FC2ブログ

1/350戦艦『大和』製作記 その15

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、タミヤの1/350戦艦『大和』を製作中です。

今回は、後部マストの製作の様子をご紹介します。

20011601.jpg
後部マストにはキットのパーツは使用せず、ポントスモデルの真鍮挽物パーツに丸ごと置き換えました。この真鍮マストは、個人的には(機銃身と同様に)ポントスモデルのパーツ群の中では最もディテールアップ効果が高いと考えているパーツで、挽物ならではの真円度と実感的なテーパー、更にはメタルリギング展張に耐える強靭さを併せ持った素晴らしい構造物に仕上がります。

20011602.jpg
組み立ては、(上部から先に集合させる組立図の順序とは少し変えて)基部から三脚にかけての部分を先に行いました。集合部のレジンパーツは取り付け穴の深さが(真鍮パーツ側)のダボに比べて浅いので、1.2mmのドリルで掘り込み、三脚の基部も取り付け穴の差し込み角に合わせて曲げておきました。

20011603.jpg
三脚部を組み終えたら、次はメインマストを立て、ヤードを個別に組み立てます。写真右側の左下に写っているV字型の部分は、メインマストとヤードを繋ぐ支柱で、基部に開けられた穴にエッチングのガイドを差し込んで強度を保つ仕組みになっています。このガイドは二つ折りにして厚みを稼ぐ設計になっているのですが、このパーツを折り曲げる際にズレが生じると、挽物の支柱がうまくはまってくれないので、慎重に作業しました。

20011604.jpg
メインマストにヤードを接着すれば、大和型戦艦らしい傾斜マストの基本形が出来上がります。プラパーツと比較して細く、真円度の高い真鍮マストならでは精度が実現できました。

20011610.jpg
マストとヤードの角度が決まったら、次は赤丸で示した支柱×4本の取り付けです。この支柱は、(必要な寸法より)少し長めに作られていたので、現物合わせで両サイドから均等に幅詰めを行いました。

20011605.jpg
エッチングは、マスト本体と同様にポントスモデルのパーツを使用していますが、13号電探のみは使い勝手が悪かったので、タミヤの純正エッチングに入れ替えました。

20011606.jpg
エッチングは中央部の探照灯台のほか、13号電探の取り付けブラケットに加えて、舵柄信号標や軍艦旗の掲揚ヤードなどを繊細に再現してくれます。

20011607.jpg
主要部の組み上がった後部マスト。13号電探は、そのまま取り付けると角度が前傾してしまうので、垂直になるように調整しました。また、「マスト本体が左右対称になっているか?」「上部と下部が直線的に繋がっているか?」を確認するため、組み立て中はあらゆる角度からバランスを確認しつつ、正確な仕上げを目指しました。

20011608.jpg
さいごにラッタルを取り付けて、後部マストは無事完成となりました。真鍮マストの組み立ては手間と慎重さを要求されますが、大和型戦艦ならではの構造美が繊細に表現された様子を見ると、製作の苦労は吹き飛びます。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年2月号』に、愛用ツール紹介&猪股編集長との対談記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350航空巡洋艦『最上』作例記事掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700作例記事掲載予定。1月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年1月15日更新  1/48 『P-38ライトニング』完成品入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●次回、模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2020』
┣ 日時:2020年3月14日(12:00~20:00)
┃         3月15日(10:00~16:30)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ:奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

●次回、同人即売会参加のお知らせ
┣ 『関西コミティア57』
┣ 日時:2020年1月19日(11:00~15:30)
┣ 開催場所:インテックス大阪2号館 
┣ 交通:地下鉄・『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 一般参加費:『ティアズマガジンかんさい』(即売会場入り口にて販売 予価¥1,000)1冊購入にて入場可
┣ 参加スペースNo.【I-15】『極星堂 https://www.aksd.net/
┗ 備考:極星堂出版誌と共に、モデルファクトリーハイギヤード オリジナル飛行機キーホルダーを頒布予定

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

大変参考になりました!

大和のマストはディティールアップには欠かせませんね。
ご存知の通り1/200ニチモを作るに当ってどうしようかと悩んでいましたが、今回の記事で方向が見えたように思います。ありがとうございました。
ちなみに、メインマストとヤードはどのように接着しておられるんですか?位置決めの穴などが有るのでしょうか?
自作となると半田付けしかないでしょうね?

Re: 大変参考になりました!

>>>シロプリさん
こんばんは、メールの返信が遅くなりまして申し訳ございませんでした(^_^;) おっしゃるように、傾斜マストは大和型戦艦の見せ場でもありますね。ニチモのキットは現在の考証とは構成が異なっていたはずですので、記事や写真が参考になりましたら幸いです。
ちなみに接着部は、あらかじめ軽くドリルで凹ませた部分にゼリー状の瞬間接着剤で仮止めし、あとから液状瞬間接着剤を流し込んで補強しています。挽物パーツや真鍮線は、脱脂後に600番程度のペーパーで足付けしておくと接着強度も高まりますので、オススメです。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR