FC2ブログ

1/700航空母艦『雲龍』製作 その5

少し間が開いてしまいましたが、1/700航空母艦『雲龍』の製作記を再開します。

19052901.jpg
艦載機の製作は全開で完了しましたので、今回からは船体の製作をご紹介します。アオシマの『雲龍』は、格納庫の内部が再現されており、フレームも兼ねた構造となっていますので、まずはここから組み立てを開始します。

19052902.jpg
組み立てを終えた格納庫。下段の格納庫まで再現され、キット標準の表現としては非常に良い仕上がりです。

19052903.jpg
格納庫が完成したら、外側に左右分割の船体や錨鎖甲板、艦尾短艇甲板などを被せます。

19052904.jpg
その際、説明書の指示に従って、船体側面内側の穴あけを忘れないように注意が必要です。

19052905.jpg
また、側面の間延びを防ぐため、舷窓をドリルで掘り込んでモールドのメリハリを強調する処置を施しました。

19052906.jpg
左右分割の船体パーツは、外側に向かって大きな反りがでていましたので、瞬間接着勢で強制的に止め、吃水板に沿わせて舷側のラインを合わせていきました。

19052907.jpg
格納庫の外側に船体パーツを被せた様子。分厚いアクリル板の上に貼り付けて各部の歪みを修正しつつ組み上げた結果、反りも解消され、ガッチリとした頑丈な船体に仕上がりました。

19052908.jpg
なお、吃水板と船体パーツとの合わせ目が少々目立ってしまったため、流し込みセメントを流してプラを溶かし、乾燥後にサンディングする方法で処理しています。

19052909.jpg
これで合わせ目はほとんど消えてくれたので、あとはサーフェーサー塗布&サンディングで仕上げました。

次回も、船体の製作の様子をご紹介します。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

1/700航空母艦『雲龍』製作 その4

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700航空母艦『雲龍』 を製作しております。

本日は、艦載機の完成写真をご紹介します。

19052205.jpg
まずは、ウォーターラインシリーズ共通ランナーから仕上げた『零戦52型』6機です。デカールとプロペラのエッチングにはアオシマ製を組み合わせました。

19052206.jpg
こちらは同じく艦上戦闘機の『烈風』ですが、こちらはアオシマランナーのパーツを使用し、主翼端を折り畳んだ状態としました。零戦より若干大ぶりのカウリングと4枚ペラが特徴的です。

19052207.jpg
続いては、再びウォーターラインシリーズ共通パーツに戻り、艦上爆撃機『彗星』です。風防や脚周りなどの細かな色分けは、筆塗にて行いました。

19052208.jpg
そして、艦上攻撃機『天山』は、ウォーターラインシリーズ共通パーツと、アオシマランナーの競演となり、機数も最多の7機となりました。手前で主翼を展開している4機が共通パーツで、奥の(主翼を収納している)3機がアオシマパーツとなります。

19052209.jpg
こちらは艦上攻撃機の『流星改』で、主翼を展開している1機のみが共通パーツで、残りの4機はアオシマ製です。(アオシマ製の3機には航空魚雷も付属しています)

19052210.jpg
艦上偵察機の『彩雲』は、全て主翼を展開しているので見分けが付きにくいですが、右手前の1機のみが共通パーツで、残りの3機がアオシマパーツになります。この『彩雲』×2種は、並べてみてもほとんど違和感がない程度にサイズ感やディテールが揃っておりますが、アオシマパーツは脚にタイヤが再現されており、増槽が付属しているところなどが相違点になります。

19052211.jpg
桜花は機体全面を明灰白色で塗装し、ウッドブラウンで塗装した台座に載せました。

19052213.jpg
烈風と天山、流星改は、それぞれ主翼を折り畳んだ状態を再現しているため、飛行甲板上の情景に”動き”が出ました。

明日は、5月26日(日)に参加予定の『関西コミティア55』をご案内いたします。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/

1/700航空母艦『雲龍』製作 その3

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700航空母艦『雲龍』 を製作しております。

本日は、艦載機の製作の後編をご紹介します。

19052201.jpg
艦載機の塗装は、全体をまず黒の下地から立ち上げました。主翼の黄帯は先に黄色を塗装してから細切りのテープでマスキングし、上から暗緑色を重ねる方法で再現しています。(画像は、WLシリーズ共通ランナーの機体です)

19052202.jpg
アオシマランナーの艦載機も同様に塗装していますが、こちらは(塗装工程の関係で)主翼の翼端部は接着せず、個別に塗り分けを行いました。

19052203.jpg
デカールは、キットに白淵付きの日の丸が付属しており、大戦後期のマーキングの再現に役立ってくれるのですが、機数に対して枚数が不足しているため、同じデカールをパーツ請求して2枚分を使用することになりました。

19052204.jpg
また、プロペラはアオシマ純正エッチングパーツを使用しました。このエッチングは、プラパーツのスピナーを切り取らずに取り付けることができ、作業性の良いところが特長です。

19052212.jpg
(『桜花』を除く)艦載機、全28機を飛行甲板に仮置きした様子。実際には搭載されることのなかった機数ですが、「雲龍型空母が必要な機数を搭載し、機動部隊を組織して出撃していたら……」という想像を掻き立てさせてくれる光景です。

……ところで、話題は変わって全くの私事で余談ではあるのですが、実は本日(22日)、身内に不幸ごとがございまして、今回のブログは少々簡素な内容となりました。

今週末の予定(大久保駐屯地祭と関西コミティア)には影響はないのですが、23~24日にかけては製作が完全にストップすることになります。

”今月中の納期”とお知らせしているお客さまへの影響は、なるべくないように努力して参りますので、明日からも当ブログをどうぞよろしくお願い申し上げます。

(次回は、各艦載機の完成画像をご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/

1/700航空母艦『雲龍』製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700航空母艦『雲龍』 を製作しております。

本日は、艦載機の製作の前編をご紹介します。

19052101.jpg
アオシマの『雲龍』には、ウォーターラインシリーズでお馴染みの後期型艦載機セットと同じランナーが一枚付属しているほか――

19052102.jpg
アオシマの独自設計となる、(主翼格納状態を含む)4機種が付属しています。

19052103.jpg
また、船体のランナーの一部には、一体成型の『桜花』と台車も付属しているので、一緒に組み立て&塗装を行いました。

19052104.jpg
これは、後期型艦載機セットの『零戦52型』です。ウォーターラインシリーズのリニューアル前から使われている、かなり古い製品ですが、主翼の薄さとディテールのバランスは現在の目で見ても良好です。

19052105.jpg
続いて、こちらは艦上爆撃機『彗星』。1/700の『彗星』は、前期型の艦載機セットにも含まれているのですが、前期型のモールドが凸であるのに対し、後期型では凹モールドに変更されており、スタイリングも幾分シャープに仕上げられています。

19052106.jpg
こちらは、同じく後期型艦載機セットに含まれている艦上攻撃機『天山』です。実機のマッシブなスタイリングが上手く表現されており、私個人も気に入っているパーツです。

19052107.jpg
画像左側は、艦上偵察機『彩雲』、そして右側は艦上攻撃機『流星改』です。これらの機種は、後期型艦載機セットのランナー1枚につき、1機ずつ用意されています。

19052108.jpg
続いてはアオシマのランナーパーツで、主翼を折り畳んだ状態を再現している艦上攻撃機『天山』です。アオシマパーツは脚も別パーツとなっており、魚雷も用意されるなど、凝ったパーツ構成となっております。

19052109.jpg
こちらは艦上攻撃機『流星改』。この機種は、主翼先端や主脚の他に水平尾翼も左右別パーツとなっていることから、組み立て作業は少々複雑になりました。

19052110.jpg
他にも、アオシマランナーには、上記機種と同様に脚を別パーツ化した『彩雲』や、(説明書には一切、表記がないのですが)艦上戦闘機『烈風』が付属していましたので、これらも併せて製作しております。

次回も、艦載機製作の続きをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/

1/700航空母艦『雲龍』製作 その1


艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700航空母艦『雲龍』 の製作を開始いたしました。

本日は、使用キットとパーツをご紹介します。

19052001.jpg
1/700の航空母艦『雲龍』のキットは、フジミ、アオシマ、ピットロードの3社から発売されていますが、今回使用したのはアオシマのキットで、お客さまからお持ち込みをいただきました。

19052002.jpg
ディテールアップのメインに使用するのは、(同じくお客さまからお送りいただいた)アオシマ純正のエッチングパーツです。

19052003.jpg
その他のディテールアップは、主に精密プラパーツに置き換える方法で行います。これは、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの『汎用探照灯』。

19052004k.jpg
そして、こちらは9mカッターに使用する『カッターボートセット』です。

19052005.jpg
つづいて、定番の『12.7cm連装高角砲』。このパーツは1セットの入数が4基なので、今回は二箱をご用意しました。

19052006.jpg
『艦載電波兵器セット』も、『雲龍』のような大戦後期の艦艇には重要な装備です。

19052007.jpg
対空兵装の基本となる『25mm三連装機銃』は、先日の『大鳳』製作時と同様に、防盾付きのタイプを導入しました。

19052008.jpg
また、機銃と同じく、『12cm28連想噴進砲』も、ナノドレッドパーツに交換します。

19052009.jpg
9mカッター以外の艦載艇は、ピットロードの新艦船装備セットのものに交換します。この画像は、艦載艇がメインとなるNE2です。

19052010.jpg
そして、シールド付き機銃と高角砲は同じくピットロード新艦船装備セットのNE6のパーツを使用します。

他にも、自作系のディテールアップを幾つか導入して参りますので、詳細は今後の製作記でご紹介します。

次回は、艦載機の製作の前編になります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR