FC2ブログ

1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』製作記 その17

本来でしたら、本日は静岡ホビーショーからの帰宅直後で疲労困憊のハズですが、今年は残念ながら開催中止となったため、完全に平常と同一コンディションでの週開けとなりました。

来年の今頃がどういう状況になっているか? については、まだ想像がつきませんが、また以前のように、会場で模型ファンの皆さまとのご交流を楽しめる環境が整っていればと――、切に願っております。

それまでは(もちろんその後も)、お互いに体調管理にはくれぐれも気を付けて参りましょう。


さて、艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』を製作中です。

20051801.jpg
今回も前回に引き続き、後部艦橋の製作の続きをご紹介します。前回、下地状態で組み上がった三脚マストは、外舷色と白のツートンに塗り分けました。

20051802.jpg
かなりコントラストが効いた塗り分けだけに、少しでも色の吹込みが起こると目立ってしまうため、マスキングにはかなり気を使いました。塗装順は、まず艦橋トップの白を先に吹き、支柱やフロア--、羅針艦橋全体をマスキングしてから外舷色を重ねています。

20051803.jpg
なお、手すりやラッタルなどの表現には、当初、エデュアルドのパーツを使用する予定でした。

20051804.jpg
必要箇所に応じた塗り分けが完了した、エデュアルドのエッチングパーツ。ですがこのパーツ、(羅針艦橋下部と同様に)メーカー側のミスが多く、赤丸で示した部分しか使用することが出来ませんでした。ラッタルは全て、幅が広すぎて取り付け部分に入らず、手すりは場所によっては2コマ分も長く、(フロアの断面部を兼ねている関係から)切り詰めて調整することもできないことから、使用を断念せざるを得ない状況となりました。

20051805.jpg
KAモデルのパーツを使用する方法もあったのですが、ホワイトエンサインのパーツの方が、トランぺッターの純正エッチングとのマッチングが良さそうでしたので、今回はこちらで補填しました。

20051806.jpg
エデュアルドのエッチングから差し替えたパーツの全景。手すりはホワイトエンサイン、ラッタルはKAモデル、そしてフロアの断面部分はトランぺッターの純正パーツという組み合わせになり、後部艦橋のディテールアップには合計4社のエッチングが混在することになりました。

20051807.jpg
エッチングを対空機銃の取り付けを完了した後部マストの全景。艦橋トップも白塗装も含め、下地を黒から立ち上げた甲斐があって、硬質かつ重みのある発色を実現できました。(探照灯スポンソンの手すりは、お客さまからお持ち込みいただいた資料に合わせて白塗装としております)

20051808.jpg
中央部分のクローズアップ。ラッタルとフロア断面部のディテールが、工業的な美しさを楽しませてくれます。

20051809.jpg
少し見上げアングルで見ると、フロア下面のディテールも際立ちます。指数板はエデュアルドのエッチングによるもので、(今回はパーツの不備が多かったものの)この点においては同社のパーツが完成度をおおいに引き立たせてくれました。

20051810.jpg
後部艦橋単体で見ると、まるで特撮用のプロップか? ロケセットのような佇まいです。展望台のような武骨な艦橋構造物は、戦間期の米軍戦艦の魅力のひとつといえるでしょう。

次回からは、前部艦橋の製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350『二等輸送艦 揚陸ジオラマ』掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事『第三回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700作例記事掲載予定。7月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年4月15日更新。取引例とメディア掲載作例に19作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月17日更新 艦船模型用マスキングシート、再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしいですね!
製作記事は、私もたどった道ですので、とても懐かしく、「そうそう、そうやったな~!」と思い出しながら拝見しています。
記事にも書かれています様にエッチングパーツは本当に悩みますよね。私の場合はKAモデルだけだったのでかなり悩みました。でもHIGH-GEARedさんの仕事は、さすがに丁寧で、そして正確な組み立ては完璧ですね。
完成が、とても楽しみです。
私も、「大和」頑張ってますよ~!

Re: No title

>>>シロプリさん
ご覧いただきありがとうございます! 仰るようにシロプリさんもかなり製作には苦労されていたご様子でしたので、私としてもかなりの覚悟を持って製作に臨んだのですが、想像以上でした(笑) KAモデルもそうですが、エデュアルドのパーツもかなり欠陥が多く、残念ながらどのメーカーも「ビスマルク」と比較して「アリゾナ」への情熱は薄いんじゃないかな~? という気がしてなりません(苦笑)
とはいえ、水面下では船体もかなり進行しておりますので、順調にいけば今月中にも完成した姿が見られそうです。シロプリさんの「大和」も、フジミのパーツを上手く利用することで省力化&精密化を両立していて流石ですね! ブログで公開されている1/200戦艦「大和」の中では初コンセプトの作品となりそうですので、完成を楽しみにしております。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR