FC2ブログ

1/200戦艦『ビスマルク』製作記 その14

しばらく中断しておりました、トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』の製作記を本日より再開します。

本日からは、船体の製作の様子を2回に分けてご紹介します。

bsugasama127.jpg
トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』の船体は、船首の一部と船尾のスクリューブラケットを除いてバスタブ状に一体成型されています。全長は1メートル25センチにもおよび、甲板上に乗せた缶コーヒーからも、その巨大さがお分かりいただけると思います。

bsugasama128.jpg
船首は吃水線下のバウのみが別パーツとなっています。 バウのパーツは左右分割となっているので、合わせ目の処理をしっかり行った上で接着しました。

bsugasama129.jpg
しかし、このバウのパーツは船体との合いがあまり良くありませんでした。船体のラインと比較すると、一段窪んだようになってしまったので、このあとにパテ盛りとサンディングを繰り返して丹念な調整が必要となりました。

bsugasama130.jpg
船尾はスクリューブラケットの後端部のみが別パーツとなっていますが、この部分は分割なしで合いも良く、比較的ラクに処理する事が出来ました。

bsugasama131.jpg
1/200戦艦『ビスマルク』、船体の全景。舵やビルジキールは、このあと行う外板モールドの追加の際に障害となるので、一通りの作業を終えたあとに取り付けます。

bsugasama132.jpg
船首のパテ盛りの様子。このあとサンディングを行って慣らしていきますが、一回の処理ではなかなか滑らかには仕上がらないので、同様の作業を4~5回繰り返しました。

bsugasama133.jpg
サンディングの際には、(その都度)捨てサフを吹いて磨き具合を確かめつつ作業を進めました。サフを吹いてから磨くことで、船首付近に隠れていたヒケの存在が明らかになるので、平滑になるまで研ぎ出して船首のラインを整えておきました。

bsugasama134.jpg
船尾のスクリューブラケットも同様にして仕上げております。 

明日も引き続き、1/200戦艦『ビスマルク』の船体の製作の様子をご紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR