FC2ブログ

1/350戦艦大和製作中 その5

艦船模型製作代行のご依頼を受け、タミヤの1/350戦艦大和リニューアル版を製作中です。

今回のご依頼品で、これまでと異なる点はいくつかありますが、特に大きいのが甲板の処理です。

これまではポントスモデルの木製甲板シールを使用していましたが、長期展示の際の安定感を求めて、今回は塗装で表現するようにというご希望をいただきました。

タミヤの1/350戦艦大和のリニューアル版は、製作された方でしたらよくご存じなのですが、甲板パーツの分割が少々目立つ構造になっているので、今回はこの分割面をできるだけ目立たないようにする処理を行いました。

nakajimasama13.jpg
甲板パーツは中央部のパーツと両端のパーツの三枚に分割されているため、両サイドに大きく目立つ合わせ目が発生します。この写真はまだ接着前のもので、左側は貼り付け前の仮置き状態、右側はパーツを置いていない状態です。

nakajimasama14.jpg
甲板の合わせ目の処理の難しいところは、合わせ目を完全に埋めてしまうと板目のモールドを消してしまうことになり、消え方が足りないと、そこだけ深い板目になってしまう点です。今回は、モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo44』内の長徳佳崇さんの1/350戦艦大和の作例記事で紹介されている、溶きパテで埋める方法で処理を行いました。

この方法は、溶きパテが乾燥後にある程度ヒケる性質を利用したもので、ペーパーがけの際に板目モールドを削りすぎてしまうリスクを最小限に抑えるとても便利なアイデアです。

nakajimasama15.jpg
実際にはこの処理は一度では済まず、サフを吹いてはマスキングを剥がし、、また吹いてはマスキング、そしてサンディングと、何度も様子を見つつ作業を繰り返しました。苦労の甲斐あって、写真では完全に合わせ目は見えないところまで来ました。

nakajimasama16.jpg
甲板色は、いつもどおり黄色の下地にタンで上塗りしました。このあとエナメルブラウンでウォッシングを行うなどして深みを出していく予定です。

nakajimasama17.jpg
飛行機の方も完成しています。タミヤの艦載機は組み立てやすく、デカールも充実していて気に入っています。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

1/700航空戦艦『伊勢』 製作中

業務連絡

当工房のお客様で群馬県に在住のS・N様、携帯にメールをいただくようにご連絡をいただいておりますが、こちらからのメールが帰ってきてしまいます。もし、PCメールを受信しない設定等にされておりましたら、解除をお願いいたします。



艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700航空戦艦『伊勢』を製作中です。

1308162.jpg

製作はフジミキットにフジミ純正エッチングを取り付け、対空兵装をいつもどおりナノドレッドシリーズのパーツ(機銃は防盾&照準器エッチング取り付け)に交換します。 舷梯や救命浮標の取り付けも、いつもどおり行う予定です。

1308161.jpg

フジミの純正エッチングは、これまで製作してきた中でも、恐らく最もボリュームのある仕様です。パーツ数は多いですが、合いは比較的良好で、金剛型戦艦の金剛、榛名についで作りやすいキットという気がします。

明日には完成の予定なので、同時進行中の1/350戦艦大和の製作過程と一緒に、来週には完成画像をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo49】 1/700航空母艦『千歳』

モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo49』が発売になりました。

1308151.jpg

今回も私、HIGH-GEARedこと渡辺が、ライター陣の一人として末席を汚しておりますので、ご紹介させて頂きます。 

今回の特集記事は、「千歳型水上機母艦」です。水上機母艦といいますと、個人的には戦艦や空母、巡洋艦といった一般的な艦船をある程度作りきったところで視界に入り、その独特の形状に興味が深まりだす異形の艦というイメージがあります。

今号はそんな水上機母艦の魅力を満載した内容ですが、今回、私が作例を担当しましたのは水上機母艦ではなく、航空母艦に改装されてからの千歳になります。 

chitose03.jpg
最終時となるレイテ沖海戦時での作例となることから、当時施されていたと思われる迷彩塗装の考察や、模型への塗装の手順などをご紹介しています。 迷彩塗装は興味はあるけど、どのように作業するのかわからないという方に、ぜひご参考にしていただけましたら幸いです。

もちろん、私以外のライター、モデラーの皆様の御作品や、精密イラストで細部まで再現された艦船装備品の紹介のコーナーなど、注目の記事が満載ですので、艦船模型ファンの皆様は、ぜひ書店でお買い求めください。


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード

1/350戦艦大和製作中 その4

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/350戦艦大和を製作中です。

先月以来、かなり久しぶりの更新になります。

nakajimasama12.jpg

その後、完成した前部艦橋の様子。中央構造物にはジュニェインモデルのパーツは使用せず、従来通り、ライオンロアとポントスモデルのパーツで仕上げています。

説明書の問題もあるのですが、ライオンロアのパーツは使用難度が少々高く、ポントスモデルは比較的使用しやすくなっています。 

しかし、エッチングのみを見ると、精度的には全体的にライオンロアの方が高いので、割合としてはライオンロア8対ポントスモデル2程度の比率でパーツを使用しました。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

京都~奈良 模型店巡り3店舗の旅

本日は、業務の方はお休みにして、奈良模型愛好会の友人たちと模型店3店舗のはしごツアーに行って参りました。

発端は、カーモデラー同士として特に親しくしていただいている とみたけさんから、京都宇治のアメ車キットが得意な模型店「フリートウッド」にご案内いただくお誘いをいただいたことから始まり、友人のよしみさんもお仕事のお休みが合ったことから、3人オフ会の開催となりました。 

また、9月の奈良模型愛好会第6回展示会の実行委員長を務めている私とよしみさんの休日が一致したことで、展示会の会場との折衝も行うこととなり、途中で一時、まいど!さんと合流してボークス京都にも立ち寄りました。

1308131.jpg
移動は、とみたけさんのお車で行うこととなり、近鉄大久保駅まで迎えに来ていただきました。ちなみに私は三室戸に校舎があった頃の立命館宇治高校に通ってましたので、宇治の地理には懐かしさを感じます。しかし、通学はJRでしたので、大久保駅で降りたのは高校の願書提出の時以来で、懐かしい以前にほとんど記憶がない新鮮な気持ちで訪れることができました。

1308132.jpg
よしみさんとも一緒に合流し、三人で最初に訪れたのは、JR宇治駅と黄檗駅の中間地点にある模型店『フリートウッド』さんです。 一見するだけでは模型店とはわからない雰囲気で、店の前には実車の他、古い映画のパンフレットや洋画のVHSなどが並べられていました。

1308133.jpg
お店の敷地内に置かれたコルベット。マッスル感のあるボディラインがたまりません!

店内はさすがに撮影していませんが、アメ車を中心にプラモデルはもちろん、完成品やミニカーなどがところせましと並べられており、大量の在庫から、ほとんど宝探し状態で「こんなキットあったのか!?」と思う以前に「こんな車種(実車)があること自体、全然知らなかった」というような、珍品の連続で、見ているだけでも飽きない、楽しいお店でした。

フリートウッドさんのサイトはこちら(通販可)→ http://www.fleetwood.jp/

webの在庫表も膨大ですが、実際にはこの数十倍は在庫があったのではないか?と思われます(笑)

1308134.jpg
今回は、友人からキットの確保を依頼されたポンティアック フィエロGTをひと箱入手しました。私が現在製作中のキットと同じ、モノグラム製の1/24です。モノグラムのキットは初期型のノッチバックのモデルをキット化したものですが、MPCからは後期型のファストバックスタイルの車もキット化されているようなので、どこかで見つけることができればいいなと思っています。

1308135.jpg
午後からは、京都市内で昼食を採り、まいど!さんと合流してボークスホビースクエア京都にて9月の展示会の折衝および正式契約を行いました。私は今回は実行委員長をさせていただいてますが、ほかの実行委員会のメンバーがとてもいいお働きをしてくれるので、準備は大変スムーズに進んでいます。(皆様のご協力に感謝です)

ボークスホビースクエア京都店舗情報はこちら→ https://www.volks.co.jp/jp/shop/kyoto_hs/

その後、よしみさんのフリートウッドでの買い残しや、改めて時間がある状況で店内を探索したいという思いから、3人で宇治方面に戻って再びフリートウッドを訪れ、とみたけさんのお車で再び奈良に向かいました。

1308136.jpg
シメは、いつもお世話になっている、奈良模型店「クアトロポルテ」さんです。とみたけさんが最近購入された、モデルファクトリーヒロ製のマクラーレンF-1 GTRのパーツの件で御用があったことと、その他の取り寄せなどの用件でお邪魔しました。 その際、私が持参した、ペンスキーのインディーカーも撮影いただきました。

クアトロポルテさんのサイトはこちら→ http://www.4porte.info/

私の住まいはクアトロポルテさんから車で10分ほどの県境ですので、その後、とみたけさんに送っていただき、とみたけさんはお住まいのある京都に帰られました。ガソリン価格も高騰している中で、長距離の運転をありがとうございます。

気の合う仲間同士の模型店ツアーは楽しかったです。また、今後もこういう企画をやった時には、レポートしたいと思います。



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード

お盆参りとノートパソコン導入と模型プチオフ

今回は模型とあんまり関係のない話題ですが、先週はお盆参りに父の実家のある京都に行ってきた様子などをご紹介します。

13081201.jpg
朝から実家の車を運転し、父と母と妻を乗せて京奈和自動車道を経由し、京都市内に入ります。父の実家は七条にあるので、近くの路地からは、このように京都タワーが見えます。

13081202.jpg
その実家というのが、このように風情のある京町屋で、現在は父の姉のご家族が修復して維持管理を行っています。ちなみに私の曽祖父は警察官を辞めて扇子職人になったそうで、その娘さんにあたる祖母はフリー和裁職人、その娘にあたる、父の姉は洋裁職人(夫は服飾販売の自営)、そして私の父も母(母の両親も弟も)もみんな自営業者で、ここに来ると、自分が自営業者となったことも、一族の血統なのかな?と実感します。

13081203.jpg
左から、京都の旧家ならではの竈と鳥かご、そして謎の古文書です。(←京都市内のお寺のリストだそうです)

この日の昼食は、父の姉の夫にあたる、私の叔父のお勧めで、今年100周年を迎える京都の名門パン屋さんの「進々堂」でいただきました。

進々堂 寺町店公式サイト → http://www.shinshindo.jp/teramachi.html

この店はレストラン併設で焼き立てのパンが食べ放題。新しいお店で言えば、サンマ●クに近い形式のお店ですが、お求めやすい値段と内容の充実ぶりは「さすが京都!」とうならされるものがありました。

13081204.jpg
進々堂寺町店のすぐ近くにある下御霊神社を参拝しました。鳥居の中にお寺風の社殿があるのが特徴です。

13081205.jpg
境内には、このような巨大な百日紅の他、たくさんのご神木がありました。炎天下にも関わらず、涼しくてのんびりできるとてもいいところでした。 下御霊神社→ http://shimogoryo.main.jp/

13081206.jpg
車は京都御苑の近くの駐車場に停めていたのですが、ここには新島襄の邸宅があり、無料で一般公開されていました。(写真は新島襄の邸宅ではなく、受付のある建物です)

13081207.jpg
内部は和風の建物に洋家具という組み合わせ。NHK大河ドラマの影響か?普段よりずっと見学者が多いようでした。

その後、お墓に行って手入れをし、この日は帰宅しました。 わざわざ休みを合わせてくれた妻に感謝です。


13081208.jpg
そして、話題はガラリと変わりますが、一昨日には自宅用にノートパソコンを購入しました。これまで、仕事でもプライベートでもデスクトップ派を貫いていた私(会社に行ってた時は、CAD用に会社のノートを使っていましたが)ですが、停電の影響で原稿が消える事態に遭遇し、ようやく決心がつきました(笑) 

13081209.jpg
さっそく使ってみたところ、なかなか使い勝手が良かったので、なんと翌日にはもう一台増えました(汗)実は妻も買換えを悩んでいたようで、ちょうどいい機会ということで、お揃いのノートパソコンを二台並べる事態となりました。オフィス搭載の国産機ではけして高いスペックではありませんが、普段仕事で使用しているメインPCよりずっと快適なのは、時代の流れだから仕方なさそうです。

13081210.jpg
パソコンの設定をいろいろやっていると、夜遅くなってしまったので、この日の夕食は、川崎のお客さんからいただいた成城石井のカレーです。レトルトにありがちな臭いも少なく、スパイスが効いていて油で誤魔化していない感じがとても気に入りました。

13081211.jpg
日曜日は、最近定例化してきた、奈良模型愛好会ブルース会長宅での、インパルスさんとの三人模型オフに参加してきました。写真はインパルスさんから提供していただいた、ネットショップ出品用の飛行機モデル完成品です。インパルスさんは普段から頻繁に空港や航空祭を取材されており、作られる飛行機からは、一目見て「飛行機が好き!」というオーラがあふれんばかりに伝わってきます。

13081212.jpg
最後に、インパルスさんから頂いた、戦艦ミズーリのワッペンをご紹介します。新婚旅行で行ったハワイで買ってこられたということです。 ほかに、インパルスさんからは実家の農園で採れた野菜や、飛行機の写真などもたくさんいただきました。 在庫を提供していただけるだけでもありがたいのに、温かいお心づかいに、心から感謝です。



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード

1/700航空母艦『龍鳳1945』(ピットロード)完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、1/700航空母艦『龍鳳』が完成しました。

先日、フジミ版の龍鳳が完成したばかりですが、今回完成したのはピットロード版となります。


oritosama73.jpg
ディティールアップには、主にライオンロアのエッチングパーツセットを使用し、機銃と高角砲をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに取り替えました。

oritosama72.jpg
前回のフジミ版では、お客様のご希望で迷彩塗装にMrカラーを使用していましたが、今回はピットロードカラーを使用しています。

ピットロードの龍鳳はフルハルでも製作可能ですが、今回は洋上モデルとして仕上げました。ピットロードキットの製作は今回で4度目となるので、フジミ版も合わせると1/700龍鳳は5回製作したことになります。(人気ありますね!)

oritosama74.jpg
ピットロード1/700空母『龍鳳』。右舷および左舷からの全景。

oritosama75.jpg
船首部分のクローズアップ。ライオンロアのエッチングパーツを使用すること、羅針艦橋および補助艦橋などがシャープに仕上がりましたが、同パーツセットは手摺や救助ネットが専用設計されておらず、自分で切ったり曲げたりして調整しなくてはいけない構成になっている点が少々面倒でした。

oritosama76.jpg
後部の様子。煙突に付けられたファンネルカバーとジャッキステーはライオンロアのエッチングで、舷梯と救命浮表示は他社のパーツを使用しています。

oritosama77.jpg
ピットロード版1/700空母『龍鳳』と、フジミ版1/700空母『龍鳳』の比較。手前がピットロード版、奥がフジミ版です。フジミ版は先日に完成した直後に出荷していたのですが、修理のため、一時的に手元に戻っていたので、偶然このツーショット撮影が叶いました。

orittosama78.jpg
平面構成の比較。塗装もフジミ版がMrカラー、ピットロード版がピットロードカラーなので、同一迷彩の色の比較画像にもなりました。細部のディティールでは補助艦橋および予備艦橋の形状が大きく異なる他、羅針艦橋直前の兵員室の形状およびサイズの違い(ピットロードは小型×2、フジミは大型×1)、増設単装機銃座の有無(ピットロードは有り、フジミは無し)、高角砲後部の飛行甲板の開閉可能な切り欠きの有無(ピットロードは有り、フジミは無し)、飛行甲板の排水溝の有無(ピットロードは無し、フジミは有り)などがあります。



艦船模型製作代行は、是非ともモデルファクトリーハイギヤードをご利用くださいませ
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード

ポンティアック フィエロGT製作中 その1


9月1日に、ボークス大阪で開催予定の『第一回関西オートモデラーの集い』に向けて、1/24『ポンティアック フィエロGT』を製作中です。

フィエロのキットはモノグラムとMPCから出ていますが、今回製作しているのはモノグラム製です。

1308081.jpg
本日はエンジンの製作とシャシーへの組み込みが終わりました。エンジンは、例によってキットの塗装指示が正確でなかったため、海外サイトを探した結果、実車のエンジンオーバーホールを行っている写真がありましたので、それを参考に塗り分けました。

1308082.jpg
コンパクトな横置きミッドシップの2シーターは見ていてなんだか落ち着きます(笑) モノグラムのキットは(以前に製作したエスプリもそうでしたが)シャシーに愛着を持って設計されているのか?この時代の海外キットとしては、随分実感の高い仕上がりになっていて驚かされます。

1308083.jpg
フロントサスは、アッパー&ロワーコントロールアーム+コイルという構成。最小限のパーツ構成で、足回りのメカニズムを楽しめる嬉しい設計です。



1308084.jpg
こちらは艦船模型製作代行の受注製作品の様子。ピットロードの1/700龍鳳がまもなく完成です。完成の折には、先日にご紹介しました、フジミ版との違いも合わせてご紹介できたらと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

190427ninki0kuruma.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード

お客様から嬉しい差し入れ 第二弾

昨日はいつもお世話になっているお客様より嬉しい差し入れをいただきました。

今年の1月30日の日記で、鮎の養殖業者の方から、「ハーブあゆスウィート」を頂いたことをご紹介させていただきましたが、今度は手塩にかけて育てられた、鮮魚鮎を送っていただきました。

201308071.jpg
鮎養殖業者のアユセンさんは、鮎養殖業界で初めてJAS企画を取得されています。ハーブエキスを配合した餌を与えて育てられた「ハーブあゆ」は、「天然こそ全てに勝るのか?」という問いに、自然の恵みと人の知恵で答えた珠玉の一品です。 鮮魚鮎は、袋詰めにされている姿を見るだけで、スーパーで売られている鮎とは色も艶も全く違うことに驚かされました。


201308072.jpg
まずは塩焼きにしていただきました。食感は柔らかくフワフワで、クセがなく上品な味ですので、味付けがなくてもいけますし、若干塩を降ると、更に食欲をそそる旨みが出ました。 あっさりしていて食べやすいので、ついつい何匹も箸が伸びそうになります(笑) 

アユセンさんの鮮魚鮎に興味のある方は、是非ともアユセンさんのホームページをご覧ください
↓↓↓
http://ayusen.jp/index.htm

今回は塩焼きでいただきましたが、送っていただいたお客様によると、鮮度が高いのでお刺身でもいけるということです。 鮎を食べるとお腹の調子が落ち着いて、やはり日本人の胃は、こういう食事に合っているんだなぁと実感しました。(笑)

私信になりますが、鮎を送っていただいた方に、心より感謝を申しあげます。 これからも製作を頑張っていく力になりました。

近いうちに、お返しをお送りしますので、これからもよろしくお願いします。



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード

1/25 ペンスキー・シボレーPC17 インディーカー完成

今年9月1日にボークス大阪で開催される『第一回関西オートモデラーの会』に向けて製作していた、1/25ペンスキー・シボレーPC17『ペンズオイルZ-7』が完成しました。

キットは静岡ホビーショーのフリーマーケットで購入したAMTのもので、スケールは以前に製作したモノグラムのインディーカーより少々小ぶりの1/25になります。

penske01.jpg
シルバーメッキのサスアームとホイールカバーが、F-1とはまた違ったダイナミックなアメリカンモータースポーツのセンスを感じさせます。デカールは少々劣化が進んでいたため、貼り付けに随分苦労しました。カウルの合わせ目ではっきりとストライプの位置がズレてしまったのも少々悔やまれるところです。

penske02.jpg
ペンスキーといえば、マルボロカラーを長く使用していたイメージがありますが、ペンズオイルカラーもインディではお馴染みで、ドラゴンレーシングのようなセカンドチームにも良くスポンサードを行っていました。このマシンは88年のインディ500に参戦したマシンで、ドライバーはインディ500を4勝、そして6度ものポールポジションを獲得した「ミスターオーバル」こと、リック・メアーズです。

NASCARでお馴染みのケイシー・メアーズやロジャー・メアーズも同じメアーズ家出身のドライバーで、アンドレッティ家やアンサー家と同じく、アメリカでは大変メジャーなレーシング一族のひとりです。

penske03.jpg
インディーカー独特のワイド&ローなスタイリングがたまりません。ミッションケースが露出し、リアウイングがカウルから若干離れたところにマウントされている様子もスピード感を感じさせてかっこいいです。


penske04.jpg
バンクを攻めるイメージで撮影したのですが、インディアナポリスと逆のバンクになってしまいました(苦笑)キットに付属のウイングは前後ともにオーバルセッティングのもののみで、モノグラムのキットの様に、ストリート&市街地仕様のセッティングとして完成させることはできません。

penske05.jpg
カウル内部の様子。アンダーパネルはウイングカー構造になっているのでディフューザーが短く、リアアクスルが完全にカウル外部に露出しているのが特徴です。2基のタービンはミッションケース前方に収められていて、ターボ化によってたくさんの補機を付けつつも、重心をできる限り下げる工夫がされているのが分かります。

penske06.jpg
エンジンを含めて内部メカはそれほど精密に再現されているわけではありませんが、独特の味があります。ボディカラーは、今回は(ガイアの)黒サフ→グレーサフ→(フィニッシャーズの)ファンデーションホワイト→ファンデーションクリーム→ピュアイエロー、(GSIクレオスの)スーパークリアⅢの順番です。 スーパークリアⅢは久しぶりに使用したのですが、私の塗り方に合っていないのか?思い通りの仕上がりを得られませんでした。個人的にはフィニッシャーズのオートクリアか、ガイアノーツのEXクリアの方が好みですね。

penske07.jpg
同じ88年型シャシーの比較。手前がペンスキーのシャシーでシボレーエンジン、奥が(STP)ローラのシャシーにフォードコスワースのエンジンです。こうして見比べると、アームの構成やカウリングにかなりの違いがあり、操縦性も随分違ったのではないか?と思われます。

ちなみにローラは1/24、ペンスキーは1/25ですが、並べてもそれほど違和感はありませんね(並べるとタイヤの直径がわずかに違うことがわかります)

1988年のインディ500は、Youtubeにフルレースがアップされているので、リンクを貼っておきます。
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=1z8pv5zQE_M
↑↑↑
ポールポジションから飛び出している黄色いマシンが、今回のペンスキーのメアーズ、43:17の時点で他社のスピンに巻き込まれてクラッシュしているのが、STPローラのゲレーロのマシンです。ちなみにゲレーロに関しては、スタート前、20:37から美人の奥様と一緒に家族ぐるみで取材を受けている様子が写っています。彼も(この年は不発でしたが)後にポールシッターを経験することになる、大変優秀なドライバーです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

190427ninki0kuruma.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR