルキットのどちらと比較しても、若干異なるバランスに仕上がります。

20091006.jpg
見下ろしアングルで見ると、塗色の明度と立体感が際立ちます。防空指揮所は、お客さまからご指定いただいたタンで塗装し、舷灯部は押し出しピン跡となっていることから埋め戻し、彩色したプラ板の細切りを貼ってボリュームを演出しました。

20091007.jpg
シールド付き25mm三連装機銃は、A、B、C、Dの3タイプを使い分け、ファインモールドの説明書通りに配置しました。

20091008.jpg
これまでに製作してきた、主砲塔や副砲塔、そして中央構造物を取り付ければ、『大和』の完成のイメージが徐々に見えて参りました。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

1/700戦艦『大和』製作 その4

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700戦艦『大和』を製作しております。

本日は、船体の塗り分けの後編と、中央構造物の製作記の前編をご紹介します。

20090901.jpg
まず、船体塗装からですが、前回の記事で残していた船底色と(お客さまから特にご指示を頂いていた)係船桁のウッドブラウン塗装を行いました。

20090902.jpg
続いて、船体表側に機銃座を取り付け、ホーサーリールを塗り分けます。

20090903.jpg
今回の製作では、ジョーワールド性の新考証の機銃座&ブルワークをお持ち込みいただいているのですが、機銃座についてはキットの丸形状のパーツを使用するようにご用命いただきました。機銃座の形状や位置は考証的には少し古いものになるのですが、この解釈は現在でも根強い人気を持っています。

20090904.jpg
航空作業甲板は、リノリウム歩行帯を塗り分け、押さえ金具の部分は地金を露出させました。また、歩行帯に跨る部分の軌条も(個別に塗装したものを)あと付けし、軌条の配置も全て完了となります。

20090905.jpg
続いて、中央構造物の製作に移りますが、構造物の基部は、タミヤ「大和」の場合は高角砲増設後のレイアウトが一体成型されているので、合わせ目の処理なども必要なく、ユーザビリティに優れた設計となっています。

20090906.jpg
ここに、缶室吸気口や高角砲座&機銃座、管制装置やブラケットなどを組み込み、艦橋などの組み立てに移ります。

20090907.jpg
ゴールドメダルのパーツには、前部艦橋の窓枠は含まれていないので、キットのモールドを撤去し、ハセガワの汎用エッチングに切り替えました。その際、第一艦橋はモールドの内部が完全に埋まっているため、段落としを行う要領で内部まで削り取り、第二艦橋は1mmほどの幅に切り欠く要領で処理しています。

20090908.jpg
対空兵装は、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの「大和用パーツ」に全て切り替えました。写真左側が12.7cm連装高角砲で、右側がシールド付き25mm三連装機銃です。

20090909.jpg
組み立て後の様子。三連装機銃のシールドは、近年の考証通り、(戦時急造タイプと台座も形状も含めて)A、B、C、Dの4種を作り分けました。

20090910.jpg
中央構造物のプラパーツの組み立てを概ね終えた様子。ナノドレッドのパーツからは対空兵装だけでなく、電探×3種の切り替え&追加も行いました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

1/700戦艦『大和』製作 その3

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700戦艦『大和』を製作しております。

本日は、主兵装の製作と、船体の大まかな塗り分けをご紹介します。

20090801.jpg
まずは46cm主砲塔の製作からです。主砲身は、お客さまからお持ち込みいただいた、アドラーズネストの真鍮挽物砲身を使用しました。キットの砲身から防水キャンパスのみを残して切り取り、取り付け穴を開けてから接着します。

20090802.jpg
砲塔本体は、側面のラッタルのモールドを削り取って、ゴールドメダルモデルズのエッチングに切り替え、その他のラッタルや上面の手すりもゴールドメダルのパーツで揃えました。

20090803.jpg
塗り分けは「砲塔」「砲身」「防水キャンパス」を接着する前に個別に行い、のちほど接着しました。こうすることで、防水キャンパスの塗り分けラインも美しく決まります。

20090804.jpg
副砲身も主砲塔と同様に、アドラーズの真鍮砲身に切り替えました。こちらは砲塔と砲身、防水キャンパスが完全に一体成されているので、砲身の部分のみを切り離し、(取り付け穴を開けて)挽物パーツを差し込んでいます。

20090805.jpg
エッチングによるディテールアップは、主砲塔よりいくらか複雑ですが、前面および側面のラッタルやキャンパスガードに加え、空中線支柱、手すりなどをゴールドメダルのパーツで表現しました。

20090806.jpg
塗装後の副砲塔のクローズアップ。防水キャンパスの塗り分けは、筆塗りによるものです。

20090807.jpg
続いては、船体の塗り分けです。甲板部はタンを塗装後、木質感を演出するために、エナメルのブラウンでウォッシングを行いました。

20090808.jpg
甲板部のマスキングには、モデルファクトリーハイギヤードの専用マスキングシートを使用しました。

20090809.jpg
このシートはタミヤキットの甲板の形状に合わせて最初からカットされており、甲板の塗り分けが手軽かつ美しく決まるのでオススメです。

●1/700戦艦「大和」「武蔵」(T社)用 甲板塗装マスキングシート 販売ページ
https://www.cherry-anchor.com/shopdetail/000000000257/

20090810.jpg
外舷色には(お客さまからのご指定で)、GSIクレオスMr.カラーの「呉海軍工廠標準色」を使用しました。まだ吃水線下の船底色や、ホーサーリール、係船桁などの塗り分けが残っているので、次回以降に進めていく予定です。

次回も引き続き、1/700戦艦「大和」製作記をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 10月号』のスミ入れ特集に、作例製作者として寄稿した情報を掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年8月17日更新 艦船模型用マスキングシート×15点再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR