FC2ブログ

1/700航空母艦『鳳翔1939』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、フジミの1/700航空母艦『鳳翔1939』が無事に完成しました。

本日は完成画像を御紹介します。

bhtanakasama05.jpg
フジミ1/700航空母艦『鳳翔1939』、左舷よりの全景。1/700の鳳翔と言えば、当ブログでも過去に竣工時の仕様( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-998.html )をいちどご紹介していますが、1939年の状態は初めてとなります。

bhtanakasama06.jpg
竣工時の仕様と見比べると、1939年の鳳翔は飛行甲板上のアイランド状艦橋が撤去され、起倒式煙突が横向き固定になった点が目立ちますが、船体や飛行甲板の形状自体はあまり変わらず、当時の面影を保っています。

bhtanakasama07.jpg
右舷船尾側からの全景。飛行甲板の白線表示は非常に複雑なパターンとなっていて、この時期の鳳翔独特の賑やかな雰囲気を演出しています。

bhtanakasama08.jpg
船首から羅針艦橋、発着艦指揮所にかけてのクローズアップ。ディティールアップにはフジミの専用エッチングパーツを使用したほか、25mm連装機銃および探照灯、菊花紋章をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換し、アンテナ類を0.3mm径の真鍮線で自作。空中線の追加と救命浮標の取り付けなどを行いました。

bhtanakasama09.jpg
飛行甲板中央部のクローズアップ。塗装の際、木張り甲板の質感表現には特に気を使いました。船体全体には(お客様のご希望で)、軽めのウェザリングも追加しています。

bhtanakasama10.jpg
飛行甲板後部の様子。キットに付属の艦載機は4機と少なめですが、複葉機であるために一機一機のディティールが複雑で、(鳳翔特有の狭い飛行甲板を思えば)丁度良いバランスに仕上がりました。

bhtanakasama11.jpg
作品はウェーブのTケースWMに固定し、特注の真鍮製ネームプレートと一緒にお送りします。(金属製のプレートはコストはかかりますが、高級感を演出したいときには欠かせません) 


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR