FC2ブログ

1/350航空母艦『アークロイヤル91』製作 その5

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、メリットインターナショナルの1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』を製作中です。

今回が、艦載機製作の最終回になります。

20030901.jpg
写真左から、艦上爆撃機『ブラックバーン スクア』、艦上爆撃機『フェアリーソード フィッシュ』、艦上攻撃機『フェアリー ソードフィッシュ』の順です。今回は、風防を全てエッチングに切り替えたことも手伝って、もともと個性的なイギリス艦載機の特徴が、更に際立ちました。

20030902.jpg
本塗装を行う前に、まずは黒サーフェイサーで隠蔽し、この時点で確認できたアラは全て修正しました。胴体左右の合わせ目や、風防の取り付け部などはアラが出やすい部分ですので、特に注意して仕上げています。

20030903.jpg
プロペラシャフトは真鍮線で自作し、『スクア』と『ソードフィッシュ』のスピナーは、瞬間接着剤を盛りつけて自作しました。(フルマーは、キットパーツからプロペラブレードを切り取って使用) なお、日本機とは異なり、英国機はプロペラの回転方向が機種によって異なりますので、ブレードを捩じる向きには注意が必要になります。

機体色のメインはGSIクレオスのMr.カラーによるもので、機体下面は368『スカイBS381C/210』、上面は331『ダークシーグレー BS381C/63361』と『ダークグリーン BS641』の2色です。『スクア』と『ソードフィッシュ』は、胴体側面のスカイ色が目立つので、発色が沈んでしまわないように留意しました。

20030904.jpg
塗装とマーキング、空中線の取り付けが完了した、1/350艦上戦闘機『フェアリー フルマー』。戦闘機としては珍しい複座式を採用したことから、シャープな機首と間延びした胴体が特徴的な機体です。日本海軍の航空隊とは、セイロン沖海戦において渡り合うことになりましたが、日本側はこの機種を『スピットファイア』と誤認していたそうです。

20030905.jpg
続いて、1/350艦上爆撃機『ブラックバーン スクア』。『スキュア』とも呼ばれる機体で、急降下爆撃機でありながら、戦闘機としての空中線能力も求められた結果、どちらの性能も中途半端なものとなりました。風防の前端部が、ほぼ垂直に近いくらいに切り立っていることと、尾翼が互い違いに配置されていることが特徴です。

20030906.jpg
こちらは1/350艦上攻撃機『フェアリー ソードフィッシュ』。鋼管羽布張りの複葉構造に、解放式のコクピットというローテク機ですが、イタリア戦艦や、ドイツ戦艦『ビスマルク https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-24.html 』で大きな戦果を挙げました。ローテク故の信頼性の高さに加え、飛行速度の極端な遅さが対空砲火の狙いを狂わせたとも言われています。

20030907.jpg
これで、1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』に搭載予定の全艦載機が完成しました。今回は個性的な機種が多いこともあって、飛行甲板上の装いも賑やかになりそうです。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事掲載予定。2月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年2月26日更新 ミニチュア飛行機キーホルダー29種、新入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

すげえ!!

くぉぉぉ…。1/350でこのクオリティですか!しかも複葉機で!
手抜きの全くない仕上がりに脱帽です!
あ…誉め言葉にもなりませんねw。
引き続き頑張って下さい!

ありがとうございます。

>>>釣り人知らずさん
ご覧いただきありがとうございます。飛行機モデラーの釣り人知らずさんにそう仰っていただいて光栄です。
空母作品の艦載機は数を多く作らないといけないので、一機一機のクオリティが揃っていないといけない点も
難しいところなのですが、ブレのない仕上がりが実現できたときの満足感は格別です(笑)
これからも艦載艇や対空兵装など、こまごまとした装備品の製作を進めて参りますので、是非ご覧くださいませ。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR