FC2ブログ

1/700海上自衛隊護衛艦『DDH-183 いずも』(フルハルモデル)完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700海上自衛隊護衛艦『DDH-183 いずも』が完成しました。

本日は、完成画像をご紹介します。

bsinkaisama212.jpg
1/700海上自衛隊護衛艦『DDH-183 いずも』、右舷前方からの全景。1/700の『いずも』は、ハセガワとピットロードから発売されていますが、今回ベースキットに使用したのは、ハセガワの限定商品『海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 いずも フルハルスペシャル』です。

bsinkaisama213.jpg
1/700海上自衛隊護衛艦『DDH-183 いずも』、艦首右舷側のクローズアップ。キットには専用の船底パーツと吃水標デカールに加えて、純正エッチングパーツも含まれているため、今回はそれらをメインに使用してディテールアップを行いました。

bsinkaisama214.jpg
右舷の艦橋部付近。塗装は黒立ち上げののち、GSIクレオスMr.カラーの専用色を使用し、外舷部は『灰色2704』、飛行甲板は『滑り止め塗装部色』、それ以外の平面部を『暗灰色2705』にて塗り分けました。

bsinkaisama215.jpg
ハセガワキットの船底パーツは、(限定商品ということもあるのか?)内部の補強などはなくパーツの合いも良くなかったので、合わせ目の処理には少々苦労しました。この角度では見えづらいですが、艦首のバウソナー周りはパーツ分割も多いので丁寧な擦り合わせと下地処理が欠かせません。

bsinkaisama216.jpg
ハセガワ1/700『海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 いずも フルハルスペシャル』、左舷からの全体像。艦載機は、キットに付属の『SH-60K シーホーク』×2機、『MCH-101』×2機、『MV-22 オスプレイ』×2機の計6機を製作し、『艦上牽引車』や『P-25J 艦載救難作業車』、『ヘリコプター牽引装置(電動ハンドラー)』を、お客さまからご希望いただいた位置に接着固定しました。

bsinkaisama217.jpg
ヘリコプターの塗り分けはキット説明書の塗装図の指示に従い、メインローターは純正エッチングパーツに切り替えました。飛行甲板上の表示類はデカールによるものですが、余白をなるべく切り取ってシルバリングを防ぐ処置を施し、クレオスのUVカットクリアーで保護しました。

bsinkaisama218.jpg
艦橋や右舷側に集中装備されているホイップアンテナは、全て0.3mm径の真鍮線に切り替え、旗竿も真鍮線で自作しました。また、対空兵装にもディテールアップを行い、艦首と艦尾、艦橋前方に装備されているCIWSとSeaRAMは、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しています。

bsinkaisama219.jpg
左舷後方からの全景。余談ですが、護衛艦の船底形状は機密事項であるため、メーカーによって解釈にけっこう違いがあります。
たとえば、ピットロードキットでは、スクリューシャフトの向きが首尾線上に対して、ほぼ並行であるのに対し、ハセガワキットでは扇状に広がるレイアウトで配置されているほか、左右の長さも少し異なります。また、バウソナーの形状も、ピットロードキットが前方に大きく突き出す構造であるのに対し、ハセガワキットでは控え目な表現になっています。

bsinkaisama220.jpg
キットには、ここに搭載している艦載機と車両のほかに、『艦上自走式クレーン』、『高所作業車』、『フォークリフト』、『艦上清掃車両』、『3.5tトラック』、『73式特大型セミトレーラー+PAC3』などの付属品が多数含まれているため、それらは接着せずにバラでお届けいたしました。

bsinkaisama221.jpg
ディスプレイ関連では、お客さまのご要望により、(キット付属の)白木の台座から、特注品のウォールナット台座&アドラーズネスト製飾り脚に切り替え、タミヤの『ディスプレイケースM』の底板に取り付けました。台座側面に取り付けられた銘板は、限定キットに付属しているアルミプレートで、真鍮製の飾り脚の効果も相まって、高級感のある仕上がりとなりました。

次回の製作ご依頼品は、メリットインターナショナルの1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル』ですが、それと前後して、幾つか別の模型ネタをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2020年3月号』に、1/700戦艦『シャルンホルスト』作例記事掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年2月18日更新 1/700艦船模型用3Dプリントフィギュア入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●次回、模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2020』
┣ 日時:2020年3月14日(12:00~20:00)
┃         3月15日(10:00~16:30)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ:奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR