FC2ブログ

1/350航空母艦『アークロイヤル91』完成 その1(右舷側)

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、メリットインターナショナルの1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』が完成しました。

本日は完成写真の第一弾として、右舷側のディテールの様子をご紹介します。

bnakaisama719hd.jpg
1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』、右舷艦首側からの全景。『アークロイヤル』は、イギリス海軍では伝統ある艦名とあって同名の艦が多数存在することから、第二次世界大戦時の同艦には、『91』の番号を付けて分類されます。

bnakaisama720hd.jpg
1/350イギリス海軍航空母艦『アークロイヤル91』、右舷艦尾側からの全景。飛行甲板後端部は艦尾より大きくせり出しており、これがこの空母の外観上の大きな特徴を形づくっています。

bnakaisama721hd.jpg
艦首右舷側のクローズアップ。ディテールアップに使用したのは、テトラモデルのスーパーディテールアップセットで、この画像では見えなくなっている艦首錨甲板と艦尾の係留作業甲板の内部なども精密に作り込むことが出来ました。

bnakaisama722hd.jpg
艦橋周りもフロアや操舵室、ブルワークなどをそっくりそのままエッチングに切り替えることで、壁面の薄さや平滑感が高まりました。また、テトラモデルのパーツは、(キットの1939年の設定から)1941年のビスマルク追撃戦時にコンバージョンする仕様にもなっており、増設見張所やブルワークなどの装備品が充実したもとのなりました。

bnakaisama723hd.jpg
船体の塗色は、艦船模型スペシャルNo67掲載のアオシマ1/700『アークロイヤル91 https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1399.html 』にならい、Mr.カラーの325「グレーFS26440」を外舷色に、331「ダークシーグレー BS381C/638」を水平面に使用しました。なお、外舷色が明るいため、発色が軽くならないように、下地は全て黒立ち上げとしています。

bnakaisama724hd.jpg
艦載機は、先頭から『フェアリー フルマー』、『ブラックバーン スクア』、『フェアリー ソードフィッシュ』の順です。日本艦やアメリカ艦とは少々かけ離れた珍しい機体が魅力です。

bnakaisama725hd.jpg
これらの艦載機群も、全てテトラモデルの専用エッチングパーツでディテールアップを行いました。

次回は、左舷側のディテールの詳細をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo75』に、連載記事『第二回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350作例記事掲載予定。5月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年3月25日更新 艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR