FC2ブログ

今年一年間の製作品を振り返る

今年の秋から冬にかけましては、10月頃から模型誌作例の製作が4作連続(「艦スペNo62」→「艦プラ2017」→「モデルアート17年2月号」→「艦スペNo63」)しました関係で、秋以降、ほとんど製作記事を載せることができなかったのですが、そうしている間にもいよいよ一年間の製作品の総括をする時が参りました。

例によって、ただの完成品の羅列となりまして工夫がありませんが、例年どおり、今年の製作品を時系列で振り返ります。

>>>艦船模型およびAFV模型の製作ご依頼品(模型誌作例含む)

16123101.jpg
フジミ1/700戦艦『武蔵』

16123102.jpg
フジミ1/700戦艦『長門』

16123103.jpg
フジミ1/700航空母艦『大鳳』

16123104.jpg
フジミ1/350航空母艦『飛龍』

16123105.jpg
ハセガワ1/350戦艦『陸奥』

16123106.jpg
ピットロード1/700航空母艦『ステニス』

16123107.jpg
ハセガワ1/700航空母艦『瑞鳳』
 【艦船模型スペシャルNo60掲載作例】

16123108.jpg
ピットロード1/700航空母艦『千代田』
 【艦船模型スペシャルNo60掲載作例】

16123114.jpg
1/700軍港ジオラマ『71号艦進水!
』【月刊モデルアート2016年6月号掲載作例】

16123109.jpg
マイクロエース1/700カーフェリー『さんふらわあ8』

16123110.jpg
アリイ1/700カーフェリー『さんふらわあ11』

16123111.jpg
モノクローム1/350駆逐艦『秋月』

16123112.jpg
フジミ1/700航空母艦『鳳翔』

16123113.jpg
フジミ1/700航空母艦『加賀』
 【艦船模型スペシャルNo61掲載作例】

16123115.jpg
ハセガワ1/700戦艦『三笠』
【月刊モデルアート2016年11月号掲載作例】

16123116.jpg
タミヤ1/700航空母艦『サラトガ』【月刊モデルアート2016年11月号掲載作例】

16123117.jpg
タミヤ1/350戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』

16123118.jpg
ピットロード1/700駆逐艦『時雨』

16123119.jpg
DAMEYA1/2000航空母艦『鳳翔』

16123120.jpg
DAMEYA1/2000重巡洋艦『古鷹』

16123121.jpg
DAMEYA1/2000軽巡洋艦『木曽』

16123122.jpg
DAMEYA1/2000陸軍潜水艇『まるゆ』(と艦載機)

16123124.jpg
DAMEYA1/2000駆逐艦『浦波』&『島風』

16123126.jpg
DAMEYA1/2000『陽炎型駆逐艦』×2隻

16123128.jpg
DAMEYA1/2000『特Ⅱ型(通称:綾波型)駆逐艦』×2隻

16123130.jpg
DAMEYA1/2000『特Ⅰ型(通称:吹雪型)駆逐艦』×2隻

16123131.jpg
アオシマ1/700潜水艦『伊400』

16123132.jpg
アオシマ1/700重雷装巡洋艦『大井』 
【艦船模型スペシャルNo62掲載作例】

16123133.jpg
フジミ1/700重巡洋艦『高雄』

16123134.jpg
アオシマ1/700航空母艦『ワスプ』
 【艦船プラモカタログ2017掲載作例】

16123135.jpg
ピットロード1/700海上自衛隊護衛艦『DDH-183 いずも』
【月刊モデルアート2017年2月号掲載作例】

16123138.jpg
フジミ1/72『10式戦車試作3号車(ドーザー付)』

16123137.jpg
アオシマ1/72『機動戦闘車(プロトタイプ)』

現状にて発表できるものは以上ですが、実は未発表の作品に1/350大型艦が1隻と、同じく1/350の小型艦が2隻あります。

これらは来年の春頃までにご紹介しますので、ぜひご覧くださいませ。(未発表作品の数を含めた合計数は全41点)

なお、模型誌への掲載は、今年は新規作例が合計10点(プラス原稿のみの書き下ろしが8点)となり、模型誌ライターを始めて以来、最多となる18の記事作成に携わらせていただきました。 

そして多くの方のご協力をいただいて、今年は初めての『HIGH-GEARed個展 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-959.html 』を開催させていただくなど、公私共にたいへん実りのある一年とさせていただくことができました。(お世話になりました皆様には、改めてお礼申し上げます)

来年も引き続き、(多くの皆様のご助力に支えられていることを忘れず)完成度最優先でよりよい作品をお届けできますよう、努力を続けてまいりたいと思います。


以下、プライベートで製作した作品群です。

>>>プライベートの製作品

16120511.jpg
ピットロード1/350海防艦『鵜来型』

16123139.jpg
プロバンスムラージュ1/43『フェラーリ 550マラネロ Pro-drive』

16123140.jpg
フジミ改造1/24『トヨタMR2 AW11全日本ジムカーナ1988』

16123141.jpg
ファインモールド1/72『150t超重戦車オイ』

16123142.jpg
スカイトレックス1/700シーボーンクルーズ『シーボーン・プライド』

16123143.jpg

フルスクラッチ1/700港湾ジオラマ『神戸港中突堤旅客ターミナル』

16123144.jpg
アカデミー1/700ホワイトスターライン『タイタニック』

16123145.jpg
フジミ1/700大阪商船『あるぜんちな丸』

16123146.jpg
ピットロード1/700大阪商船『報国丸』

以上9点、(製作ご依頼品との合計数50点)となります。

プライベートの製作品は、そのほとんどがコンペや展示会に向けて製作したもので、(なかなか余裕のない一年ではありましたが)気晴らしの模型製作を楽しむこともできて、充実した年となりました。

特に、以前から進めたいと思っていた客船模型のコレクションは一気に充実しましたので、来年も引き続き、プライベート製作は客船模型と港湾ジオラマ・・・・・・そしてたまにカーモデルという具合に楽しんでいきたいとおもいます。

今年はWebや展示会を通じて、多くの模型ファンの皆様とのご交流をいただき、非常に充実した一年を過ごさせていただきました。

来るべき新年が、皆様にとりましてよりよい年になりますようにと願いつつ、ご挨拶とさせていただきます。

平成29年(2017年)も、当ブログを引き続き、よろしくお願い申し上げます。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(今年も一年間、たいへんお世話になりました)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版 月刊『MODEL Art』2017年2月号に1/700護衛艦『DDH-183 いずも』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

昨年はお世話になりました。

プロとはいえ、渡辺さんのスピードには驚かされるばかりです。単純計算でも毎週1隻近い訳ですものね。どうやったらそのペースで作れるのか気になります(笑)
私は去年より模型に時間を割くことができましたが、フジミ1/700翔鶴しか完成できず…(笑)その分出来は自分としては中々のものとなりました(笑)
1/350長門は艦橋、主砲塔、煙突、後部艦橋まで完成させましたが、まだまだ先は遠そうです(笑)

今年は部屋を変えて、模型製作環境を整えて、作業効率を高めたいと思っています。
机が小さい上に椅子が合わないので、ほとんど机無しで作業しているような有様です^^;

今年もよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

>>>塚原さん
新年初コメントありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
昨年の製作数でいえば比較的大物が増えた関係で、1/350の陸奥や飛龍、プリンス・オブ・ウェールズが通常なら一カ月半程度欲しい製作規模であることを思えば、自分でもよくやったなと思います。(未完成のため掲載されていませんが、1/200ビスマルクも一カ月ほどかけで進めましたし、今年用の艦スペ作例も一カ月半レベルの手間がかかっています) しかしこれでも、当初の予定よりは遅延が生じてお客様にお待ちいただいているという事実がありますので、これを重く受け止めて、更なるスピードアップと完成度の両立を目指していきたいと思います。
フジミ1/700翔鶴の製作お疲れさまでした。 私もあのキットは何度も組んでいますが、フジミの翔鶴型はかなり手がかかるのできっと苦労されたことと思います。 その反面、ハセガワの長門が組みやすいですが、工数が多いので長期戦になりそうですね。 今年もまた展示会などでご交流いただけることを楽しみにしております。 今年も当ブログは模型ネタ満載でお届けして参りますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR